最高のWebデータ収集ツール7選|初心者も使える

 

2020年10月Facebookはデータスクレピング行為で、許可なくFacebook、Instagram、Twitter、LinkedIn、YouTube、Amazonからデータを抽出し、それを販売する2社を裁判所に提訴した。では、データスクレイピングとは一体何ですか?それは違法なことですか?ということを答える上で、初心者にも使える最高のデータスクレイピングツールを紹介させて頂きたいと思います。

 

目次

1.データスクレピングとは

2.活用場面

  ∘価格の追跡

  ∘市場と競争力のあるインテリジェンス

  ∘ソーシャルリスニング

  ∘機械学習(ML)

  ∘Webサイトの移行

  ∘ニュースのモニタリング

  ∘コンテンツのパフォーマンス分析

3.Webスクレイピングツール

  ∘Octoparse

  ∘ScrapingBee

  ∘ScrapingBot

  ∘scrapestack

  ∘scraper API

  ∘ParseHub

  ∘Xtract.io

4.考察

 

1.データスクレイピングとは

データスクレイピングまたはWebスクレイピングは、Webサイトやアプリから情報を抽出し、それをスプレッドシートやローカルファイルに保存することです。

スクレピングという技術は違法ではありません。ただ目的と適用方法によって、違法の場合があります。法的にデータを抽出すれば、サービスの改善や仕事効率向上などいろんな場面で活用をできます。現在の社会で使いやすいスキルだと思います。では、データスクレピングは一体どのような技術でしょうか。スクレピングの強く機能を直接に感じさせるために、ここであるスクレピングのビデオを御覧ください。

ご覧の通り、収集されたデータは、各記事の名前、日付け、URL、コメント数及び公開されたコンテンツに関する詳細はすべての情報を抽出することが可能です。

 

 

 

2.活用場面

Webスクレイピングでは、繰り返しの入力やコピー貼り付けが必要がなく、広幅い領域や分野で活用することができます。たとえば、マーケティングの場合は、Webスクレイピングを利用すると、もっと効率的・効果的にマーケティングの戦略を実施することができます。

ここで、いくつかのデータスクレイピングの活用場面を紹介します。

①価格追跡

Amazonやその他のプラットフォームで製品とその価格に関する情報を収集することで、競合他社の価格をモニタリングし、価格戦略を最適化することができます。

市場および競争力のインテリジェンス

新しい市場へ参入しようとする際に、大量な市場情報を収集し、市場に対する評価と市場参入判断を行います。その場合は、データを収集して分析することによって、意思決定に役立ちます。

③ソーシャルリスニング

コンテンツマーケティングコンサルタントのTonyTran氏はソーシャルリスニングについて、こういうように定義しました。「ソーシャルリスニングとは、ソーシャルメディアのプラットフォームでブランドに関連する言及や会話を追跡し、それらを分析して洞察や行動の機会を得ることです。」この場合は、

Talkwalker、HootSuite、Brandwatchなどのプラットフォームはソーシャルメディアのリスニングと追跡することができます。

④機械学習(ML)

MLとAIはデータスクレイピングツールの性能を最適化することができます。WebスクレイピングとMLもAIを進化することができます。

Webサイトは機械学習にとって不可欠なデータソースです。公開データを大規模に抽出することで、機械学習に膨大なデータを提供することが可能です。

⑤Webサイトの移行

企業がサイトをよりよい環境に移行するのは珍しいことではありません。特に政府のWebサイトのような、大規模なWebサイトの場合は、Webスクレイパーを利用して、より安全に情報を移転することができます。または、従来のWebサイトから新しいプラットフォームにデータをすばやく簡単にエクスポートすることができます。

⑥ニュースのモニタリング

オンラインで毎日作成される情報の量が増えるにつれて、ニュースのモニタリングと分析はますます人気が高まっています。それは時間も節約できますし、より正確てきに関心のあるニュースをを追跡することもできます。

ニュースモニタリングのソースとしては、主にニュースサイト、Webサイト、レビューサイト、ブログ、およびソーシャルメディアが含まれます。

⑦コンテンツのパフォーマンス分析

ブロガーまたはコンテンツ作成者は、上記のビデオに示されていることに従って、Webスクレイパーを使用して、投稿、ビデオ、ツイートなどに関するデータをスプレッドシートにエクスポートできます。

  • これは単なるブラウザビューでデータを表示することに比べ、もっと便利です。そのメリットがいくつかあります。
  • リストの並べ替えと編集が可能です。
  • データベースに簡単に挿入できます。
  • 探しているものを簡単に見つけることができます。
  • データ視覚化ツールを利用して、抽出したテーブルをグラフに変換できます。

これらは、いいコンテンツを創作することに役立ちます。

 

3.Webスクレイピングツール

データをスクレイピングするには、ソースページを正しく解析し、JavaScriptをレンダリングし、使用可能な形式でデータを取得し、時にはフィルタリングも必要です。データスクレイピングツールを使うことは、手作業に比べ、もっと簡単にデータを入手することができます。技術的なことを知らなくても、プロセスもより迅速に機能します。

以下は、2021年に7つの最高のデータスクレイピングツールを紹介させていただきます。

 

Octoparse

Octoparseは、プログラミング技術を問わず、誰でも簡単に使えるスクレイピングツールです。octoparseではスクレイピングサービスの提供は有料と無料のプランがあります。

Octoparseにおける主な機能:

  • すべてのWebサイトに対処する:無限なスクロール、ページネーション、ログイン、ドロップダウンメニュー、AJAXなど機能があります。
  • Excel、CSV、JSON、APIを介して抽出されたデータにアクセスすることができます。抽出されたデータをデータベースに保存することもできます。
  • クラウドサービス:Octoparseのクラウドプラットフォームでデータをスクレイプやアクセスできます。
  • リアルタイムのスクレイピングが必要な場合は、1日、1週間、1か月の特定の時間に実行することができます。または1分ごとにスクレイピングタスクを実行したいなら、スケジュールを設定するだけで自動的にデータを抽出します。
  • IPがブロックされることを防ぐために自動IPローテーションをする。
  • ページの読み込み時間を最適化し、HTTPリクエストの数を減らすために、広告をブロックします。
  • 正確なデータを抽出するために、XPathとRegExセレクターを使用します。
  • WindowsとMacの両方のシステムをサポートします。
  • 無料プランはシンプルなプロジェクトに向け、標準プランはは月額75ドル、プロフェッショナルは月額209ドル、データサービスプランは月額399ドルから、スクレピングサービスプランは月額189ドルから。企業向けの料金体系もあります。

 

 ②ScrapingBee

ScrapingBee APIは、ヘッドレスブラウザーを処理し、プロキシをローテーションします。また、Google検索スクレイピング専用のAPIもあります。

ScrapingBeeにおける主な機能:

  • JSレンダリング
  • 自動プロキシローテーション(自動代理回転)
  • GoogleスプレッドシートやChromeウェブブラウザで直接使用できます。
  • Google検索スクレイピングをサポートします。
  • 1,000回のAPIは無料、フリーランスプランは月額29ドル、スタートアップのプランは月額99ドル、ビジネスのプランは月額249ドル、そして、企業向けの料金体系もあります。

 

③ScrapingBot

ScrapingBotは、さまざまなスクレイピングのニーズに合わせたAPIを提供します。たとえば、ページHTMLの取得、小売Webサイトのスクレイピング向けのAPI、不動産Webサイトから物件リストをスクレイピングするAPIなどです。

ScrapingBotにおける主な機能:

  • JSレンダリング(ヘッドレスChrome)
  • 高品質のプロキシ
  • フルページのHTML
  • 最大20の同時リクエスト
  • ジオターゲティング(Geotargeting)
  • ScrapingBot PrestashopではWebサイトを統合され、Prestashopダッシュボードから直接に競合他社の価格をモニタリングできます。
  • フリーランサープランは月額47ドル、スタートアッププランは月額120ドル、ビジネスのプランは月額361ドル、エンタープライズのプランは月額845ドル。

 

④Scrapestack

Scrapestackは、リアルタイムのWebスクレイピングREST APIです。数百万のプロキシIP、ブラウザ、CAPTCHAを処理し、ミリ秒単位でWebページをスクレイプできます。

Scrapestackにおける主な機能:

  • 同時APIリクエストが可能です。
  • CAPTCHAソルビングとJSレンダリングをサポートします。
  • HTTPS暗号化。
  • 100以上のジオロケーション。
  • 1,000リクエストプランはは無料です。基本プランは月額99ドル、プロフェッショナルプランは月額79.99ドル、ビジネスプランは月額199.99ドル、そして、企業向けの料金体系もあります。
  • スクレイパーAPI

 

⑤Scraper API

Scraper APIは、プロキシ、ブラウザ、CAPTCHAを処理します。Webサイトの統合は簡単です。 APIキーとURLを使用してGETリクエストをAPIエンドポイントに送信する必要があります。

Scraper APIにおける主な機能:

  • JSレンダリング
  • ジオターゲティング(Geotargeting)
  • 価格スクレイピング、検索エンジンスクレイピング、ソーシャルメディアスクレイピングなどのための住宅/モバイルプロキシのプールがあります
  • 1,000回のAPIは無料、趣味プランは月額29ドル、スタートアッププランは月額99ドル、ビジネスプランは月額249ドル、企業向けの料金体系もあります。

 

⑥ParseHub

ParseHubは、コーディングスキルを必要としないWebスクレイピングツールです。

ParseHubにおける主な機能:

  • 使いやすいグラフィカルインターフェイス。
  • Excel、CSV、JSON、またはAPIを介して抽出されたデータにアクセスできます。
  • XPATH、RegEx、CSSセレクター。
  • Tableauとの統合により、データの視覚化を提供します。
  • Windows、Mac、およびLinuxをサポートします。
  • 無料プランはあり、標準プランは月額149ドル、プロフェッショナルプランは月額499ドル、企業向けの料金体系もあります。

 

⑦Xtract.io

Xtract.ioは、AI、ML、NLPなどの技術を使用して柔軟なプラットフォームを構築しました。

Webデータ、ソーシャルメディアの投稿、PDF、テキストドキュメント、履歴データ、さらには電子メールをスクレイプして構造化し、消費可能なビジネス対応の形式にするようにカスタマイズできます。

Xtract.ioにおける主な機能:

  • 製品カタログ情報、財務情報、リースデータ、場所データ、会社と連絡先の詳細、求人情報、レビュー、評価などのデータをスクレイピングするための適切なソリューションです。
  • データ抽出プロセス全体を自動化するための事前設定されたワークフロー。
  • 完全性と正確性を実現するために、厳格なデータ品質を備えた事前に構築されたビジネスルールに対してデータをクリーンアップおよび検証します。
  • JSON、テキストファイル、HTML、CSV、TSVなどにエクスポートします。
  • プロキシを回転させ、CAPTCHAをバイパスして、リアルタイムデータを簡単に抽出できます。
  • カスタム価格モデルがあります。

 

4.考察

データスクレイピングには、膨大な量のデータをある場所から別の場所に移動するだけに限定されません。ソフトウェア開発者、データサイエンティスト、機械学習愛好家、マーケティング担当者、または、スタートアップのいずれであっても、この技術を活用することで、インテリジェンスと効率を高め、ビジネスを強化することができます。

現在の社会において、ビッグデータはますます重要な役割を果たしています。このビックデータをいかすために、すこしのデータ収集の技術をスキルアップし、Webスクレイピングツールの使い方法を身につけましょう。

 

 

 

 

関連記事

スクレイピングは違法?Webスクレイピングに関する10のよくある誤解

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用

Webクローラーツール20選|Webデータの収集を自動化できる