メールアドレスの自動収集:セールスリードを集める

セールスリードとは?

セールスリードとは、自社の商品やサービスを購入する可能性が高い人であり、販売プロセスの初期段階と見なされます。つまり、セールスリードは、潜在的・将来的に顧客となる見込みのある人々です。

それでは、どのようにこれらの見込み客を見つけて連絡を繋げるのは一番の問題です。

 

セールスリードを収集するには?

この質問にに対する答えは:お金OR 知識 です。十分なお金があれば、電話番号やメールアドレスなどセールスリードのデータベースを購入することができます。ただし、私が知る限り、マーケティングのコストを考慮して、ほとんどの人はこの問題を解決するために2番目のオプションを選択します。つまり、知識(技術手法)を利用します。

この記事では、専門知識を活かして、セールスリードを数分で取得する方法を紹介します。

 

 

1. Python

 

Pythonは、スクリプトを書く際に英語の文法を採用しているため、最も簡単なプログラミング言語と見なされています。

ただし、誰もがスクリプトの意味を読んで理解することはできますが、ルールを事前に学習しないと、スムーズに動作させることはまだそれほど簡単ではありません。それに、Webサイトの構造が異なるため、すべてのサイトをカバーできない場合があります。 

とりあえず、以下の4つのステップでやってみましょう!

 

Step 1: Pythonをダウンロードし、インストールします。

Step 2: オープンソースWebサイトであるGithubから適当なPythonスクリプトをコピーし、Pythonに直接貼り付けます。

 HTML

 

Step 3: 必要に応じてスクリプトを編集します。たとえば、この場合、URLを入力する必要があります。

Step 4: 「Run Module」をクリックして、必要なデータの抽出を始めます。

 python dashboard

 

 

 

Pythonといえば、 Kiteという優れたツールをお勧めします。Atom、PyCharm、Sublime、VS Code、Vimで利用できるPythonのコード補完やってくれます。

 

2. Email Extractor(Chrome拡張機能)

  

Email Extractor は、Chromeの拡張機能で、誰もがChromeブラウザに追加してデータを抽出するのに非常に便利です。以下のの動画チュートリアルはGoogleの検索結果からメールアドレスを抽出する方法を紹介しています。

 

ただし、Email Extractorにはいくつかの制限があります。まず、一度に1ページからしかメールを抽出できません。つまり、ページネーションを手動で実行しなければならないため、大量の抽出に制限がかかりました。次に、抽出したデータをローカルに直接エクスポートできないため、コピペの作業をしなければなりません。

 

3. Octoparse

 

Octoparseは、データを抽出する非常に強力なWebスクレイピングツールです。コーディングを必要とせずに誰でもクリックで直接データを取得できます。たとえば、Octoparseタスクテンプレートを使用して、iダウンページからセールスリードを簡単に収集できます。

 

 

もちろん、テンプレートが事前に設定されたため、必要に応じて編集できません。その場合は、抽出クローラーを編集できるカスタマイズモードを利用する必要があります。

 

 

セールスリードの活用は?

ここでは、抽出したメールアドレスを活用するケースを挙げます。

 

1. マーケティングオートメーション

MailChimpなどの自動化メールツールを利用して、見込み顧客に営業メールを送信し、単純作業を自動化し、時間を大幅に節約できます。

 

 

2. ディスプレイ広告を実施する

ディスプレイ広告とはWebサイト内の広告枠に表示される動画・画像・テキストのみの広告のことです。見込み顧客に適当なディスプレイ広告を設定して、購買欲を高めることができます。

 

 

 

関連記事:

企業メールアドレスを取得するツール10選

無料Webスクレイピングツールで営業リストの作成方法

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用