【2021年】無料のノーコード(NoCode)開発ツール厳選8選

こんなお悩みはありませんか?

  • 「スタートアップを始めたいと思いますが、プログラミングを学んでいる時間がない…」
  • 「新サービスを思いついたので、自動化させていきたいが、会社のエンジニアは時間がない…」
  • 「Web上の情報を収集する時、手作業すると効率が悪いから、専用のツールが欲しい…」

昔は、複雑なアプリケーションを構築するために、莫大なコスト、複数の開発者、膨大な開発時間を必要です。正直と言うと、プログラミングを学ぶのは大変です。

 

現在、プログラミングを学ばなくても、素晴らしいWebホームページ、アプリケーションや自動化ツールなどを開発することができます。
したがって、ノーコード(NoCode)はインターネットの未来です。

去年から、ノーコードツールを開発したスタートアップが急成長しています。巨大テック(Google・Amazon・Microsoftなど)企業も続々ノーコードに参入しました。
業務自動化をワークフローで簡単に構築したり、ビジネスプロセスを改善したり、オペレーションや成長を支援するために必要なあらゆることもできます。

昔は多くのWebページやアプリケーションのデザインと開発は、コードを動作させるために昼夜を問わず働かなければならない開発者に依存していました。
2021年に、コーディングなしで、誰でも様々な機能を開発することができるという「ノーコードツール」がいっぱい登場されています

業務自動化、Webサイトの作成やアプリの開発など、難しいことでもノーコードツールがあれば、簡単に実現できます。

そもそも、ノーコードとは何でしょうか?

 

目次

1. ノーコードとは?

2. ノーコードツールで何ができる?

3. Webサイトを構築できるノーコード(NoCode)ツール

  3.1. Webflow

  3.2. Carrd

4. Webアプリを開発できるノーコード(NoCode)ツール

  4.1. Bubble

  4.2. Glide

5. 業務自動化・効率化できるノーコード(NoCode)ツール

  5.1. Octoparse

  5.2. UserGuiding

  5.3. Zapier

  5.4. Voiceflow

6. まとめ

 

 

1. ノーコードとは?

簡単に言うと、ノーコードとは、プログラミングを勉強をせずに、コードを書かずにGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース、Graphic User Interface)を使って、アプリを開発、自動化プロセスに動かせることです。
しかし、「ノーコード」というのは、本当に「コードがない」ということではありません。実際には、ツールを開発した人たちがコーディングで開発されて、GUI経由でユーザーは簡単に開発できるようなツールです。ツールを使用するユーザー・企業にとって、より簡単な体験を提供しています。開発する必要な操作は、クリック、スクロール、またはドラッグ&ドロップだけです
「開発」は大衆にとってより身近なものとなり、テクノロジーの新しい時代が来ています。

 

2. ノーコードツールで何ができる?

ノーコードツールで作れるものは限られていません。Webサイトの構築からアプリの製作まで、可能性は無限大です。仕事を自動化したり、Web上の情報を自動取集したり、データを整理したり、ノーコードツールで解決可能です。
オンラインでアンケートを作成したことがありますよね?あれもノーコードです。
ノーコードといっても、特定の分野に特化したものではなく、さまざまな種類のツールがあります。以下のリストでは、おすすめのノーコードツールを紹介します。

 

3. Webサイトを構築できるノーコード(NoCode)ツール

3.1. Webflow

Webflowは、「レスポンシブWebサイトをデザインして立ち上げることができる」というWebサイト構築プラットフォームです。他のWebサイトビルダーを使った経験があるかもしれませんが、Webflowはとても使いやすいに感じられます。
多くのWebサイトビルダーでは、ある程度のカスタマイズが可能ですが、Webflowでは、クリックしてスクロールするだけでWebサイトを構築することができます
さらに、カスタマイズ性にも優れています。ゼロからスタートして、自分の好きなようにフルレスポンシブ(スマホ、タブレット、PCのどの端末でも最適な画面表示)なWebサイトを構築することもできるし、手っ取り早く済ませたいならテンプレートを使うこともできます。

 webflow

ー料金表ー
※個人向けプランの場合、無料で始められます。
会社向けプランの場合:
Lite:$16/月
Pro:$35/月

 

3.2. Carrd

Webflowより早く、より簡単な方法でWebサイト構築ツールです。
Carrdは、よりシンプルなWebサイトを構築するための完璧なノーコードツールです。Carrdは他のツールと同じようにパワフルですが、方向が違いますのでご注意ください。
Carrdは、テンプレートを使って、あるいはゼロからカスタマイズできる1ページのWebサイトを構築するために設計されています。そのシンプルさと安い価格なので、筆者はおすすめリストに入れました。

 carrd

ー料金表ー
※無料プランで始められます。(3つのWebサイトまで)
Pro:$19/年

 

 

4. Webアプリを開発できるノーコード(NoCode)ツール

4.1. Bubble

Webアプリケーションを構築する必要があるなら、Bubbleは最適です
Bubbleは、アプリ全体をプロトタイプ化し、数時間で構築して立ち上げて、効率的にビジネス成長を拡大する機会を与えてくれます。内部ツールも備え、機能性と使いやすさを同時に実現しています。
しかし、筆者がこの製品に惚れ込んだのは、クリックによる操作やUIコンポーネントの配置だけでWebアプリが作れます。Webアプリはこんなに簡単になるのは思えませんでした。

 bubble

ー料金表ー
Hobby:無料
Personal:$25/月(年払い)または$29/月(月払い)
Professional:$115/月(年払い)または$129/月(月払い)
Production:$475/月(年払い)または$529/月(月払い)

 

4.2. Glide

Glideは「高速でアプリが作れる」という点が一番特徴的です
Glideとは、Googleのスプレッドシートを「データベース」として利用し、Webアプリが作れるノーコードツールです。アプリのデザインも最初からテンプレートが用意されていて、テンプレートを使ってもいいし、要望に応じてデザインをカスタマイズすることもできます。

 glide

ー料金表ー
Pro App:$19/月(年払い)または$29/月(月払い)
Business App:$99/月

 

 

5. 業務自動化・効率化できるノーコード(NoCode)ツール

5.1. Octoparse

簡単と言えば、Octoparseは直感的に操作ができるWebスクレイピングツールです

Webスクレイピングとは、「Webサイトからデータを集めて抽出する技術」で、「Webクローリング」と「Webスパイダー」も同じ意味です。
Web上の情報を手作業でまとめるのは非常に時間がかかります。Webサイトのクチコミやレビューなどの情報を自動で収集する時、通常はPythonなどのプログラミング言語で開発する必要があります。
Webスクレイピングツールは、プログラミング言語の知識がない人でも手軽にWebからデータを収集して抽出することができるよう設計されたツールです。
octoparse

それだけでなく、Octoparseは以下の様々な機能があります。


・自動識別機能搭載

Octoparseには自動識別機能が搭載されています。クリックするだけでワークフローを自動的に生成して、スクレイピングが開始できます。

octoparse_自動識別機能

・様々なサイトに対応可能

Octoparseは静的なWebサイトやAJAXやJavaScript技術を使っている動的Webサイトに対応しています。

・便利なテンプレートを提供する

テンプレートで、URLかキーワードパラメーターを入力するだけで、データを取得できます。現在、70個を超える人気のあるWebサイトのテンプレートがあります。 タスクを作る手間がかからなくても、すぐに欲しいデータを手に入れることができます。


・スケジュールで実行可能

スケジュールを設定しておけば、自動的にデータを取得することが可能です。


複数サイトを自動的にデータを抽出したい場合に、Octoparseは強力な味方となります。Web上の情報を収集したい方はぜひ試してみてください。

ー料金表ー
フリープラン:無料(クラウド抽出以外、スクレイピングツールのコア機能を使用可能
スタンダードプラン:$75/月(年払い)または$89/月(月払い)
※14日間の無料トライアルあり

プロフェッショナルプラン:$209/月(年払い)または$249/月(月払い)
※14日間の無料トライアルあり

 

 

5.2. UserGuiding

BubbleでWebサイトやWebアプリを開発した後は、チュートリアルはすごく大事です。
UserGuidingはユーザーガイドユーザーオンボーディング(新規ユーザーの最初のログインから始まり、ユーザーがハッと気づくまでの重要なプロセスのこと)製品に最適なユーザーオンボーディング体験を作るツールです。
UserGuidingは、ブラウザの拡張機能として動作し、お客様の製品上で直接動作します。
さらに、ユーザーをセグメント化してパーソナライズされた体験を作り、目的に応じて必要なオンボーディング要素だけを通過させることができます。
また、UserGuidingでは、作成したコンテンツのパフォーマンスを詳細な分析ツールで追跡することができます。

 userguiding

ー料金表
Start-up:$199/月
Growth:$399/月

 

5.3. Zapier

Zapierは業務を自動化することができるiPaaSです。OctoparseサポートチームもZapierを利用しています。
Zapierは、1500種類以上のWebアプリやツールを組み合わせて連携することで、自動化のシステムを構築します。
自動化のシステムは、従来ならエンジニアに依頼して個別のプログラム開発が必要でした。
Zapierでブラウザ上の操作だけで、誰でも簡単に使える非常に便利なツールです。

 zapier

ー料金表ー
※無料プランで始められます。(100タスクまで)
Starter:$19.99/月 (750タスク)
Professional:$49/月(2000タスク)
Team:$299/月(50000タスク)
Company:$599/月(100000タスク)

 

5.4. Voiceflow

2011年にSiriが音声アシスタントとしてデビューして以来、ボイスアシスタントは長い道のりを歩んできました。AmazonのAlexaやGoogleアシスタントがSiriのすぐ隣に位置するようになり、音声技術がノーコードのツールになる時期がやってきました。
自分の音声アシスタントをもっとカスタマイズできたらいいと思いませんか?
Voiceflowはまさにそれを実現します。
Voiceflowでは、ブラウザ上でプロトタイプを作成したり、ワンクリックでアップロードできる機能を使って実際の音声デバイスで試すことができます。VoiceflowはAlexaやGoogle Assistantにも使えますし、チームで作業している場合は、そのためだけのスペースがツール内に用意されています。
Voiceflowが特に優れているのは、おそらくUI(ユーザーインターフェース)です。このツールでは、ドラッグ&ドロップ方式により、音声アプリを効率的かつ楽しく視覚的に開発することができます。

 voiceflow

ー料金表ー
Starter:無料
Pro:$40/月
Team:$140/月

 

6. まとめ

ノーコードは、ビジネス、テクノロジー、そして開発を確実に変えていきます。この記事で紹介できなかったツールもたくさんありますが、ツール選びに迷ったら、ぜひ今回紹介したツールを使ってみてください。
ノーコードツールが深く浸透するようになれば、開発をスピードアップすることができ、アイデアがより具現化しやすくなり、ビジネスのスピードも一層加速していくでしょう。
時代に乗り遅れることのないよう、今のうちにノーコードツールを使ってみませんか。