logo
languageJPdown
menu

【WEBデザイナー必見!】Web制作とデータ収集に役立つ方法紹介!

約6分で読めます

80%の消費者がモノを購入する前にオンラインで価格を比較します。Transaction社によると、65%の消費者は店頭で商品を購入する時に、スマホで価格比較サイトをチェックします。

これは、価格比較サイト、あるいは製品やサービスの比較サイトが人気がある理由です。どのよう比較サイトにとって、市場のニーズが大きいですが、他のオンラインビジネスと同じ、競争も激しい。にアクセス量を増やすのか、最大のチャレンジだと考えられています。

この記事では、訪問者に真の価値を提供するための価格比較サイトの構築方法を解説します。または、比較を行うためにデータパイプラインの構築方法、そしてどのようにアクセス量を増加する方法を紹介します。

価格比較サイト構築の手順

比較サイトを作ることは、他のWebサイトを構築することと同じです。より多くのアクセス量(トラフィック)をもらえるために、いくつかの考えすべきのことがあります。

これから、比較サイトを構築するための基本的な手順を説明します。

ステップ1:ニッチを決める

価格比較サイトの構築にとって、最も重要なことは、特定の顧客をターゲットすることです。ビジネスを始める際に、どんな市場をターゲットするのかをよく考えなければなりません。

GoogleやShopzillaのような大手企業に対抗しないでください。その代わりに、自分が詳しいニッチな市場を見つけて、小さい市場から始めると最適な選択かもしれません。ニッチを中心とした小規模な価格比較サイトの代表的な例としては、ゲーム製品を比較する「Gocdkeys」、価格比較サイト「Pricechecker」、格安航空券を比較する「Farecompare」などがあります。

Wiserの調査によると、ほとんどの消費者は通常、以下のものの価格をよく比較します。

  • 電子機器 (90%)
  • 家電製品 (84%)
  • 食品 (78%)
  • ストリーミングデバイス (71%)
  • 衣服(71%)
  • その他(13%:車、掃除用具、化粧品・美容品、旅行、インテリア、おもちゃ、エンターテイメントなど

ステップ2: データパイプラインを構築

データを収集する際に、より効率的にデータを収集しようとしたら、手動でデータを収集すれば、結構大変な作業です。ここに三つの自動的にデータ収集する方法を紹介します。

①API接続。APIリクエストを通じて、サードパーティのプラットフォームと統合し、更新されたデータを自動的に取得します。ただ、このデータ収集方法はデータの抽出は対象サイトがコントロールしているという制限があります。

②データサービス。データプロバイダーに依頼します。このことは企業でよくありますが、制限もあります。たとえば、頻繁なデータを更新する場合はこの方法はかなりコストがかかります。

③Webスクレイピング。Webスクレイピングは、クローリングを使って対象サイトから定期的にデータを収集し、正確で最新の情報を即座に価格比較サイトに反映できます。これは、効率的かつ簡単的なデータ収集する方法です。

Webスクレイピングとは?

Webスクレイピングとは、Webサイトからデータを抽出する方法です。価格比較サイトと言えば、価格や商品の機能などの情報を収集し、それを自社のwebサイトで提供するのです。それで、対象となるWebサイトから様々なデータを抽出する必要がある。

Webスクレイピングの役割

価格比較サイトの最も価値のあるところは各Webサイトからのデータ収集です。言い換えれば、比較サイトが提供されたデータはこのWebサイトの全て価値です。だから、データ収集は大切なことです。しかし、Webサイトからデータを収集することも、色々な課題を解決すべきです。

①データの種類が多いこと。

価格比較サイトはユーザーに真の価値を提供するために、価格だけでなく、製品の仕様やカスタマーレビューなども表示する必要があります。

②データをきれいにすること。

価格比較をユーザーに見やすい形で表示するために、データを構造化する作業を行う必要があります。

③データの統合。

情報を提供するために、比較サイトはできるだけ多くのWebサイトから製品データを収集する必要があります。

④定期的にデータを更新すること。

消費者は通常、複数の価格比較サイトから価格をチェックするので、頻繁にデータを更新して、最新な価格を持っていることが重要です。

Webスクレイピングはこれらの課題を解決でき、データを入手する理想的な方法と言えます。社内でスクレイピングの専門チームを作るならば、始めたばかりの企業にとってはコストがかかります。ここに一つのおすすめのソフトウェアがあります。それはOctoparseです。Octoparseは誰でも簡単にWeb上のデータを抽出し収集できるツールです。以上に言及したそれぞれのデータ抽出の課題を完璧に解決することができます。

WebスクレイピングツールであるOctoparse

OctoparseのようなWebスクレイピングサービスは、複雑なクローラーの作成プロセスを視覚的な形で表示されています。

Octoparseのダッシュボードは使いやすくて、プログラミング知識がなくても、簡単にWebスクレイピングを行うことができます。

Octoparseの特徴:

①あらゆる種類のデータを取得します。

Webページに表示されるデータは、テーブル、リスト、記事、画像など、すべてのデータをOctoparseでスクレイピングする可能です。

②RegExツールで自動的にデータをクリーニング。

RegExを使ってステップを追加すると、Octoparseは自動的にデータをクリーニングします。(RedExは、データを思い通りにトリミング/置換/編集するツールです。)  

③あらゆるソースからデータを取得する可能です。

Octoparseは、スクレーパーを構築したり、実行したり、そしてデータを取得するコンソールです。抽出されたデータを、APIを通じて直接データベースに取り込むことができます。

④自動更新のためにスクレイピングをスケジュールします。

スケジューリングすることで、スクレーパーが定期的に実行され、必要な頻度で新鮮なデータを取得することができます。

Octoparseでデータを取得する方法

ステップ1:URLを入れる

 

ステップ2:Octoparseでクローラーを作る

WebサイトのURLをOctoparseに入力し、データ自動検出が開始されます。

ステップ3:スケジューリングして、タスクを実行する

スクレイピングをスケジューリングすることで、自動的にデータが更新されます。

ステップ4:API接続でリアルタイムデータの取得する 

Octoparseは、スクレイピングされたデータをWebサイトに統合するために、APIを提供します。

まとめ

価格比較サイトは消費者によく使われていますが、市場競争が激しいです。それで、よりよい比較サイトを作るために、ニッチ市場を絞ることが重要だと思われています。

OctoparseのようなWebスクレイピングツールを使って、簡単にかつ効率的にデータ収集をすることができます。Octoparseの特徴としては、プログラミングの知識がなくても、誰でも使えるスクレイピングということです。もう一つの強力的な機能は、ほぼあらゆるWebサイトからすべてのデータを自動的に取得できます。または、そして抽出されたデータもExcel、CSV、データベースなどにエクスポートことができます。

価格比較サイトの構築やデータ収集に興味を持っていますか?Octoparseをつかって、自動化のデータ収集をやってみましょう。

人気記事

トピックを検索する

今すぐOctoparseを始めて、業務効率化を実現しましょう。

ダウンロード

関連記事

  • avatarTakahashi
    本記事では、世界が最も注目する最先端技術トレンドを紹介します。時代に取り残されないためにも、ぜひ参考にしていただければ幸いです。
    2024.02.02 · 6 min read
  • avatarTakahashi
    購買の判断基準の中で、最も大きなファクターなのが「価格」です。そのため、出品者側にとって価格設定は重要であり、名経営者の稲盛和夫氏も「値決めは経営である」という言葉を残しています。そして、適切な価格設定のために重要なのが「価格調査」です。しかし、オンラインサイトで競合製品の値段を1つずつ確認するのは非効率でしょう。そこでおすすめなのが、価格調査ツールです。本記事では、価格調査の基本から価格調査ツール10選を紹介します。
    2024.01.09 · 6 min read
  • avatarTakahashi
    「営業活動のために企業のメールアドレスを取得するのが面倒」「効率的に企業のメールアドレスを収集する方法やツールを知りたい」このような悩みをお持ちの営業パーソンも多いのではないでしょうか。そこで今回は企業のメールアドレス収集に役立つツール10選を紹介します。海外で人気のツール8選、国内で人気のツール2選に分けて紹介していますので、ぜひ目的や用途に応じて最適なツールを試してみてください。
    2023.02.16 · 7 min read
  • avatarAKI
    情報がデータ化されている現代において、収集したデータを活用することは必要不可欠といっても過言ではありません。しかし、データを活用することの重要性を理解しているものの、肝心のデータが社内や手元に存在せず、データ収集に悩んでいる方もいることでしょう。また、データが不足していることを自覚していても「データをどこから集めるのか」「購入しなければならないのか」という疑問も感じてるのではないでしょうか。ここでは、データ収集の必要性から実施方法、コストを下げる方法を紹介します。
    2023.02.14 · 7 min read