【仕事力アップ!】ビジネスと仕事に役立つ洞察力を鍛える方法

  情報が発達している現在では洞察力はビジネス上で最も重要な生きる力になってきました。洞察力のある人は企業にいろんな可能性をもたらすことができるので、どの企業にとっても求める優秀な人材だと言えます。それでは、「洞察力」とは何か、または、どのように「洞察力」を伸ばせますかという問題について、本記事ではビジネス上での「洞察力」を鍛える方法を紹介します。

 

 

 

目次:

1、洞察力とは

2、洞察力の役割

3、洞察力を求める職種

4、洞察力を向上させる方法

5、まとめ

 

 

1、洞察力とは

 洞察力とは、表面的な情報から物事の本質を見抜く力です。洞察力には、「観察力」「分析力」「想像力」という三つの能力が必要です。一般的に、物事の表面から本質まで洞察をするのは、観察力が必要で様々な情報や現象に基づいて、個人の知識や教養力から得た情報を分析し、「想像力」で表面から見えない部分を推察するというプロセスがあります。

 

2、ビジネスにおける洞察力の役割:

 

  • 問題を発見し解決する能力

 人は基本的に同じ情報源から情報を得ていますが、洞察力のある人はそれらの情報からある物事の方向性や発生しやすいリスクを見出すことができます。このような新たな発見があれば、事業を円滑に進めだり、問題を解決したりをすることができます。

  • コミュニケーション能力

 コミュニケーションの本質というのは情報の伝達です。適正に知りたい情報を伝えることが大切です。洞察力のある人は、良い観察力も持っています。たとえば、周囲の人の様子を見ることで、何かやりたいのか、何に困っているのかなどの人が求めていることにすぐに気づくことができます。相手の意図とお気持ちを汲み取りながら、コミュニケーションをしながら、人間関係を作ることができます。

 

 洞察力はビジネスの企画立案やマーケティング戦略に大いに役割を果たせるだけでなく、特定の職種にとっても不可欠な能力だと言えます。

 

3、洞察力を求める職種

  • マーケティング:

 マーケティングという仕事は市場の需要やそのニーズに対して、商品やサービスを作成し、その情報を顧客に届け、そして顧客が「購入する」までの全般の活動です。そこで、「洞察力」による新しいニーズの発見と円滑なコミュニケーションを維持する能力が重要です。マーケティングをする際に重要なのは「誰に」「どのような価値を」「どのように提供するのか」を明らかにすることです。この三つのことを正確に把握し、潜在的な顧客に対して、より良いマーケティング戦略を立てることができます。

 

  • コンサルタント:

 経営コンサルタント、ITコンサルタントなどの職業にとって、それぞれの情報から顧客の業界の動向や市場動向などのあらゆる情報を短時間に把握するのか基本的な能力だと言えます。それで、情報収集と情報の洞察力はコンサルタントにとって欠かせない能力です。または、情報から問題と解決策を顧客に正しく伝えることが求められています。

 

  • リサーチ(調査)会社:

 多くの企業のマーケティングや戦略制定に推進するために調査会社に市場調査を委託します。一般的にリサーチ会社の業務は主に詳細な情報の収集から企業戦略の構築までに多岐に渡ります。その業界での調査員にとって、それぞれの情報から課題を発見する能力と、論理的思考を通じて結論を引き出す能力が必要です。

 

  • そのほか

 

4、洞察力を向上させる方法

 

①出来るだけ多くの情報を入手

 情報量は洞察力は直接な関係を持っているとは言えないが、多くの情報を持てば、物事を推測し分析する際に、多くの情報を洞察することができます。特にビッグデータの時代において、データを通じて、普段は見えない情報を知ることができます。または、技術の発展に伴い、データを収集することが容易になり、誰でも簡単にデータを収集することができます。たとえば、Octoparseというスクレイピングツールはコーディングをする必要はなく、簡単にWeb上のデータを自動的に抽出し収集することができます。そして、抽出されたデータを分析推測し、データ以外の情報を洞察することができます。これは、ビジネスに重要な役割を果たしています。

 例えば、AmazonのEC事業主はどのようにしてWeb上のデータから売りやすい商品を見つけることができるだろうか。ここでは、その方法を一つの例として取り上げましょう。このEC事業主は自分が売りたい商品を想定し、Amazonでスクレイピングツールでこの商品に関するデータをすべて抽出します。抽出されたデータを見ると、AmazonであるA商品に関する商品は232件があり、その中で88のブランドが見つかり、55%の市場を占めています。それで、A商品はAmazonではまだ独占市場になってなくて、この市場に参入することができるということを予測できます。または、4つのブランドが20000件以上のレビューをもらいました。各ブランドのレビュー数は平均で約3000件もあります。従って、このEC事業主はA商品へのニーズが高くて、売りやすい商品だということが分かりました。

 

 この事例に興味があれば、この記事も合わせてご覧下さい。

 

【EC業者必見!】Amazonで売りやすい商品を見つける方法|徹底解説 | Octoparse

 

 

②情報の統合・処理する能力

 情報は洞察力を得る前提条件です。情報を入手すれば、情報への統合及び処理する能力も重要です。ここに、情報の扱い方について、三つのポイントにまとめてみました。

 

 

  • 先入観を捨て、批判的に思考する

 我々はある物事を認識する際に、様々な先入観、固定概念、経験などの影響を受けます。たとえば、高級レストランだから美味しいとは言えません。このような先入観を捨てて、より客観的に分析し、正確的に結論を出すことために、批判的な思考をしなければなりません。

  •  複数の視点から考える

 複数の視点から物事を考えれば、表面から見えないけど、その背後の物事を発見しやすいです。普通は一つ一つの視点から見ると、結論は様々があります。しかし、複数の視点であれば、それぞれの要因を合わせて、もっと深く広く物事を把握できます。たとえば、ビジネスの場合は、同じことに対して、消費者はどう思っているのか、スタッフはどのように考えているのか、このような異なる立場から考えていくと、この物事に対して、適切な判断や問題提起がしやすくなるのです。それで、問題を分析するあるいは解決する時に、より正確な結論や解決策を考え出すことができます。

  •  「なぜ」をよく考える

 洞察力を上げるには、普段からよく「なぜ」を考える習慣をしなければなりません。たとえば、何事があれば、そのことはどうしてあったのか、どうしてこうなったのか、なぜ必要なのかと考えなければなりません。人の場合も同じです。なぜあの人はこんなことを言うのか、こういうことをするのかをよく考えて、その人の心理と本音を探り出すことができます。このような習慣を身につけていれば、洞察力がどんどん養わていきます。または、「なぜ」を考える時に、仮説を立てて検証する発想法は効率的にある物事を明らかにできます。ただ、この場合は個人の経験、知識、情報量に依存し、質の低い仮説や間違いやすい仮説を立てる場合もよくあります。

 

5、まとめ

 洞察力は、優秀な人材が備えている能力です。特にビッグデータがますます重要になってきた今日では、データという数字から物事の本質を洞察し、物事の発展の方向を把握する能力は業務の推進や個人の成長にいろんな面で役立ちます。洞察力があれば、どんな業界にあっても、優秀な人材になれます。洞察力を向上させるには、情報収集能力と論理的に考える能力の向上が重要で、この二つの面を鍛えれば、洞察力はどんどん伸びることができます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

【IT就活】未経験者におすすめのIT職種7選!

第四次産業革命前夜!?時代に向けて私たちのスキルアップ推薦!

【効率倍アップ!】ビッグデータ活用シーンまとめ25選