iPhone 14 発表!Twitterをスクレイピングして世論分析してみた

日本時間の9月8日午前2時に開催されたAppleイベントにより、iPhone 14の全容が発表されました。毎年恒例の行事となった同イベントにおいて、最新iPhoneを買おうか買うまいか、悩んでいる方は多いでしょう。購入の判断材料として、iPhone 14に対する世論が気になるところです。そこでTwitterをスクレイピングして、iPhone 14の発表情報に対する世間の反応を分析してみました。

今回はiPhone 14をテーマにしていますが、Octoparse(オクトパス)を使えばTwitter上にある、あらゆる投稿データをわずか数分で入手できますので、ビジネス活用の参考にしてみてください。

Octoparse(オクトパス)とは?

iPhone 14がいよいよ発表!9/16発売へ

iPhone 14に対する世間の関心を調べてみた

Octoparseでスクレイピングする

【結果】iPhone 14に対する世間の意見は厳しい!?

Octoparseなら誰でも簡単にTwitter分析ができる

Octoparse(オクトパス)とは?

Octoparseはプログラミングスキルを持っていない方でも、簡単にスクレイピングが行えるツールです。ちなみにスクレイピングとは、WebサイトやWebサービスから指定したデータだけを抽出し、効率良く情報収集するための技術を意味します。

今回ご紹介するように、Octoparseのスクレイピングテンプレートを利用すればTwitter以外のWebサイトやWebサービスから幅広く情報取集できます。「データドリブン(データに基いた判断・行動)」が重視されている現代ビジネスにおいて、Octoparseは欠かせないツールの1つです。

iPhone 14がいよいよ発表!9/16発売へ

まずは、Appleイベントにて発表されたiPhone 14情報を、iPhone 13と比較しながら簡単におさらいしましょう。

比較項目

iPhone 13

iPhone 14

発売日

2022年9月16日(金)

2021年9月24日(金)

販売価格

(Appleストア)

98,800〜122,800円

119,800〜164,800円

カラー

ミッドナイト, スターライト, ブルー,

(PRODUCT)RED, パープル

ミッドナイト, スターライト, ブルー

PRODUCT(RED), ピンク, グリーン

画面サイズ

6.1インチ

解像度

2,532 x 1,170ピクセル

(460ppi)

ディスプレイ

Super Retina XDRディスプレイ

リフレッシュレート

60Hz

ストレージ容量

128GB/256GB/512GB

プロセッサ

A15 Bionic

カメラ性能

デュアルカメラ(広角ƒ/1.5, 超広角ƒ/2.4)

メインカメラ:1,200万画素

インカメラ:1,200万画素

スマートHDR 4

Photonic Engine

インカメラがオートフォーカスに対応

デュアルカメラ(広角ƒ/1.6, 超広角ƒ/2.4)

メインカメラ:1,200万画素

インカメラ:1,200万画素

スマートHDR 4

ビデオ撮影

4Kビデオ撮影

シネマティックモード搭載(最大4K HDR, 30fps)

アクションモード

4Kビデオ撮影

シネマティックモード搭載(1080p, 30fps)

生体認証

Face ID(顔認証)

防塵・防水性能

IP68

端子

Lightningコネクタ

安全機能

緊急SOS

衝突事故検出

緊急SOS

大きさ

(高さ×幅×厚さ)

146.7×71.5×7.80mm

146.7×71.5×7.65mm

重量

172g

173g

iPhone 14とiPhone 13をざっと比較すると、上記のようになります。赤字部分がiPhone 13からアップデートされた部分です。少々地味なアップデートではありますが、「衝突事故検知」など革新的な機能も追加されています。

ちなみにiPhone 14の他に、Plus・Pro・Pro Maxの3機種が発表されていますが、今回はiPhone 14を中心にスクレイピングを行なっていきます。

iPhone 14に対する世間の関心を調べてみた

iPhone 14の世論分析を行なってみたところ、なかなか面白い事実が判明しました。それでは、世論分析を行う方法から順を追って解説していきます。

世論分析を行う方法

Twitterを使ってiPhone 14に対する世間を調べる方法は3つあります。

投稿を1つひとつ確認する

確実な分析方法ですが、あまりにも時間がかかってしまうため現実的ではありません。100件も分析すれば挫折してしまうことでしょう。また、世論分析には膨大なデータを収集しなければならないため、データ量の観点からも適切ではない方法です。

Yahoo!リアルタイム検索を利用する

Yahoo!リアルタイム検索とは、Yahoo! JAPANが提供しているトレンド把握ツールです。検索窓に調べたいキーワードを入力すると、該当する最新ツイートや時間ごとのツイート数、感情の割合などがわかります。例えば「iPhone 14」と入力すると次のように結果が表示されます。


感情の割合にてネガティブな意見が82%を占めていることがわかります。しかし、世論分析としては1人ひとりの意見を吸い上げることはできません。

Octoparseでスクレイピングする

前述のように、Octoparseならスクレイピングテンプレートを使って誰でも簡単に世論分析が行えます。調査したいキーワードを入力するだけなのでITに苦手意識がある方でも大丈夫。それでは、Octoparseを使ってiPhone 14に対する日本の意見をチェックしていきましょう。

Octoparseでスクレイピングする

用意するもの

スクレイピングにあたって用意するものは「パソコン」「インターネット環境」「Octoparseのアカウント」のみです。Octoparseのアカウントはこちらからご登録いただけるので、まだアカウントをお持ちでない方は登録しましょう。

アカウント登録が完了したらダウンロードページよりOctoparseソフトをダウンロードし、インストール、ログインを行ってください。

Twitterのスクレイピングテンプレートは有料プラン限定の機能なので、こちらのページに従って14日間無料トライアルの申し込みを行います。以上で、Twitterをスクレイピングする準備が整いました。

※無料アカウントの場合、Twitterのスクレイピングテンプレートはご利用いただけません

Octoparseでスクレイピング

それでは、Octoparseを使ってTwitterをスクレイピングしていきます。Octoparseを起動したら「人気テンプレート」にある「Twitter」をクリックします。

さらに、「Tweets by keywords/ hashtags_Twitter」をクリックします。

続いて「今すぐ使う」をクリックします。

基本情報やパラメーターを入力する画面が表示されるので、必要な情報を記入します。

パラメーターの「keywords/ hashtags」には検索したいキーワードまたはハッシュタグを入力してください。ちなみに今回は、以下の条件でキーワード検索を行うようになっています。

<検索条件>

  • 投稿文に「iphone 14」を含む
  • 日本語ツイートのみに限定
  • リンク付きを含まない
  • リツイートを含まない
  • 2022年9月9日以降の投稿

このような複雑な検索条件を設定したい場合は、Twitterが提供している高度な検索を活用しましょう。

条件を設定し「検索」をクリックすると、条件にマッチしたツイートのみが表示されます。画面上部の検索窓には検索条件を表す文字列が表示されるため、これをコピーしてOctoparse画面の「keywords/ hashtags」に入力しましょう。

「Scroll-down times」に数字の100を入力し、「保存して実行」をクリックすると実行環境を選択する画面が表示されます。

Twitterのスクレイピングテンプレートは有料プランのみの機能なので、ここではクラウド抽出の「通常モード」をクリックします。

これでOctoparseの設定・実行は完了です。あとはスクレイピングが終わるまで数分待ちましょう。

【結果】iPhone 14に対する世間の意見は厳しい!?

さて、先ほどの手順でスクレイピングを実行すると、次のような画面で進捗状況が確認できます。

今回はわずか1分46秒でスクレイピンが完了しました!「データをエクスポート」をクリックし、任意の形式で収集したデータをダウンロードしましょう。

そしてこちらが、Googleスプレッドシートにコピーして体裁を整えたデータです。

テキストマイニングで世論分析する

続いてTwitterから抽出したデータのうち、「ツイート内容」の部分をテキストマイニングツールに貼り付けて分析していきます。

ワードクラウドの結果

ポジネガ&感情の結果

このように分析してみると、iPhone 14に対しては厳しい意見が多いと見られます。ネガティブな意見はポジティブな意見の3倍多く、感情の中で最も数値が高いのは「悲しみ」でした。期待値が高かっただけに、円安に伴うiPhone 14の価格高騰を嘆いている方が多いようです。

ドルベースではiPhone 13から価格据え置きになっているだけに、コロナ禍や昨今の世界情勢を恨む他ありません。

一方で、「すごい」「欲しい」「買い替える」などポジティブな意見もあり、やはり日本にはiPhone好きなユーザーが多いことが伺えます。また、新色となった「パープル」への注目度も高まっていますね。Octoparseで抽出したデータがあればテキストマイニングツール以外の分析ツールを使った分析・調査も行えます。

Octoparseなら誰でも簡単にTwitter分析ができる

今回ご紹介したように、Octoparseを使えば誰でも簡単にTwitter分析が行え、例えば次のようなシーンで利用できます。

  • 企業名・ブランド名に対するポジネガ分析を行う
  • 自社商品・サービスに対する注目度をチェックする
  • 市場における競合他社の存在感をチェックする
  • 1カ月に1回の定期分析で世論を変化を把握する
  • トレンドを知り今後のビジネス戦略に取り入れる

多くのユーザーにとってTwitterは日常であり、日々のさまざまな感情をツイートに載せています。Octoparseを使ってTwitterをスクレイピングすれば、アンケート調査よりも圧倒的に少ない時間と労力で、ユーザーの心情や世間のトレンドなどが把握できるのです。

この機会に、Octoparseを使った「データドリブン」なビジネス意思決定を始めてみてはいかがでしょうか?