【情報瞬時把握!】企業マーケティング戦略策定に役立つことは?

昨今、企業のマーケティング活動においてビッグデータの活用は欠かせません。

世界最大の統計市場調査プラットフォームの「Statista(スタティスタ)」の調査によると、インターネットとIT技術の進歩に伴い、ビッグデータ市場は2027年までに1,030億ドルに達すると予測されています。今やIT業界にかかわらず、あらゆる産業でビッグデータに基づいた戦略立案と施策実行がなされています。

とりわけビッグデータを活用する際に、重要な役割を果たしているのが「Webスクレイピング」です。例えば、企業はWebスクレイピングを使うことで、競合の価格調査、消費者満足度の測定、インテリジェンスの評価などあらゆるシーンで膨大なデータを自動的に入手できます。

そこで本記事では、企業マーケティング戦略策定に欠かせない、Webスクレイピングの活用方法について解説します。

 目次

1.Webスクレイピングとは何ですか?

2.Webスクレイピングにおけるデータ活用について

       ①競合他社へのモニタリング:

       ②見込み客の獲得

       ③価格の最適化

       ④製品の最適化

1.Webクレイピングとは何か

Webスクレイピングとは、特定のWebページから任意のデータを自動的に抽出するコンピュータ技術のことを指します。Webスクレイピングの仕組みは、「Webスクレイパー」というコンピュータープログラムが、インターネット上に存在するWebサイトやデータベースを探り、大量のデータの中から必要なデータのみを自動的に抽出します。

Webスクレイピングで抽出されたデータはExcelやcsvファイルなどにエクスポートできるため、それらのデータをグラフなどに加工することで、営業戦略や販売戦略といった企業経営の意思決定をサポートします。Webスクレイピングについて、詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

参考:Webスクレイピングとは?基本や仕組み、活用事例まで解説

2.Webスクレイピングにおけるデータ活用について

企業はWebスクレイピングを活用して大量のデータを入手することで、データドリブンな意思決定を行うことができます。具体的にどういったシーンで役立つのでしょうか。いくつかの例を見ていきましょう。

①競合他社へのモニタリング: 

過去10年間で、オンラインショッピングは飛躍的な成長を果たしました。人々はデジタルサービスを受け入れており、今後オンラインによるショッピング体験は、さらに発展し続けるでしょう。

ECサイト各社の成長に比例して、購買ユーザーも増え続けていますが、ECサイト内に出品する店舗間の競争もまた厳しさを増しています。特にECサイトに新規出店する場合、すでに数多くの販売実績・運営ノウハウを持つ先人プレイヤーに勝つには、相応の対策と覚悟が必要です。

このような厳しい状況において、新規プレイヤーは勝ち目がないのでしょうか。ここで、Webスクレイピング技術が役に立つ可能性があります。ビジネスの競争で優位に立つためには、情報の質と量が重要です。Webスクレイピングを活用し、競合他社よりも多くの情報を素早く入手すれば、競合よりも先んじた打ち手を講じることができるでしょう。

また、競合他社の商品データなどを分析することで、競合他社の強みやマーケティング戦略などを把握でき、自社のマーケティング戦略の改善に役立ちます。 

②見込み客の開(リードジェネレーション)

見込み客の開拓は簡単なことではありません。お金を使ってリストを買う企業も多いのですが、決して最善策とはいえません。なぜかというと、購入したリスト内の顧客は情報が古く、既に最適な見込み客とはいえなくなっているケースが多いためです。

顧客リストは新鮮な情報をリアルタイムに更新し続ける必要があります。その場合は、スクレイピング技術が役に立ちます。例えば、インターネット上のWebサイトから、最新の見込み客の連絡先情報を短期間かつ大量に入手できます。さらにWebスクレイピングに高額な費用は掛かりません。リストを購入するよりも、Webスクレイピングの方が見込み客開拓に役立つのは明白です。

③価格の最適化 

経営の神様といわれた稲盛和夫氏が「値決めは経営である」と述べたように、製品の価格設定は非常に重要な問題です。

価格最適化の一番難しいところは、顧客満足と利益のバランスです。販売数量が最大になると同時に、利幅を増やすことが重要です。

製品の価格最適化に悩んでいる場合は、Web スクレイピング技術を使うことで市場からヒントを得ることができます。例えば、Webスクレイピングで商品の口コミ情報を一括で取得できます。顧客が商品に満足していれば、競合他社より多少高くても購入するでしょう。また、Webスクレイピングを使った市場調査の結果をもとに、競合が少ない地域で販売をしたり、競合が扱っていない商品を展開したりすれば、寡占的に儲けが得られるでしょう。

ストーリーを読む:便利すぎ!Octoparseを使って商品データを自動収集してみる(Yahoo!ショッピング編)

④製品の最適化 

ユーザーが製品の購入を検討する際に、Web上で製品レビューを見るのはもはや当たり前の行動となりました。自社が製品をアピールするよりも、第三者の意見や感想の方が、購入者の意思決定に大きな影響を与えることがわかっています。

そのため、企業は顧客ニーズを満たすためにWeb上の口コミやレビューを収集・分析することで、製品の最適化に努めることは重要な戦略といえるでしょう。

例えば、新製品を市場に投入する場合は、消費者のフィードバックを収集し、既存製品とサービスの改善が求められます。その際にWebスクレイピング技術を利用すれば、消費者フィードバックデータを大量かつ自動的に収集できます。得られたビッグデータを分析することで、短期間で結論を出すことが可能です。

このように、Webスクレイピングを用いてビッグデータを収集すれば、様々なビジネスシーンで活用できます。

ストーリーを読む:【初心者向け】無料でTwitterからデータを抽出する方法3選!

企業マーケティング戦略にはOctoparse(オクトパス)がおすすめ 

今回紹介した通り、企業のマーケティング戦略立案および施策実行に向けて、Webスクレイピングは大きな味方になります。

しかし、WebスクレイピングはWebクローラーボットをプログラミングによって開発する必要があるため、プログラミングスキルを持たない非エンジニアにはハードルが高いものです。

そこでおすすめなのがWebスクレイピングツールのOctoparse(オクトパス)です。Octoparseはノーコードで扱うことができ、わずかなクリック操作だけで、誰でもかんたんにスクレイピングプロセスを実行できます。無料から使えるので、Webスクレイピングに興味のある方は早速使ってみてください!

関連記事

TikTokからコメントを自動的に収集して分析する方法

Yahoo!ロコの地域情報を自動収集する方法【テンプレートあり】

Indeed】求人情報を一括で自動的に取得する方法公開!