【Amazonから学ぶ】EC事業を成長させる価格競争方法徹底解説!

 AmazonはEC業界では価格競争分野での勝者です。当然ながら、勝者は必ずしも最低価格を持っているのではありません。顧客はAmazonで商品を購入する前に、他のサイトと価格を比較することはほとんどなくて、Amazonでの価格を「妥当な」価格であると思っています。どうしてAmazonは顧客に信用されているのでしょうか。その理由は、Amazonは一番有名なネットショップで、または価格追跡ができるので、商品の安く購入することができからです。

 

目次

1.Amazonの価格戦略

2.ECデータ活用における課題

 ①全てのデータ抽出が困難

 ②価格データの変更に追跡困難

 ③抽出できるデータが限りがあり

 ④抽出されたデータの遅延性

3.リアルタイムの価格追跡による価格戦略

4.終わりに

 

1.Amazonの価格戦略

 Amazonは、たとえば、Walmartである商品の価格は自社より低い価格を発見したら、すぐに価格を下げて、価格の競争優位を守ることができます。Walmartは実店舗の経営なので、Amazonのようなオンラインビジネスに比べ、こんなに頻繁に価格を調整することができません。Amazonの価格に関する戦略はもはや業界内の成功例となってきました。では、Amazonから何を学ぶことがであろう?

 

2.ECデータ活用における課題

 価格の追跡をすることは商業の秘密ではありません。実際、ほとんどの会社では商品に対するニーズが減っている時に、ひそかに価格を変更します。しかし、Amazonの価格変更のやり方はこのような小規模の価格変更はしません。大規模な価格設定戦略をしています。つまり、何百万の商品の価格データを追跡し、オンラインビジネスの価格戦略の役に立てます。しかし、EC業界内のデータ活用はまだ進んでいる状況で、不完備のところもあります。今では、EC業界内のデータ活用は主に四つの解決すべき課題があります。

 

①全てのデータ抽出が困難

 Amazonでは数多くの商品があり、商品に関するタイトル、説明、SKUなどの情報も異なります。ほとんどの価格追跡は、ロボットが識別できる商品だけを追跡しますが、識別できないアイテムはそのままの残されていました。この場合は全てのデータを抽出するのが難しくなりました。

 

②価格データの変更に追跡困難

 Amazonでは一日中に何度も価格の変更を行います。同時に多くの小売業者が頻繁に価格を調整しています。商品の価格のデータはあっという間に古くなります。では、どのように競争力を維持しながら、価格の変更にも対応できるのであろうか?

 

③抽出できるデータに限りがある

 多くのソリューションは、Amazon、Target、Walmart などの人気のあるマーケットプレイスから情報を取得します。Amazonのようなオンラインショップは日常生活でもよく使いますので、情報も多いです。それに対して、ニッチ市場に特定の人のニーズを満足して、それに関する情報は相対的に少ないのです。従って、Web上のデータ抽出は限りがあります。

 

④抽出されたデータの遅延性

 誰でも失敗するプロジェクトをしたくないです。実際には、多くのカスタムソリューションが整うまでに数週間くらいかかります。それで、遅れることがよくあります。ターンアラウンド時間は、一般的にWeb構造の複雑性とデータ量と関わっています。データの即時性を求めていない場合は、影響を受けませんが、ECの場合はリアルタイムデータが重要で、データの即時性を求めています。

 

3.リアルタイムの価格追跡による価格戦略

 これらの課題を完全に解決する方法はありませんが、Web スクレイピングを利用すれば、それらの問題を改善でき、ビジネスの成長とサービスの改善にも役立つことができます。

 

 ほとんどのEC事業主に知られているように、Web スクレイピングは、データを簡単に抽出・収集する方法で、基本的にGoogleのWeb クローラーのように同じ効果を果たせますが。実は、スクレイピングの方がより自由的、実用的にWebデータを取得できます。

 

 Webスクレピング業界内で経験豊富なOctoparseは、地元の小規模事業主から国際企業まで、あらゆる規模の企業と提携し、ビジネスを進める長年の経験をもっています。今までこれらの顧客がoctoparseを選択した理由は、高い品質のデータ抽出をできることです。

 

 Octoparseのカスタムソリューションは、絶え間なく変化するオンラインの世界に対応するために最先端のWebスクレイピングテクノロジーを使用して、どれほどの複雑なデータであっても、抽出することができます。

 

Octoparseの強力な機能は以下の四つにまとめて紹介させていただきます。

 

  • カスタムスクレピング機能: 各小売業者は手に入れたいデータは異なっています。 Octoparseで自分のニーズに応じて、データ抽出のクローラーを作られます。ASIN、SKU、GTIN、およびその他の識別子を含むデータを抽出することができます。データを抽出し分析し、どの製品がどの価格帯で販売されているかをより容易に把握することができます。

 

  • データの構造化:データを分析するために、直接に抽出されたデータをExcelなどの構造化された形式にエクスポートできます。Octoparseには、ExcelのほかにCSVファイルにエクスポートすることもできます。または、抽出したデータをAPI経由で内部データベースに転送できます。そして、データ分析ツールやAWSストレージインフラストラクチャでデータを活用していきます。

 

  • リアルタイムデータ抽出:競争力を高めるために、スクレイピングをスケジュールすることができます。価格情報は常に変わっているので、1分おきに価格をモニタニングする必要があります。Octoparseはスクレイピングのスケジュールを設定して、自動的にモニタリングできます。または、Octoparseのクラウドサービスがあって、そのサービスを利用すれば、リアルタイムでのデータを自動的に抽出することができます。

 

  • 複数のWebサイトのモニタリングが可能:複数のWebサイトをモニタリングするの場合は、Octoparseはデータ要件のニーズに対応しながら、プロジェクトを迅速化するための開発期間の短縮を保証します。クラウド抽出を使用すると、クラウドサーバーを介した複数のWebサイトからのデータ抽出はやさしくになります。

 

4.終わりに

 価格のモニタリングは競争に欠けてはいけないことと言えないが、価格戦略、注文の追跡、ページのアクセス数、過去の価格の変化のモニタリングから、いろいろなサービスの改善ができます。ビジネスを成功させる重要なカギとしては、いつも変化しているオンライン市場の全体像を把握することです。 Octoparseは、競合他社にモニタニングすることによって、企業に市場全体像を把握させるのに役に立てます。従って、企業側は多くの時間をかけて、戦略的計画に費やすことができます。データの収集や抽出に解決策をお探しの場合は、ぜひOctoparseにお問い合わせください

 

 

関連記事

Webスクレイピングを使ってデータ分析とインテリジェンスを向上する

ECサイトからデータを抽出する3つの課題と解決策

【マーケティング実戦】競合他社調査から引き出す価格と品揃え戦略