Googleショッピングから商品情報をスクレイピングする方法

新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピングの需要が高まるにより、4月21日、Googleは「Googleショッピング」への商品登録を無料化することと発表しました。まずはアメリカで4月末までに実施し、年内に世界に拡大する計画があります。

ネット販売を始めようと考えたとき、楽天市場への出店がまず頭に思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。この発表はネットショップ運営者にとってはいいチャンスだと思われます。無料リスティングを通じて、Googleショッピングを利用する数百万のユーザーに商品を見つけてもらえるようになります。

ただし、初心者の場合は、Webスクレイピングツールなどを使用して、競合他社がどのようにGoogleショッピングを通じて自社の製品をアピールおよびマーケティングするの学ぶことが不可欠です。

 

 

Googleショッピングを始める理由

Googleショッピングは、ユーザーがWeb上で商品を見つけて購入しやすくすることをサポートできます。登録した商品はGoogleショッピングのサイトに表示されるだけでなく、検索キーワードとの関連性が高い場合はGoogleの検索結果に表示されることもあります。ですから、Googleショッピングのコンバージョン率は非常に高い、Googleショッピングへの商品の掲載は、ECサイト・ネットショップ運営には不可欠とも言えます。

 

 

 


Googleショッピングの仕組み

Googleショッピングキャンペーンを最適化するには、まずその仕組みを理解する必要があります。新プログラムでは、商品を提供する事業者が無料でMerchant Centerを通じてリスト登録を行えます。無料リスティングを通じて、Googleショッピングを利用する数百万のユーザーに商品を見つけてもらえるチャンスが全てのマーチャントにもたらされ、Googleショッピング利用者はより多くのオンラインストアと商品を検索対象に目的の商品を探せるようになります。これまでGoogleショッピング広告を活用してきたマーチャントは、広告による有料キャンペーンを展開することで、無料リスティングに加えて商品をより戦略的にアピールできます。とはいえ、Googleショッピングで自社商品が上位に掲載されるには、次のことを行う必要があります。

1.競合他社より高い価格で入札

2.広告のクリック率(CTR)を改善する

ほとんどの初心者にとって、どのような広告を出稿するのか手がかりがありません。その場合、一番簡単な方法は、他の運営者、特に競合他社がGoogleショッピングで販売状況を監視することです。 

 

 

なぜWebスクレイピングが必要なのか?

「友を近くに置け、敵はもっと近くに置け」という言葉を聞いたことがありますか?実はGoogleショッピングには、マーケティングキャンペーンに役立つ貴重な情報がたくさんあり、もしこれらの情報を全部入手できれば武器に変えます。もちろん、市場には多くの価格・商品監視のツールがありますが、マーケティング戦略の効果が出る前に、こんな高いツールに投資すると、お金無駄使いになるかもしれません。ほとんどの監視ツールは、さまざまな成熟したオンラインビジネス向けに設計されています。

そのため、Webスクレイピングが機能します。Webサイトからすべてのデータを自動的に抽出し、Excelにインポートて分析できます。

 

 

Googleショッピングからデータをスクレイピングする方法

Webスクレイピングには、高度な技術スキルが必要です。幸いなことに、クリックするだけで誰でもWebデータを抽出できる視覚的なWebスクレイピングツールがあります。Octoparseは、初心者にとって一番使いやすいWebスクレイピングツールとして、業界で評判が高いです。誰でもデータ抽出のクローラーを設定し、ほとんどのWebサイトからデータを取得できます。

Octoparseを使ってGoogleショッピング製品情報を抽出するには、まずは取得先のURLを入力する必要があります。内蔵ブラウザでページが表示され、取得したいデータを自由に選択できます。新バージョンのv8.1は、Webページを読み取り、データを自動的に識別します。設定を保存したらすぐ実行でき、抽出したデータをExcelまたはCSVにダウンロードできます。

Googleショッピング

 

十分な情報が得られたら、先に進んで結果を分析できます。また、グラフを作成してデータを可視化できます。

 

 

競合他社から学べること

 

  • クリック率(CTR)を上げる

クリック率が高いか低いかで、CV率(コンバージョン率)やCPC(クリック単価)は大きく変わってきます。競争力のある価格設定により、常にクリック率が高くなるため、Googleショッピングで特定の検索商品に商品を表示する頻度が高くなります。そのため、競合他社の価格を把握しておくと、競争力を維持するのに役立ちます。また、広告の品質が高くなるほど、広告を表示するための最小入札価格は低くなり、クリック率(CTR)も上げられます。

 

  • 卵を以て石に投ず

Amazon、楽天市場ような主要なECサイトに注意を払います。特定の製品に多くの大手企業がいる場合は、入札単価を上げて自社商品を上回ろうとしないでください。代わりに、彼らが絶対に入札しない製品を選ぶことが重要です。

 

  • 画像を最適化する

商品画像は、商品のイメージを大きく左右する要素となりますので、十二分に意識しなければなりません。品質のいい画像は、より多くのユーザーにクリックしてもらうことができます。商品画像はもちろん撮影が必要になってくる領域ですが、画像加工の領域で、Photoshopなどで美しい仕上げをする必要があります。

 

  • 宣伝内容に注意を払う

クリック率の良し悪しは、商品の宣伝内容に大きく左右されます。「ユーザーのニーズに合うか」、「興味が惹かれる内容かどうか」などがCTRを向上するためのポイントとなり、より魅力的な内容は、購買意欲を高めることもできます。また、ユーザーの検索内容や意図との関連性の高いキーワードを使うのも大事です。

 

 

まとめ

Googleショッピングは簡単に始められますが、ECサイトやネットショップ運営者にとっては、より積極的に行動し、常に注意を払う必要もあります。Webスクレイピングは、手間をかけずに競合他社の情報を自動的に抽出できる、まだ活用されていない方は、この機会に活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連記事:

競合他社調査から引き出す価格と品揃え戦略

2020年オススメの価格調査ツール10選

Amazonから製品データ取得する3つの方法を公開!

ECサイトからデータを抽出する3つの課題