logo
languageJPdown
menu

Google検索結果をスクレイピングする方法!手順や注意点を解説

約7分で読めます

情報収集の際にGoogle検索は一般的になりました。しかし、検索結果に表示された大量のデータを手作業で収集するのは非効率的です。そこで、役立つのが「スクレイピング」です。スクレイピングを活用することで、ウェブサイトから自動的に情報を抽出し、時間を節約することが可能です。

本記事では、スクレイピングの基礎、Google検索結果の取得方法、及び注意点について解説し、法的リスクを避けつつ効率的に情報収集を行うためのガイドを提供します。

スクレイピングとは?Google検索の取得は違法?

スクレイピングは、Webサイトから情報を自動抽出する技術で、多くの分野でのデータ収集を効率化します。しかし、インターネット上の情報を自動で取得することに違法性がないか不安に感じる方も多いでしょう。ここでは、スクレイピングの基本から違法性について解説します。

スクレイピングとは

スクレイピングは、Webサイト等で公開されている情報の中から、特定の情報だけを抽出するコンピューターソフトウェア技術です。この技術により、大量のデータから不要な情報を除外し、必要な情報だけを効率的に収集できます。

例えば、スクレイピングを活用することで、ブログのタイトルとURLの抽出、株価の収集、ネットオークションでの価格変動の追跡など、あらゆる情報の自動収集が可能です。

スクレイピング自体は違法ではない

スクレイピング自体に違法性はありません。Webサイトに公開されている情報を対象としており、極秘情報を不正に取得しているわけではないためです。

スクレイピングは、特定の情報を効率的に取得するための手段として使用され、実際に手作業で情報を収集する行為と同等とみなされます。実際に、スクレイピングは政府統計でも利用されています。

参照:消費者物価指数(CPI)へのウェブスクレイピングの活用について

Google検索のスクレイピングは規約違反になる

スクレイピング自体に違法性はありませんが、Googleでは利用規約で検索結果のスクレイピングを禁止しています。Googleは、検索結果ページやその他のプロパティをスクレイピングする行為を禁止しており、スクレイピングされたデータをサードパーティから購入することも禁じています。

このため、Google検索結果をスクレイピングする代わりに、Googleが提供する「Google Custom Search API」の利用が推奨されます。

Google検索結果を取得する方法

Google検索結果を取得するには、規約違反のリスクを避けつつ効率的に情報を収集する方法を選ぶことが重要です。ここでは、Googleが提供する公式APIの活用と、スクレイピングツールを用いた方法について解説します。

Google検索APIの活用

Google Custom Search APIは、Googleの検索結果をJSON形式で取得できるAPIです。このAPIを使用することで、特定のキーワードやドメインに対する検索結果をプログラムを通じて取得することができます。APIの利用は基本的に無料ですが、無料枠には限りがあり、それを超える利用には課金が必要になります。

検索結果を取得する際は、以下の5つのステップで行います。

  1. APIキーを取得する
  2. Custom Search APIの有効化する
  3. Custom Search Engine(CSE)を作成する
  4. Google API Client Libraries(例:Python)をインストールする
  5. APIを通じてGoogle検索結果の取得する

ただし、Google Custom Search APIを利用しても、実際のGoogle検索結果とは異なる場合があるため、完全に正確な検索順位を計測することはできません。また、無料枠は1日100クエリまでと限られており、それを超える利用には課金が必要です。無料枠のリセットは太平洋時間の午前0時に行われます。

スクレイピングツールの活用

スクレイピングツールは、Webページから情報を自動で抽出するソフトウェアのことを指します。これらのツールは、特定のWebページにアクセスし、HTMLやCSSの構造を解析して、必要なデータを収集します。市場には、OctoparseやBeautiful Soup、Scrapyなど、さまざまなスクレイピングツールが存在し、それぞれ特徴や利用シーンが異なります。

スクレイピングツールを使用する際の主なメリットは以下の通りです。

  • 手動でのデータ収集作業を自動化でき、大量のデータを効率的に収集することが可能
  • プログラミングの知識がなくても使用できるツールが多く、GUIベースで直感的な操作が可能
  • カスタマイズ性が高く、抽出するデータの種類や形式を柔軟に設定可能

Octoparseを使ったGoogle検索結果の取得手順

Octoparseは、Webスクレイピングを簡単に行うことができるツールです。このツールを使用することで、Google検索結果を含む様々なWebサイトから情報を自動的に抽出し、整理することが可能になります。ここでは、Octoparseを使用したGoogle検索結果の取得手順について説明します。

Octoparseとは

Octoparseは、プログラミングの知識がなくてもWebサイトからデータを抽出できる強力なWebスクレイピングツールです。ユーザーは、Octoparseの直感的なインターフェースを通じて、簡単にスクレイピングタスクを設定し、実行することができます。Octoparseは、データ抽出の自動化により、時間と手間を大幅に節約することを可能にします。

Octoparseテンプレートの操作手順

Octoparseのテンプレート機能を活用することで、誰でもかんたんにGoogle検索のスクレイピングが可能です。ウェブサイトでもアプリケーションでも利用できますので、ぜひ試してみてください。

https://www.octoparse.jp/template/google-search-scraper

1.事前準備:Octoparseをダウンロードし、お使いのOSにインストールします。

2.テンプレートの選択:Octoparseには多数のテンプレートが用意されており、特定のWebサイトやサービスに最適化されています。Google検索結果の取得には、Google検索に特化したテンプレートを選択します。

3.パラメータの設定:スクレイピングする情報の種類や範囲を指定します。例えば、特定のキーワードや地域に関する検索結果を指定することができます。

4.スクレイピングの実行:設定したパラメータに基づいてスクレイピングを開始します。Octoparseは自動的にWebサイトを巡回し、指定された情報を抽出します。

5.データのエクスポート:抽出したデータは、Excel、CSV、HTML、JSONなどの形式でエクスポートすることができます。これにより、データの後処理や分析が容易になります。

Octoparseを使用することで、Google検索結果からの情報収集を効率的に行うことができます。ただし、スクレイピングを行う際には、対象サイトの利用規約やロボット排除基準(robots.txt)を遵守することが重要です。

Google検索をスクレイピングをする際の注意点

Google検索結果のスクレイピングは、多くの情報を効率的に収集する強力な手段ですが、実行する際にはいくつかの重要な注意点があります。これらの注意点を理解し、遵守することで、法的な問題やGoogleからのアクセス禁止などのリスクを避けることができます。

個人情報の保護

スクレイピングによって収集されるデータの中には、個人情報が含まれている場合があります。個人情報の取り扱いには、各国のプライバシー保護法規(例:GDPRやCCPA)を遵守する必要があります。個人情報を収集する場合は、その目的、範囲、保護措置について明確にし、必要な同意を得ることが重要です。

著作権の尊重

Webページの内容は、その作成者や所有者によって著作権で保護されていることが多いです。スクレイピングによって得られたデータを再利用する際には、著作権を侵害しないよう注意が必要です。特に、商用目的でのデータ使用や公開する場合は、著作権者の許可を得るか、著作権法の範囲内での利用に留める必要があります。

アクセス過多への配慮

スクレイピングは自動化されたプロセスによって大量のリクエストを短時間に送信するため、対象のWebサーバーに過度な負荷をかけることがあります。これにより、サービスの品質が低下したり、最悪の場合はサーバーがダウンすることもあります。適切なアクセス間隔を設定し、サーバーへの負荷を最小限に抑えることが重要です。

ロボット排除基準(robots.txt)の遵守

Webサイトの管理者は、robots.txtファイルを通じて、自サイトがクローラーやスクレイピングツールによって訪問されることを許可するかどうかを指定できます。スクレイピングを行う前には、必ずrobots.txtを確認し、許可されていないページやコンテンツへのアクセスを避けることが必要です。

まとめ

Google検索結果のスクレイピングは、適切なツールと方法を用いれば、大量のデータを効率的に収集し、ビジネスや研究に役立てることができます。しかし、このプロセスには法的なリスクや倫理的な問題が伴うため、個人情報の保護、著作権の尊重、アクセス過多への配慮、ロボット排除基準の遵守など、注意すべき点が多くあります。これらのガイドラインを遵守することで、スクレイピングを安全かつ責任を持って行うことができます。

人気記事

トピックを検索する

今すぐOctoparseを始めて、業務効率化を実現しましょう。

ダウンロード

関連記事

  • avatarTakahashi
    Twitterは、全世界で月間3億3000万人のアクティブユーザー数を誇り、日本でも月間4500万人が利用する人気SNSです。幅広い年代に利用されていることから、国内企業・日本政府でも積極的にTwitterを活用しています。今や企業のマーケティング活動において、Twitterのデータ活用は欠かせません。 しかし、Twitterデータをどのように抽出すれば良いかわからない方も多いはずです。そこで本記事では、Twitterからデータを抽出する方法を紹介します。 ここで紹介する方法は無料で活用できる上に、かんたんな操作だけでデータ抽出が可能なので、作業時間の短縮や業務生産性の効率化につながります。Twitterデータを上手に活用して、自社のマーケティング活動の精度を高めましょう。
    2023.11.30 · 5 min read
  • avatarMashroomcat
    Twitterには毎日、全世界から何百万人ものユーザーが、顔出しなし、無記名で投稿したり閲覧したりを繰り返しています。その数は、全世界で月間3億3000万人以上といわれており、日本だけでも月4500万人もの人が利用しています。これらのデータをもし簡単に収集して分析できるとしたら、試してみたいと思いませんか?今回はTwitterの投稿の中に良く見かけるハッシュタグを利用したデータ分析方法についてご紹介します。
    2023.07.25 · 6 min read
  • avatarMurata
    人工知能に興味があるエンジニアやAIエンジニアなどが、最近多く利用しているのがOpenAIのコミュニティサイトです。OpenAIのコミュニティサイトには、さまざまなトピックがあり、利用者からのコメントが多く投稿されています。このOpenAIのコミュニティサイトから、自分が目的とするデータを抽出するには、どうしたらいいでしょうか。この記事では、OpenAIのコミュニティサイトからデータを抽出する方法について解説します。
    2023.02.27 · 7 min read
  • avatarKouyama
    App StoreはApple社製のデバイスに向けたアプリケーションを配布するプラットフォームです。非常に多くのアプリが集められており、アプリについてのランキングやレビューは、アプリケーション開発者やWebコンテンツ作成者にとって利用価値の高いデータといえます。本記事では、ローコードスクレイピングツールOctoparseを利用してApp Storeアプリのレビュー情報を取得する方法について紹介します。
    2023.02.20 · 6 min read