【2022最新】RPAとは?おすすめのRPAツール比較15選!機能・価格・特長まで解説

RPAとは、人間が時間を掛けて行う業務を、手順や処理動作のルールに沿って自動化することを表す言葉です。RPAは「仮想知的労働者」や「デジタルレイバー(Digital Labor)」とも呼ばれ、近年では働き方改革や人手不足を解決する手段として多くの企業で活用されています。

RPAを導入するために注目されているのが「RPAツール」です。RPAツールを活用することで、難解なプログラミングを組まなくとも、直感的な操作だけであらゆる定型業務の自動化を実現します。

RPAツールを導入することで、人間はより付加価値を生み出す業務に対応できるようになります。近年、AI技術・機械学習技術の進歩により、高度な分析や人間に近い水準の意思決定まで対応できるようになりました。そこで本記事では、最新のRPAツール15選を紹介していきます。

 

RPAとは?

そもそもRPA(Robotic Process Automation)とは、「ロボットによる業務の自動化」「仮想知的労働者」と訳され、これまで人間が手作業で行ってきた定型業務をロボットが代行、自動化することです。

たとえば、レポート作成業務は、データ収集→データ統合→分析→レポート出力といった一連の作業の流れ(シナリオ)があります。RPAツールでは、それらの手順・動作ルールを記憶することで、その後はそのシナリオに基づいて、新たなデータを取り込むだけで、レポート出力までの流れを自動化します。

今まで手作業で行っていた業務プロセスの処理にかかる時間を大幅に短縮し、業務効率を向上させることができます。

RPAツールが得意とする業務例

RPAツールを活用して自動化できる業務には次のようなものが挙げられます。

  • インターネット上のWebページの情報収集
  • Excelやスプレッドシートへのデータ入力
  • データの集計・レポート出力
  • 名刺データの取り込み・顧客データ管理
  • 見積書・請求書の発行
  • 帳簿入力・伝票の発行
  • メルマガの一斉送信
  • Webサイトの更新
  • 文章の添削・修正

ここで紹介した業務はあくまでも一例です。現在ではAI技術が進化し、さらに高度・複雑な業務にまで拡大しています。人間が行うよりも、早く・正確であるため、今後ますますRPAの活用の場は広がっていくと予想されています。

RPAツールを導入する4つのメリット

従来人の手で行っていた作業を、RPAツール導入によって自動化することはあらゆる恩恵をもたらします。ここではRPAツールを導入することによって得られる主なメリットを4つ紹介します。

人件費や事務コストを減少できる

データ入力や事務作業など、本来人員が配置される業務をRPAに代替することで、人件費が不要です。人間の場合は法定労働時間の定めによって、稼働時間制限がありますが、RPAの場合は365日24時間稼働するため、稼働時間に伴う人件費の変動がありません。

また、RPAによる自動化によってデータ化が進むため、紙の印刷や資料郵送などに掛かる経費もカットできます。

付加価値の高い業務に専念できる

RPAによって定型業務が自動化されることで、担当者には時間的リソースが生まれることになるため、分析や新たな企画立案など、より付加価値の高い業務に専念できます。これにより一人の担当者は複数の業務を掛け持ちできるようになるため、より広い視野を持ち、企業全体の生産性向上につなげることができます。

ミスを防止できる

RPAは、あらかじめ決められたルールに従って稼働するため、作業の抜け漏れや入力誤りといったヒューマンエラーがありません。人間のように体調や気分によって生産性が変動することもないため、開始から完了までの作業時間の見立ても正確になります。

人材不足に対応できる

RPAツールを活用することで、より少ない人数でも仕事が回るようになるため、人材の配置変えや人手不足の解消につながります。人材を新たに配置する場合は、採用活動に掛かるコスト・教育に掛かるコスト・給与の支払いなど、様々なコストが掛かります。定型業務をRPAに任せることで、限られた人員でも事業が円滑に回るようになるため、生産性向上につながります。

 

RPAツール比較15選

企業の業務効率や人手不足の課題を解決するために、RPAツールの導入も加速しています。以下はRPAツールを15選まとめました。

1. UiPath

<概要>

UiPathは、RPA業界で世界的なトップベンダーです。2017年に日本法人を設立して以来、日本で急速にシェアを伸ばしている注目のRPAツールです。UiPathは機能が豊富にある自動化ツールを開発する環境を提供しており、簡単にロボットでの業務の流れが構築できます。

<特長>

  • 世界で75万人が活用するRPA世界シェアNo.1ツール
  • トラブルシューティング集や、無料で学べるオンライン学習サービスが充実
  • 複数のAIで業務自動化すべき作業の発見から、実装・効果検証まで一貫して実行

<価格>

  • 60日間の無料トライアル
  • 有料版は要見積もり

 


2.WinActor

<概要>

WinActorはNTTグループによって開発された純国産RPAツールです。サービスインフラ・ソフトウェア通信・金融などの業界でよく導入され、日本国内でシェアNo.1となっています。業務の手順を「シナリオ」として記憶し、同じ操作を何回でも繰り返し実行することができます。

<特長>

  • NTTグループが研究・開発を手掛け、国内RPAシェアNo.1の実績
  • 完全日本語対応で、プログラミング知識も不要
  • Office製品、からスクラッチ開発の独自システムまで対応

<価格>

  • 60日間の無料トライアル
  • 有料版は要見積もり

 


3. BizRobo!

<概要>

BizRobo!は、ホワイトカラーの生産性を革新するソフトウェアロボット「デジタルレイバー(Digital Labor)」の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。ソフトウェアはインストールせずWebサーバーを1台用意するだけで、複数のロボットを作成でき、同時に運用することができます。そのため、大規模なウェブアプリケーションに適しています。

<特長>

  • ドラッグ&ドロップ操作で、ロボットに覚えさせる業務フローの作成が可能
  • 株価推移の管理、通販サイト価格調査、在庫管理、商品登録などあらゆるシーンで利用可能
  • 日本語によるトレーニングコンテンツも充実しており未経験者でも扱いが容易

<価格>

  • 1ヶ月の無料トライアル
  • 有料版は要見積もり

 

4.Octoparse

<概要>

Octoparse(オクトパス)は、「Webスクレイピングツール」とも呼ばれる、Webデータ抽出を自動化するRPAツールの開発・提供を手掛けています。従来、Web上のデータを収集する際は、プログラミングによるシステム開発や、手作業でコピー&ペーストが必要でした。Octoparseを活用することで、プログラミングを使わずにノーコードで誰でもかんたんに任意のデータ抽出を自動化するRPAを作成できます。

さらにOctoparseではデータ抽出をより手軽に実行するために、Webスクレイピングテンプレートを提供。このテンプレートには、Amazon、楽天市場、Twitterなど数多くのRPAプログラムが内蔵されており、パラメータ(対象WebサイトURL、検索キーワードなど)を入力するだけで、データが抽出されます。

データ抽出のスケジュール設定も可能なので、リアルタイムのデータを自動で抽出し、常に最新情報に保つことができます。取得したデータは、Excel、HTML、CSVのような構造化フォーマットや、指定のデータベースに保存されます。

<特長>

  • 任意のWebサイトから指定したキーワードやデータを自動で収集するWebスクレイピング
  • アカウント登録後すぐに使えるWebスクレイピングテンプレートあり
  • 基本的な機能を備えた、期間制限なしの無料プランあり

<価格>

  • フリープラン:月額無料(期間制限なし)
  • スタンダード:75$/月(年間契約の場合)
  • プロフェッショナル:209$/月(年間契約の場合)
  • エンタープライズ:要見積もり

※有料プランは無料トライアル期間あり

 

 

5. Blue Prism

<概要>

Blue Prismは、RPA開発で18年以上の歴史を持つ老舗RPAツールベンダーです。高度な管理機能を提供するBlue Prismは、内部統制を強化し、社内で稼働する複数の RPA ロボットを一元管理することができます。運用管理者向けのダッシュボードで、ロボットの稼働状況や様々なKPIが可視化されるため、管理・修正が可能です。

<特長>

  • 実行ログだけでなく監査ログも取得できるため、ロボットの修正履歴の管理が可能
  • 社内開発された、APIのない業務アプリケーションでも連携できる高い汎用性
  • 金融機関や医療機関などの規制産業でも導入実績を誇る高度なセキュリティ機能

<価格>

  • 30日間の無償評価版あり
  • 有償版要見積もり

 

6. Automation Anywhere

<概要>

Automation Anywhereは米国シェアNO.1の実績を持つサーバー型RPAツールです。機械学習と自然言語処理技術を用いて柔軟な動作が可能。定型業務だけでなく、一部の非定型業務の自動化まで実現します。Automation Anywhereは、ソフトウェアボットと共に構成されWindows 環境で稼働し、主な設定は、タスクエディタにより、 自動化したい作業ステップを記録し、スクリプトを作成します。

<特長>

  • 一般的な定型業務タスクを自動化する数十種類タスクテンプレート
  • 高度な機能を備えたオプションにより外部アプリケーションとの統合が可能
  • 央管理型のシステムを提供しており、複数のロボットの一元管理を実現

<価格>

  • 30日間無料体験版あり
  • Community Editionは無料で利用可能(スモールビジネス向け)
  • 有料版は要見積もり

 

7. NICE

 

<概要>

NICEは、元々コールセンター業務を支援するために生み出されたRPAで、顧客管理の効率化に役立つツールです。NICEは単なるRPA製品ではなく、半自動ロボ、業務プロセス可視化ツールを含めた総合的な業務効率化ツールです。光学式文字認識(OCR)、チャットボット、AI技術によって、業務プロセスにおける、単調な繰り返し作業の自動化に役立ちます。

<特長>

  • OCR、チャットボット、AI技術であらゆるカスタマーサービスの単純作業を自動化
  • デスクトップ型のツールだけではなく、サーバー上の処理作業にも対応可能
  • 対話音声を認識し、顧客データを自動作成するデスクトップモニタリング機能

<価格>

要見積もり

 

8. WorkFusion RPA Express

<概要>

WorkFusionは米国発のAIによる自動化プラットフォームを提供するITベンダーです。WORKFUSION ENTERPRISEでは、1つの自動化プラットフォームで複雑なワークフローを、ノーコード・ローコード作成が可能。レコーディングボタンを押すだけでタスクを自動化できます。

日本語対応はありませんが、各国のコミュニティフォーラムがあるため、操作に困ったときは質問を投稿することが可能です。

<特長>

  • RPAをはじめとしたあらゆる機能でオムニチャネルを強化
  • VeracodeおよびISO/IEC認証による高水準のセキュリティ体制
  • 自動化トレーニング、専用サポート、コミュニティフォーラムによる学習環境

<価格>

  • 要見積もり

 

9. ROBOWARE

<概要>

ROBOWAREは、定型化された業務プロセスの実行を自動化するRPAソリューションです。ROBOWAREの大きな特徴は柔軟なカスタマイズ性。自動化できる作業範囲が広いため、より複雑な業務プロセスの自動化に対応します。

さらにROBOWAREは画面上に表示されるテキストや画像をそのまま認識でき、キーボードとマウスを用いた直感的な操作だけで自動化を実現します。

<特長>

  • PHP、 Ruby、Java、C#など複数言語と多様なAPIによる自社開発が可能
  • 表示されている文字を認識して、処理を可能にする画面表示認識機能
  • キーボード入力したい画面の入力ボックスに自動的に文字列を入力

<価格>

  • 要見積もり


10. SynchRoid

<概要>

SynchRoidは「ITスキルが低い人材でも開発できるシンプルなRPA」をテーマにした、ソフトバンクが開発したRPAツールです。SynchRoidでは、開発画面をGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)で提供し、画面上のドラッグ&ドロップ操作主体のノーコードでRPAロボットの開発を実現します。

RPA開発がはじめての企業でも安心の導入支援や、専門スタッフによるトレーニングなどのサポートも充実しており、既存システムや外部アプリケーションとの連携が可能です。

<特長>

  • デスクトップ型、サーバー型にて提供
  • GUIによる開発環境を実現し、直感的な操作でRPA開発が可能
  • 専門スタッフによるRPA導入支援・トレーニングプログラムが充実

<価格>

  • 30日間無料トライアルあり
  • 有料版要見積もり


11.Verint

<概要>

VERINT RPAは、規則的で単純なビジネスプロセスを自動化するRPAソリューションです。操作方法を監視・自動記録する機能や、定型のコマンドを選択リストから選ぶことで、動作を補完する処理を実現します。VERINTでは、導入支援、カスタマーサポートだけでなく、ビジネスコンサルティング、アドバイザリーサービス、トレーニングなど、さまざまなサポート体制を提供しています。

<特長>

  • 画像認識技術による自動スクリプト作成
  • アドバンストコマンドにより複雑な業務処理を自動化
  • Webコンソール画面によるロボットの管理

<価格>

 

12. Pega Robotic Automation

<概要>

Pega Robotic Process Automationは、ビジネスの複雑性を解消する革新的なソフトウェアを提供し続ける米国のPega社が提供するRPAソリューションです。 Pega社は元々、BPMS(ビジネスプロセス管理)分野で米国トップシェアを誇る企業。同社が誇るBPMSのノウハウと、RPAによる業務の自動化により、業務プロセス管理のデジタル化の実現が可能です。

<特長>

  • アプリケーションの切り替えを瞬時に行い、顧客満足度を向上する Pega Attended RPA
  • 財務データの照合や顧客情報の更新といった単調作業の自動化を実現する無人RPAボット
  • すべてのプロセスで人間とロボットが連携するように設計されたPega Robot Manager

<価格>

  • 無料トライアルあり
  • 有料版要見積もり

 

13. Autoジョブ名人

<概要>

Autoジョブ名人は、2004年より10数年間蓄積してきたブラウザ操作の自動化技術を受け継ぎ、安定した稼働に定評ある国産RPAです。ブラウザ操作からWindowsアプリまで、業務プロセス全体の自動化に必要な機能を豊富に備え、取引先やWebサイト、社内システムとのデータ連携など、様々な業務を自動化します。

<特長>

  • 画面の構成要素である「タグ」による確実な項目指定で、高い安定稼働性を実現
  • ブラウザ操作・アプリ操作の自動記録に加え、タグ情報を自動で取得するシナリオ作成機能
  • シナリオ実行はスケジュール指定が可能。エラー時にはメールと画面キャプチャーで通知

<価格>

  • 2ヶ月間無料プランあり
  • Autoジョブ名人 開発版:600,000円
  • Autoジョブ名人 実行版:180,000円

 

14. Redwood Software

<概要>

Redwood Softwareは、デジタルプロセスの変換を加速し、手作業による業務コストを削減するRPAソリューションです。提供元のRedwood社では、ERP(Enterprise Resources Planning=企業資源計画)支援に長けており、Microsoft、Oracle、SAPをはじめとしたあらゆるERP システムと連携して、物流や電子取引、財務などあらゆる分野での作業の効率化を実現します。

<特長>

  • 組み込みのERPスケジューリングツールの制限を克服し、ERPエコシステム全体を自動化
  • 含まれているテンプレートとウィザードの豊富なライブラリで数分でプロセスを構築
  • 使用した分だけを支払う消費ベースの価格設定。機能拡張の制約なし

<価格>

  • 要見積もり

 

15. Softomotive

<概要>

Power Automateは、Microsoftが提供するRPAツールです。よく使うアプリやサービスとの間に自動化されたワークフローを作成し、ファイルの同期、通知の受信、データの収集などを行うことが可能です。WordやExcelなど、Microsoft製品を含む様々なアプリケーションと連携し、タスクの自動化を実現します。2020年には大手RPAベンダーのSoftmotive社を買収したことで、同社のRPAツール「WinAutomation」の機能も使用が可能となり、さらに自動化できる範囲が広がっています。

<特長>

  • 500種類を越えるサービスとのAPI連携を実現し、あらゆるデータの管理が可能
  • APIに対応していないデスクトップアプリケーションなどは「UI flows」で連携可能
  • Android、iOS用のモバイルアプリケーションが用意されており、場所にとらわれず利用可能

<価格>

  • ユーザーごとのプラン:1,630円/月額
  • アテンド型RPAのユーザーごとのプラン:4,350円/月額
  • フローごとのプラン:10,870円/月額

 

まとめ

今回はRPAツールのメリットから、最新のおすすめRPAツール15選を解説しました。RPAツールを活用することで、従来手作業で行っていた定型業務を自動化し、業務時間を大幅に短縮させることが可能です。

RPAツールによって機能や用途が異なるため、まずは現在の業務・タスクを洗い出し、自動化が実現できそうなものがないか整理することからはじめてみてはいかがでしょうか。もし、どういった業務が自動化ができるかがわからないといった場合は、Octoparseにご相談ください。当社のRPA専門チームが、お客様の業務自動化をサポートします。

また、WebスクレイピングツールのOctoparseでは、シナリオ作成不要でかんたんにスクレイピングを開始できる「テンプレート」も備わっています。テンプレートは無料から使えるので、ぜひ興味をお持ち頂いたかたは、早速登録からはじめてみてください。

 

関連記事:

働き方改革 |2021年注目の業務自動化ツール30選

2021年データ分析・データ可視化ツールおすすめの30選!

スクレイピングツールにオススメの10選【2021年更新】