【情報瞬時把握!】企業マーケティング戦略策定に役立つことは?

 

 

企業がビッグデータの維持と保存をなぜ始めたか疑問に思ったことはありませんか?フラッシュドライブの普及はただ21世紀初からのことですが、Statistaによると、インタネットと技術の進歩に伴い、ビッグデータ分析業界は2027年までに1,030億ドルに達すると予測されています。今日の社会では、ビッグデータの保存とアクセスに対するニーズが驚くべき速度で増加しています。この状況において、ビッグデータを活用する際に、スクレイピング技術が重要な役割を果たしています。たとえば、企業はWebスクレイピング技術を使うと、価格の規制、消費者満足度指数の測定、またはインテリジェンスの評価など様々な分野で役に立ちます。以下では、クラウドベースのwebスクレイピングの活用について説明します。

 

 目次

1.Webスクレイピングとは何ですか?

2.Webスクレイピングにおけるデータ活用について

       ①競合他社へのモニタリング:

       ②見込み客の獲得

       ③価格の最適化

       ④製品の最適化

 

1.Webクレイピングとは何ですか?

簡単に言えば、WebスクレイピングはWebデータ抽出とも呼ばれます。Webから生データを自動的に抽出することです。そして、Webスクレイピング技術で抽出されたデータを分析することによって、企業や金融などの意思決定を助けます。

 

2.Webスクレイピングにおけるデータ活用について

 

①競合他社へのモニタリング:

過去10年間で、オンラインショッピングは飛躍的な成長をもたらした。人々がデジタルサービスへの受け入れ、または、オンラインでのショッピングが、さらに発展し続ける傾向があります。 eコマースの発展に伴い、顧客にとって、オンラインでショッピングをする手順はますます簡単になってきましたが、eコマースの業界内の競争が激しくなってきました。特にeコマースの新参者として、業界内での発展余地とEC事業を成功させるチャンスがほとんどないと考えられます。

このような厳しい状況において、どうすればいいでしょうか。ここで、Webスクレイピング技術が役に立てるかもしれません。ビジネスの競争に対しては、競合他社に比べ、より多くの情報を入手すれば、競合他社よりもっと有利な立場に立てます。または、競合他社の仕組みや商品のマーケティング戦略などの情報を詳しく調べたら、自社の仕組みやマーケティング戦略の改善にとって有利なことです。この場合はWebスクレイピングの出番です。Web上の競合他社に関するデータを抽出し分析することによって、自分の商品とサービスの改善に役に立てます。

 

 ②見込み客の獲得

見込み客の開拓は簡単なことではありません。お金を使ってリストを買う企業が少なくないですが、それは決して最善な対策ではありません。なぜというと、リストでの顧客は最適な見込み客ではありません。その場合は、スクレイピング技術が役に立てます。具体的にいうと、Webスクレイピング技術を使って、メールから見込み客を探すことができます。ただし、メールを検索する方法は比較的コストが高いかもしれません。

 

質高い見込み客を獲得することは、相対的に実用性と低コストのオプションではありませんが、Webスクレイピングを利用すれば、インターネット上の何百万ものWebサイトから見込み客の連絡先情報を短期間で無料で入手することができます。これはWebスクレイピングが見込み客を開拓する際に役に立てるところだと思います。

 

「私たちは連絡先情報を収集しました…各番号を手動でコピーして貼り付け、電話をかけます。これで、このデータがExcelスプレッドシートで取得されました。そして、各メンバーに配布し、定期的に電話をかける予定です。」

 

③価格の最適化

価格の設定に困っている場合は、Web スクレイピング技術をお勧めです。価格最適化の一番難しいことは、顧客と利益の間にバランスをとることです。顧客を維持すると同時に、利益を増やすことも重要です。

どのように顧客を維持すると同時に、企業の利益を最大化にするのか、ここで二つの例があります。一つ目は、商品の口コミとブランドへの管理ということです。顧客が商品の価値を認めたら、製品やサービスに高い価格で購入することがよくあります。もう一つ目はサービスの強化ということです。小売企業に関しては、競合他社が不足している地域でサービスを強化する必要があります。そのような場合も、Webスクレイピング技術も役に立てます。

ストーリーを読む:Webスクレイピングによる価格戦略・価格の決め方

 

④製品の最適化

最終的な購入決定をする前に、購入者がWeb上で製品レビューを検索することはよくあります。他人の評価は、購入者の購入決定に大きな影響を与えます。したがって、企業は顧客の要求を満たすためにWeb上で消費者の評価やレビューを収集し分析することによって、製品を最適化にするように努めます。

たとえば、会社が新製品を市場に投入しようとするする場合は、消費者のフィードバックを収集し、自分の商品とサービスを改善する必要があります。Web上で消費者のフィードバックを収集し分析する際に、ビックデータが欠けてはいけないのです。そして、Webスクレイピング技術を利用して、ビックデータを分析することによって、すぐに結論出すことが可能になります。

Webスクレイピングでビジネス上の多くのことを達成することができます。これは、ビッグデータの収集とビックデータの活用がもたらした優勢です。

ストーリーを読む:すぐ出来る!データ収集をTwitterから学ぼう

 

 

 

関連記事

 

ビッグデータ活用事例からビジネス価値を生む仕組みについて

【活用事例】Webスクレイピングでビジネスを成長させる方法30選

Webデータの収集と分析は、ビジネス成長にどのように役立ちますか?