2022年オススメの価格調査ツール10選

消費者がオンラインサイトで商品やサービスを注文する際、価格や仕様を比較したり、商品に関する詳細な情報を集めたりするもの。特に高価の商品を買う時などは、より慎重になるため口コミなども含めてじっくり検討するでしょう。

とりわけ、購買の判断基準の中で、最も大きなファクターなのが「価格」です。そのため、出品者側にとって価格設定は重要であり、名経営者の稲盛和夫氏も「値決めは経営である」という言葉を残しています。

そして、適切な価格設定のために重要なのが「価格調査」です。しかし、オンラインサイトで競合製品の値段を1つずつ確認するのは非効率でしょう。そこでおすすめなのが、価格調査ツールです。本記事では、価格調査の基本から価格調査ツール10選を紹介します。

目次

価格調査とは?

Webスクレイピングツール3選

価格監視プラットフォーム/ソフトウェア7選

価格調査とは?

価格調査(価格モニタリングや価格監視とも呼ばれる)とは、自社製品・サービスの価格やライバル製品の価格を分析して、価格戦略を最適化につなげることです。価格調査によって、自社の値付けと相場に乖離がないか把握できます。とりわけECサイトでは価格が常に変動しているため、リアルタイムでの情報収集が大切です。

価格調査が役立つシーンとは

価格調査はビジネスにおけるあらゆるシーンで役立ちます。大きく分けると「自社内部分析」と「市場競争分析」があります。

自社内部分析

自社内部分析は、過去の購買データをもとに分析して価格を決める手法です。過去の価格情報をモニタリングによって、消費者が妥当と感じる価格帯や、価格変化に伴う「意思決定の動き」を捉えられます。どの商品が、どれくらいの価格で売れているかを把握することで、「消費者ニーズを満たした価格設定」につなげられます。加えて、ブランド価値や製品機能を高められれば、他社製品との差別化につながり、利益の最大化に役立ちます。

市場競争分析

市場競争分析は、競合店の価格やキャンペーン動向などを分析して価格を決める手法です。競合他社が自社と同じようなサービス・商品を展開している場合、相場と乖離があると消費者が競合に流れてしまう可能性があります。

そのため、競合他社情報の調査・分析は不可欠です。収集された情報に基づいて、市場内で自社がどのような立ち位置なのかを把握できます。

Webスクレイピングツール3選

Webスクレイピングツールは、予算が限られている中小企業や小規模事業者にとって、最も手軽でコストパフォーマンスの高いツールです。価格調査の他にも、リードナーチャリング、リスク管理、学術研究、市場分析といったように活用の幅が広いことが特徴です。業界・業種を問わずあらゆるビジネスで使えます。

1.Octoparse

 

  • タイプ:クライアント
  • 料金: 月額$ 0〜$ 249から
  • 無料トライアル: あり(14日間)
  • 導入事例: Webスクレイピングによる価格戦略・価格の決め方

Octoparse(オクトパス)は、ノーコードで扱えるWebスクレイピングツールです。直感的な操作だけで、あらゆるWebサイトのスクレイピングプロセスを構築・実行できます。さらに、あらかじめワークフローが設計されている「タスクテンプレート」を使用すれば、URLを貼り付けるだけでAmazonや価格ドットコムなどのECサイトから価格情報を取得できます。

下図は実際にOctoparseテンプレートを使って取得した「価格ドットコム」の掲載データです。わずか数分で1,000件以上の商品データを抽出できました。

2.Mozenda

Mozendaは、クラウドベースのWebスクレイピングツールです。歴史のあるソフトウェアですが、古臭さを感じない見栄えの良いUI(ユーザーインターフェース)を持ち、Webスクレイピングに必要な機能を十分に備えています。

3.Import.io

Import.ioは、あらゆるWebサイトを自動的に構造化データに変えるWebスクレイピングソフトウェアです。Import.ioは優れたガイド付きインターフェースを持っており、JSON RESTベースとストリーミングAPIを通してリアルタイムのデータ検索をサポートします。様々なシステムで動作するWebアプリケーションです。

価格監視プラットフォーム/ソフトウェア7選

価格監視プラットフォーム/ソフトウェアは、主にECサイト業界の価格監視と追跡に使われています。価格調査に役立つあらゆる機能が備わっています。また費用は従量課金制である場合が多いため、Webスクレイピングツールと比べてコストが掛かる可能性があります。必要に応じて問い合わせ・見積りを取得するようにしましょう。

1.Data Crops

Data Cropsは、2004年に設立されたインドの認定ソフトウェア企業であるAruhat Technologiesが提供している価格監視プラットフォームです。コアコンピタンスに裏付けられた継続的なビジネス改善と革新のための技術を提供するというビジョンを持っています。

<特徴>

  • 異種のデータ収集が可能
  • 画像、ドキュメントの抽出が可能

<料金>

  • カスタマイズ(要見積もり)、無料トライアルなし

<メリット>

  • Data Cropsはビジネスインテリジェンスから価格設定および価格変更ツールまでをカバーする
  • 使いやすい操作画面

<デメリット>

  • 制限ありのデータ抽出
  • 時々データを抽出できない場合がある

2.Prisync

Prisyncは、Eコマースビジネス向けの競合他社価格追跡および動的価格設定ソフトウェアです。世界中のWebサイトから価格情報を自動で調査し、自由度が高いので設計次第で柔軟な使い方ができるようになります。

<特徴>

  • 価格再設定エンジン
  • 包括的なレポート
  • 頻繁な更新
  • 無制限の競合他社
  • 高度な分析

<料金>

  • 月額$59〜、無料トライアルあり(14日間)

<メリット>

  • 製品のラインナップ支援から、価格戦略を作成まで全方向リアルタイムの価格更新
  • メール通知を受け取れるなど、より自社の仕様に合わせて柔軟に構築できる

<デメリット>

  • 安定した効率的なモデルの構築は難しい
  • かなり技術的なスキルが必要

3.Omnia Retail

Omnia Retailは、製品の品揃えの管理、価格設定、マーケティング戦略の構築を支援する自動化ツールを提供します。

<特徴>

  • カスタマイズされた価格設定ルール
  • 価格弾力性の計算
  • エンドツーエンドの自動化
  • 完全な透明性

<料金>

  • カスタマイズ(要見積もり)、無料トライアルあり

<メリット>

  • 監視モデルを柔軟に設定できる
  • ソフトウェアの仕組みを説明し、適切なアルゴリズムを推奨するため使いやすい
  • 完全なトレーニングシステム

<デメリット>

  • 中小企業には月額利用料が高額
  • オンライサポートは営業時間のみ

4.Price2Spy 

Price2Spyは、eコマースの専門家によって設計されたオンライン価格監視ツールです。

<特徴>

  • 価格比較
  • メールによる通知
  • レポートと価格分析
  • スマートスパイダー
  • API連携

<料金>

  • 月額$ 19.95から、無料トライアルなし

<メリット>

  • iOSとAndroidデバイスの両方で利用でき、Webアプリのバージョンもある
  • 製品の品揃えを幅広くカバーし、時間内に提案を提供する

<デメリット>

  • 価格情報がリアルタイムに更新されない(同期の問題)
  • ダッシュボードがやや使いにくい

5.Skuuudle

Skuuudleはインテリジェントなモニタープラットフォームで、価格を競合他社の価格と自動的に比較できます。Skuuudleを活用して、特定の市場価格を詳細に理解すれば、価格と製品に関する洞察力を身につけるのに役立ちます。

<特徴>

  • データ収集、製品のマッチング精度が高い
  • 直感的で使いやすい分析画面
  • クラウドベースなので場所を選ばない

<料金>

  • 月額$ 89から、無料トライアル

<メリット>

  • エンドツーエンドの視覚化価格監視プラットフォーム
  • 完璧な精度で時間通りにデータを取得
  • 月次報告書を提供する

<デメリット>

  • オンライサポートは営業時間のみ

6.Repricer

Repricerは、Amazonの価格変更に焦点を当てた価格監視ツールです。

<特徴>

  • 価格再設定
  • 競合他社分析(Amazonセラーのみ)
  • 柔軟なルール設定

<料金>

  • 月額$ 69から、無料トライアルあり(14日間)

<メリット>

  • 11のAmazon国際市場をサポート
  • Amazonのショッピングカート(BuyBox)戦略を最適化
  • ユーザーフレンドリーなナビゲーション

<デメリット>

  • Amazonの出品者にのみソフトウェアとサービスを提供する
  • 価格情報は時間内に更新されない(同期の問題)

7.Minderest

Minderestは、小売業者と製造業者の両方を対象とした価格および品揃えのインテリジェンスセクターの先駆的企業です。

<特徴>

  • モバイルアプリを備える
  • ブランド監視サービス

<料金>

  • カスタマイズ(要見積もり)、無料トライアルなし

<メリット>

  • 小売業だけでなく、ブランドにも監視サービスを提供する
  • モバイルアプリがサポート
  • API抽出が利用可能
  • クライアントサポート:電話、アプリケーション内チャットインターフェイス、またはメール

<デメリット>

  • アカウントが必要な売り手だけが価格を取得できる
  • 情報の更新が遅い

まとめ

本記事では、価格調査に役立つ価格調査ツール10選を紹介しました。価格監視プラットフォーム/ソフトウェアは高度な調査・分析が可能ですが、その分費用が高額なので、どちらかいえば高度な分析を行うデータ企業や大手企業向けのサービスといえます。

面倒な設定をせずに手っ取り早く価格調査を行いたい場合はWebスクレイピングツールがおすすめです。特にOctoparseはテンプレートが豊富な上、無料プランから利用できますので、ぜひ一度試して見てください。自動化ツールを活用して、手間のかかる調査作業を行わずに、より効率的なマーケティング施策を行っていきましょう。

関連記事

便利すぎ!Octoparseを使って商品データを自動収集してみる(Yahoo!ショッピング編)

Googleショッピングから商品情報をスクレイピングする方法

【ECデータ活用】ビジネスの競争力強化に不可欠!リアルタイムデータ収集の方法は?