業務自動化の未来へ進発!RPAツール導入方法・おすすめRPAツール8選

目次

1. RPAとは?

2. RPAによる影響力

3. RPAツールの選び方

4. RPAツールを導入する前に考えるべきこと

5. 2021年おすすめRPAツール8選

  5.1. Automation Anywhere

  5.2. Blue Prism

  5.3. UiPath

  5.4. Octoparse

  5.5. Microsoft Power Automate

  5.6. Celonis

  5.7. WinActor

  5.8. SynchRoid

6. まとめ

 

 

1. RPAとは?

RPAは「Robotic Process Automation」の略称です。簡単に言うと、RPAの主な目的は、重複的で文書化されたありふれた作業をすべてロボットに行わせることです。

 

 

2. RPAによる影響力

RPAツールを導入実績がある業界は、単に銀行、金融サービス、保険業界だけではありません。業務自動化を推進しているため、製造業、通信業、航空業、石油・ガス業、小売業、分析業などの業界・産業分野に大きな影響を与えます。
多くの業界・産業分野で、スマートなRPA自動化ツールをビジネスプロセスに導入することが進められています。

RPAツールが登場した前、企業の「社内で開発した自動化ツール」は、簡単なバッチ処理やエクセルの自動化、マクロなどで業務プロセスを処理していました。それらは拡張性や信頼性に欠けていましたが、従業員の生産性も向上させた実績があります。

RPAの自動化ロボットを開発する前に、適切なRPAツールを選択することは最も重要なことです。それは、RPA導入の業務効率化・自動化の効果を直接左右するものだからです。
Gartner社の調査により、世界のRPAソフトウェア支出は、2022年に24億ドルに達すると予想されています。RPA市場は、2024年には約87.5億ドルに達すると予想されています。また、2022年末までに、大企業・大手企業の80%がRPAを導入すると言われています。

しかし、企業は自分の業務に一番適切なRPAツールを選ぶことが非常に難しいです。

この記事は、ここまでビジネスにおけるRPAツール選び方から、現在のトップレベルのRPAツールと、それらの主要機能の比較までを紹介します。

 

 

3. RPAツールの選び方

RPAの導入を成功させるためには、プロセス・操作自動化や機械学習などのワークフローを通じたビジネスプロセスの改善への取り組みが必要です。また、自社のニーズやリソースに合った適切なRPAソリューションを選択することも重要です。
業務の目的やプロセスの変革を明確に理解した上で、初期の調査に加えて、具体的な要件をリストアップすることができます。これにより、選択肢が大幅に絞られ、ニーズに合ったツールの選択がより易くなります。

一般的な要件には次のようなものがあります。

  • コスト(開発・メンテナンスなど)
  • 非構造化データの標準化
  • カスタマイズRPA開発可能性
  • コア機能の実現可能性
  • タスクやワークフローを階層化して自動化プロセスになる可能性

また、RPAの将来的な拡張性に注目することも重要なポイントです。可能であれば、自社の現在および将来のニーズに対応できるRPAプラットフォームを選択することで、追加ソリューションの特定、導入、および自社のデジタルインフラとの共存の確保にかかる時間を短縮することができます。さらに、ツールの拡張性も確保できます。

 

 

4. RPAツールを導入する前に考えるべきこと

一般的に、RPAは、これまで人間の監視や直接的な関与を必要としていたさまざまな業務を遂行することができます。しかし、現在のRPAツールは、ビジネスに必要な特定の機能を提供するわけではありません。
考えるべき最も重要なことは、ビジネスのニーズに合わせて、あるソリューションがどのような関連性を持っているかということです。例として、機械学習やコグニティブ・オートメーション、インテリジェント・オートメーションが中心的なニーズであれば、候補となるプロバイダーがその種のツールやソフトウェアを提供できるかどうかを確認べきです。

また、サポートやカスタマーサポートサービスも大事です。
自動化ソフトウェアは、データのプライバシー、管理、統合などの問題を考えなければなりません。

  • 自動化のパイロットやテストを担当する管理者は一人でしょうか?
  • 現在の業務に不可欠で、まだ見直しや変革を行うべきではない特定の反復作業はありますか?

積極的にサポートしてくれる協力会社がいれば、導入プロセスを円滑に進めることができ、RPAを導入成功するための良い条件を整えます。

 

 

5. 2021年おすすめRPAツール8選

5.1. Automation Anywhere

RPAツールで最もよく知られているAutomation Anywhereは、クラウドサービスでWebベースのRPAソリューションで、主にスクリプトを活用して自社の技術スタックに基づいてRPAを構築します。
非常に複雑なRPAプロセスを作成することができます。単純なコピペの定常処理からデータ修正まで、Automation Anywhereは幅広い自動化ニーズに対応する必要な拡張性を提供します。

Automation Anywhereは、数週間で70%のエンドツーエンドの自動化をしていますが、これも、バーチャルワーカーやボットスクリプトを設定する必要な時間です。また、顧客体験を50%向上させるという実績もあります。

automation-anywhere

ー料金表ー
※30日無料トライアルあり
Cloud Starter Pack: $750/月
Advanced Pack: 要問い合わせ

 

 

5.2. Blue Prism

RPA業界で最も歴史長いツールであるBlue Prismは、近年着実に成長しています。
Blue Prismは、フォーチュン企業のエンドツーエンドのRPAに特化しています。また、Blue Prismは、トップクラスの無人ロボットを提供しています。ロボットは非常に洗練されているだけでなく、高度なRPAネットワークを設定するための深いスクリプト機能も備えています。

Blue Prismを組織全体で使用するためには、堅牢な開発フレームワークへのコストが必要です。一方、Blue Prismは優れたデバッグ機能と圧倒的な拡張性も備えています。

blue-prism

ー料金表ー
※無料トライアルあり
要問い合わせ

 

5.3. UiPath

UiPathには優れたのは、「使いやすさ」という点です。
UiPathは、インストールが簡単で、UIベースの開発機能を備えています。最も重要なのは、強力なオンラインチュートリアルセクションが、ソフトウェアに慣れるのに役立つということです。ガートナーのクアドラントレビューによると、UiPathは一流のカスタマーサポートチームを持ち、すべてを考慮すると、UiPathは迅速なRPA導入を求める企業にとって理想的です。

uipath

ー料金表ー
※無料トライアルあり
Community: 無料
Studio: $2000 ~ $3,000/年
Orchestrator: $20,000/年
Attended Robot: $1,200 ~ $1,800/個
Unattended Robot: $8,000/個

 

5.4. Octoparse

Octoparseはノーコード(プログラミング不要)で、クリックするだけでWebデータ抽出を自動化するRPAツールです。Webスクレイピングツールとも呼ばれます。従来、手作業(コピペ)で、或いはプログラミングでWebクローラーを構築して、Webページからデータを収集しますが、ものすごく時間がかかります。
データ抽出をよりやすくするために、OctoparseはAmazon・楽天市場・Twitterなどのサイトからすぐにデータを収集するWebスクレイピングテンプレートを提供しています。

 

octoparse
パラメータ(ターゲットWebサイトのURL、検索キーワードなど)を入力するだけで、価格情報・商品詳細・Web上の口コミなどのデータが抽出されてきます。クラウド型プラットフォームも提供するので、スケジュール設定も可能です。
他のWebサイトに対して、Octoparseは自動識別機能も提供しています。
octoparse_自動識別機能
リアルタイムデータを自動抽出し、Web上の最新情報をいつでも入手できます。取得したデータはExcel、HTML、CSVなどのフォーマットで、またはデータベースに保存されます。Web上の様々なデータを収集したい場合は、ぜひWebスクレイピングツールを試してみてください。

ー料金表ー
フリープラン:無料(クラウド抽出以外、スクレイピングツールのコア機能を使用可能
スタンダードプラン:$75/月(年払い)または$89/月(月払い)
※14日間の無料トライアルあり

プロフェッショナルプラン:$209/月(年払い)または$249/月(月払い)
※14日間の無料トライアルあり

 

 

5.5. Microsoft Power Automate

Microsoft Power Automateはシンプルでありながら効果的なRPAソリューションを提供します。Microsoft Power Automateの最大のメリットは簡単でセットアップできることです。つまり、マイクロソフトのエコシステムのデータをすぐに利用することができ、RPAを簡単に行うことができます。ロボットワークフォースをオーケストレーション(設定、管理、調整の自動化)するのは役立ちます。

microsoft-power-automate

ー料金表ー
Per-user plan: $15/月/1ユーザー
Per-user plan with attended RPA: $40/月/1ユーザー
Per-flow plan: $500~/月/1ユーザー

 

5.6. Celonis

Celonisは、自動化すべきプロセスを特定する(プロセスマイニング)ことは上手です。そのためには、クラウドの構造や従業員の日常業務を調査します。これにより、システムの状況を把握することができ、チャンスのある分野やプロセスの問題点を明らかにすることができます。
したがって、CelonisはUiPathなどのRPAソリューションとの組み合わせが理想的です

 

celonis

ー料金表ー
※無料トライアルあり
要問い合わせ

 

5.7. WinActor

WinActorはNTTグループに開発された純国産RPAツールです。日本国内でサービスインフラ・ソフトウェア通信・金融などの業界でよく導入され、シェアNo.1となっています。業務の手順を「シナリオ」として記憶し、同じ操作を何回でも繰り返し実行することができます。1台のPCでスモールスタートから大規模導入まで幅広く対応可能です。パッケージソフト(Office製品など)からスクラッチ開発の独自システムまで、プログラミングスキルがなくても簡単に操作できます。60日間の無料トライアルも提供し、カスタマーサポートも充実しているので、初めての企業にも安心です。

winactor

ー料金表ー
フル機能版:908,000円/年/PC1台
実行版:248,000円/年/PC1台

 

5.8. SynchRoid

SynchRoidはソフトバンクが開発したRPAツールです。その特徴は「ITスキルが低い社員でも開発できるシンプルなRPA」です。従来、RPAとは開発画面が難しく専門的なスキルが要求されることの多い製品でした。SynchRoidでは、開発画面をGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)で提供し、ITや情報システム従事者でなくとも開発者として自動化ロボットを作り出せます。実行環境は、デスクトップおよびサーバーどちらも選択可能です。RPAの導入支援やトレーニングなどのサポートは充実し、多くのシステムとの連携が可能です。

synchroid

ー料金表ー
ライトパック:900,000円/年
ベーシックパック:600,000/月

 

 

6. まとめ

RPAを導入することで、業務効率化を実現することが可能です。データ入力・収集など重複作業をRPAがおこなうことで、重要な仕事に集中できます。RPAツールは安くないが、人件費コストの削減や業務自動化・業務効率化を考えれば、導入の価値はあります。この記事で紹介されたツールは無料トライアルも提供しているので、ツール選びに迷ったら、ぜひ今回紹介したツールを使ってみてください。

 

 

 

 

関連記事


【YouTube動画】2021年注目の業務自動化ツール30選

働き方改革 | 2021年注目の業務自動化ツール30選

【2021年】無料のノーコード(NoCode)開発ツール厳選8選

Webクローラーツール20選|Webデータの収集を自動化できる