【無料で使える!】簡単で便利な求人サイトの作成方法は?|情報の集め方を解説!

目次:

1、ジョブボードとジョブアグリゲーター

2、質高い求人情報を収集する情報源は?

1)雇用者のキャリアページ

2)ジョブボード

3)求人検索エンジン

4)その他のサイト

3、Webスクレイピングに伴う問題点

1)非常に多くのサイトから仕事をスクレイピングする

2)Webサイトの頻繁な更新への対応

3)膨大なデータのスクレイピングには時間がかかる

4)異なるソースからのデータをデータベースに統合したい

4、Octoparseの解決策

 

1、ジョブボードとジョブアグリゲーター

 ジョブボード(job board)とジョブアグリゲーター(job aggregator)は日本語で「求人求職サイト」「求人掲示板」と訳するが、実際異なる業務を指しています。「job board」は基本的に、求人情報を掲載するWebサイトです。一般的に求人Webサイトで、求人者と求職者の双方のプロフィールを作成することができます。求職者は、自分の履歴書をサイトに掲載し、雇用者に見てもらうことができます。

 

 一方、ジョブアグリゲーターは少し違います。ジョブアグリゲーターは、ジョブボードのような多種多様なWebサイトに掲載された求人情報を、一つの検索可能なサイトでまとめたのです。それで、ジョブサーチエンジンとも呼ばれています。ジョブアグリゲーターは、ジョブボードと競争するために登場しました。ジョブアグリゲーターでは、複数のソースからの求人情報が掲載されているため、ジョブボードに比べ、より簡単かつ迅速に仕事を見つけることができます。

 

 もしジョブボード/アグリゲーターのWebサイトを作り始めようとしているならば、膨大なデータを収集しなければなりません。または、最新の情報をリアルタイムで更新することも重要です。即時的に情報を更新できないならば、ユーザーもどんどん失います。最新の情報の更新は手作業で行うこともできますが、時間と労力はかかります。代わりに、Webスクレイピングを利用すれば、より簡単に求人情報を収集することができます。そうすれば、求人の傾向を分析したり、競合他社を追跡したり、リード(自社の求人サイトに求人を掲載してくれる企業)を見つけたりすることができます。

 

 しかし、求人情報のスクレイピングを始める前に、どのWebサイトから情報を収集するのか大事です。ソースの質は求人情報の質に直接に影響しますので、質高いソースを見つけることは求人サイトを成功させる第一歩のことです。それでは、どのように質高い情報ソースを見つける方法を紹介します。

 

2、質高い求人情報を収集する情報源は?

1)企業のキャリアページ

 これは最も信頼できるデータソースの一つと言えます。企業のキャリアページには、その企業のミッションや目標に関する情報が掲載されています。このページの重要な役割としては、その企業で働きたいと思っている人たちに企業への認知度を高め、興味を持ってもらうために、作成されます。多くの場合、キャリアページには、企業が今募集している情報が掲載されています。そして、Webスクレイピングを利用すれば、ページに掲載されている求人情報を簡単に取得することができます。

 

2)ジョブボード

 ジョブボード/アグリゲーターを作成する主要な目的としては、ユーザーのために求人情報を提供することです。だから、求人情報が定期的に更新しなければ、利用者にとって、このサイトを訪れなくなってしまいます。新しいジョブボードとして、他のジョブボードから求人情報をスクレイピングすることは、最も簡単な効率的な戦略だと言えます。多くの大手求人サイトでは、毎日求人情報が更新されています。大手企業から最新の情報をスクレイピングすることも質高い求人情報を収集するいい方法です。

 

3)求人検索エンジン

 IndeedやGlassdoorのような求人検索エンジンには、さまざまなカテゴリーの求人情報が掲載されています。これらの大手企業は、もはや多くの求人者のキャリアページから求人情報をまとめました。どの職種からでも欲しい求人情報をスクレイピングすることができます。Webスクレイピングは抽出されたデータを構造化することができます。職種、企業、所在地、レビュー、仕事内容などの情報を見やすく表示され、Excelなどのフォーマットでエクスポートすることができます。

 

4)その他のサイト

 FacebookやLinkedInも求人情報が集めるところです。Facebookには、求人者が定期的に求人情報を掲載する求人欄があります。中には、勤務地、職種、仕事内容に基づいて分類されています。Webスクレイピングを利用すれば、これらのデータを入手することができます。Facebook以外にも、求人情報が共有されているWebサイトはあります。手作業で求人情報をチェックするのではなく、Webスクレイピングツールを試してみましょう。

 

 Webスクレイピングが利用しやすいですが、いくつかの解決すべきな課題があります。以下のWebスクレイピングの潜在的な問題をもとめて、その問題に対する解決策も詳しく説明しておきます。

 

3、Webスクレイピングに関する課題

 

1)多くのサイトからスクレイピング

 求人サイトを作るには、できるだけ多くのデータソースから情報をスクレイピングします。しかし、どのように複数のソースを一括し、そして適合なクローラーを作って、重い負荷を処理することはスクレイピングにとって、解決すべきな一つの課題です。解決策がなければ、スクレイピングの仕事は非常に大変になります。

 

2)Webサイトの頻繁な更新についていく

 大手な求人サイトは、通常、毎日毎時に求人情報を更新します。更新の頻度に応じて、いつも最新の情報を収集しようとしたら、毎日、あるいは1時間ごとにクローラーを起動しなければならないのです。これは、いつも最新の情報を手に入れたい人にとって、最大な難題です。

 

3)膨大なデータのスクレイピングには時間がかかる

 求人検索エンジンには、何万以上の情報量があるかもしれません。このような膨大な情報を処理すれば、結構時間がかかります。または、膨大なデータは、Webスクレイピングのパフォーマンスが低下にする可能性があります。一つのサイトではそうですから、複数のWebサイトで情報を抽出するのが想像できません。

 

4)データの統合

 スクレイピングは、求人サイトの制作で一部の作業です。その他に、データをWebサイトのデータベースに統合することも不可欠な作業です。これは簡単なことではありません。多くの場合は専門家に頼む必要があります。

 

 以上の課題をうまく解決できなければ、Webスクレイピングの展開は困難です。しかし、幸いなことに、Octoparseというスクレイピングツールがこれらの課題を解決できます。これから、Webスクレイピングツールはどのようにこれらの課題を解決することを簡単に説明します。

 

4、Octoparseの解決策

 Octoparseは、ユーザーエクスペリエンスを重視するWebスクレイピングツールです。ユーザーが遭遇可能な問題を想定し、これらの問題を解決するように、いくつかの機能を組み込んできます。

 

 まず、Octoparseは誰でも簡単にWebスクレイピングすることを実現するために、数多くのテンプレートを用意しました。IndeedやFacebookなどのWebサイトも含めています。テンプレートを使えると、URLを入力するたけで、選定したWebサイトから情報を抽出することができます。または、手間がかからなくて、複数のWebサイトから求人情報を一括的にスクレイピングすることも可能です。

 

 頻繁に情報を更新するWebサイトに対して、Octoparseは、スケジューリングことによって、定期に自動的にデータを抽出することができます。一度タスクを開始すると、クローラーは定期に自動的に新しい求人情報をスクレイピングします。

 

 膨大なデータ量の場合は、Octoparseはクラウド抽出機能を備えています。クラウド抽出はローカル抽出に比べ、より高速でデータをスクレイピングできます。または、データはクラウドに保存され、いつでもデータをアクセスすることもできます。ローカルスペースも大幅に節約します。

 

 データが頻繁に更新されるため、最新のデータをWebサイトにアップロードすることも大変な作業です。Octoparseは、スクレイピングされたデータを指定のデータベースに直接送信するAPI接続を提供しています。 APIを通じて、タスクの管理だけでなく、データを直接コンピュータにエクスポートすることも可能です。

 

 

 

関連記事

 【完全初心者向け】求人情報を一括で自動的に取得する方法公開!

【作業効率化】無料で簡単に営業リストを自動作成する方法|今すぐ使える!

Facebook/Twitter/YouTubeのデータ収集方法&データ活用場面|実例からの解説!