プロキシサーバーの仕組みとは?メリットや注意点も解説

プロキシサーバーとは、インターネット上に潜むあらゆる脅威から守る重要な役割を持ちます。セキュリティ面の安全を担保するためにもプロキシサーバーの利用は欠かせません。

しかし、プロキシサーバーを上手に活用するためには、どういった仕組みなのか、そもそもどういったメリットがあるのか理解しておくことが重要です。そこで本記事ではプロキシサーバーの仕組みから、活用するメリットや注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

プロキシサーバーとは?

プロキシサーバーの種類

プロキシサーバーを活用するメリット

プロキシサーバーのデメリット

プロキシサーバーを利用する際の注意点

Octoparseのプロキシサーバー機能の紹介

プロキシサーバーとは?

プロキシ(Proxy)とは日本語で「代理」と訳されます。つまりプロキシサーバーとは、インターネットに接続できないコンピューターの代わりにアクセスするサーバーを指します。続いてプロキシサーバーの仕組みや特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

プロキシサーバーの概要

プロキシサーバーは、利用者(クライアント)とWebサーバーの間に設置することで、両者の通信アクセスの橋渡しを行います。セキュリティ対策でファイアウォールが設置されている場合、ネットワーク保護のためインターネット接続ができません。

そこで、クライアント端末とインターネットの間にプロキシを設置することで、インターネット接続が可能になります。また、別のネットワーク同士の通信を中継する際にも利用できます。

プロキシサーバーの仕組み

プロキシサーバーの仕組みについて例を用いて解説します。利用者があるサイトを閲覧する場合、以下のようなデータのやり取りが発生します。

  1. 外部のWebサーバーからリプライが届く
  2. プロキシサーバーを経由して、クライアントマシンへリクエストを送る
  3. プロキシサーバーがクライアントに返事を出す
  4. サイトが閲覧できる

クライアントマシン目線から見れば、プロキシサーバーは外部Webサーバーのように映り、一方で外部Webサーバーの視点ではクライアントマシンのように見える仕組みとなっています。

 

プロキシサーバーの種類

プロキシサーバーと一言でいっても4つの種類に分けられます。以下の表では、それぞれの種類について特徴をまとめています。

 プロキシサーバーの種類

特徴

フォワードプロキシ

利用者とWebの間に設置し、利用者側に位置する。Webプロキシサーバーとも呼ばれる。

リバースプロキシ

インターネットから内部ネットワークのへの通信を制御する。Webサーバーの負荷軽減を目的としている。

キャッシュサーバー

サーバー上でキャッシュを持つことで、サーバーの負荷を軽減する。動画や頻繁に更新されるWebコンテンツ配信時に役立つ

透過型プロキシ

ネットワーク型の特定ポートに向けて設置するプロキシ。ユーザー側で迂回路を作成できないため、セキュリティ面で安全性が高い

 

プロキシサーバーを活用するメリット

プロキシサーバーを導入することはインターネット上の脅威から守ることができますが、その他にも数多くのメリットがあります。以下では具体的なメリットについて解説します。

アクセスログを確認できる

プロキシサーバーを利用することで、いつ・誰が・どのサイトにアクセスしたか「アクセスログ」を記録出来るようになります。業務に不要なWebサイトや、危険なサイトの閲覧を防ぐことができます。万が一不正なアクセスが行われた場合でも、ログ解析によって適切な対処が可能になるでしょう。

匿名性の確保が可能

プロキシサーバーでは、個人のIPアドレスではなくプロキシサーバーのIPアドレスだけが送信されます。そのため、アクセスした端末を隠すことで、サイバー攻撃の対象となることや、悪用されるリスクを防ぐことが可能です。

サイト表示速度の高速化が可能

プロキシサーバーのキャッシュ機能は、ユーザーがアクセスしたWebサイトの情報を一時的に保存します。2回目以降のアクセス時は、Webサーバーにリクエスト送信する必要がなくなるため、Webサイトの表示速度が早くなります。

通常のキャッシュ機能はデバイスに保存されますが、プロキシの場合はサーバーに保存されるため、すべての端末で表示速度が高速化します。 

 

プロキシサーバーのデメリット

プロキシサーバーには、キャッシュデータやアクセスログなど様々なデータが残るため、個人情報ややり取りしている情報を見られてしまう可能性があります。また、悪意のあるプロキシサーバーが設置されている場合は、アクセスの際に送受信した情報を抜き取られるリスクもあるので注意しましょう。

 

プロキシサーバーを利用する際の注意点

プロキシサーバーには数多くのメリットがありますが、一方で利用する際には注意点があることもあらかじめ理解しておきましょう。ここではプロキシサーバーを利用する際の注意点を3つ解説します。

必要なときだけ利用する

プロキシサーバーは、高度なセキュリティを必要とする場合にのみ利用しましょう。表示速度の高速化のためにプロキシサーバーを利用したとしても、かえって表示速度が低下してしまう場合があります。

非公開プロキシを利用する

誰でも利用できる「公開プロキシ」は、個人情報を抜き取るための悪意のあるプロキシが設置されている可能性があります。プロキシサーバーを利用する際は、提供元が信頼できる非公開プロキシを利用しましょう。

プロキシは正しく設定する

プロキシの設定を誤ってしまうと、別のプロキシを経由してしまい、個人情報の情報漏えいにつながるリスクもあります。また、ID/パスワード認証を有効化しないと公開プロキシになり、不特定多数の人に利用されてしまう可能性があるので注意しましょう。 

 

Octoparseのプロキシサーバー機能の紹介

WebスクレイピングツールのOctoparseでは、高度なIPプロキシ機能を備えています。Webスクレイピングは、スクレイピング先のサーバーに大きな負荷が掛かります。そのため、相手サーバーはサーバーダウンなどの事態を防ぐため、「IPブロック」のようなスクレイピング防止対策を取るケースがあります。

そのような場合において、複数のIPを使用することは非常に有効な手段です。Octoparseのクラウドサービスは、唯一のIPアドレスを持つ何千ものクラウドサーバーによってサポートされています。

対象のWebサイトで追跡およびブロックされる可能性を最小限に抑えながら、さまざまなIPを自動的に変換することでWebスクレイピングを実行できます。また、Octoparseのプロキシサーバー機能は約3ドル/GBで利用でき、世界62の地域をカバーしています。

Octoparseのプロキシサーバーの使い方についてはこちらの記事をご覧ください。

Octoparseヘルプ|プロキシサーバ

 

まとめ

本記事ではプロキシサーバーの基本やメリット、活用時の注意点まで解説しました。プロキシを活用することで、インターネット上に潜むあらゆる脅威から守ることができます。また、スクレイピングにおいてもプロキシサーバーを使えば、個人を特定されずにアクセスすることができます。

ただし、スクレイピング禁止と書かれているWebサイトではプロキシサーバーであっても利用は控えるように注意してください。