logo
languageJPdown
menu

【徹底解説】スクレイピングとは|初心者にも分かるWebスクレイピングに関する解説!

約8分で読めます

リスト作成やデータ活用に役立つ手法として「スクレイピング(Webスクレイピング)」が注目されています。しかしながら、スクレイピングとはどういった技術なのか、そもそも違法性はないのか、といったことに疑問を感じる方も多いはずです。

そこで本記事では、ノーコードスクレイピングツールを手掛けるOctoparse(オクトパス)が初心者の方に向けて、スクレイピングの基礎からわかりやすく解説します。

本記事をご覧いただくことでスクレイピングについておおよその理解ができますので、ぜひご覧ください。

Webスクレイピングとは

Webスクレイピングとは、Webサイトから大量の情報を自動的に抽出するコンピュータソフトウェア技術のことです。Webスクレイピングは、Webサイトやデータベースを探り、大量のデータの中から特定のデータのみを自動で抽出することができます。

そもそもスクレイピング(Scraping)とは、英語の「Scrape」に由来しており、日本語では「こする・かき出す」などの意味を持ちます。Webスクレイピングは他にも、スクレイピング・Webデータ抽出・スクリーンスクレイピング・Webデータ収集とも呼ばれます。

通常、インターネット上のデータはWebブラウザでしか見られず、Web上に表示されるデータを抽出・保存する機能はありません。唯一の手段は手作業のコピー&ペースト(コピペ)のみです。

Webスクレイピングを活用することで、面倒な手作業を自動化できるため、作業時間の短縮や転記ミス防止が可能です。

Webスクレイピングとクローリングの違いとは?

Webスクレイピングと混同されやすい手法として「クローリング(Crawling)」が挙げられます。クローリングとは、サイトクローラーと呼ばれるロボットが、Webサイト上を移動しながら巡回する手法のことを指します。

Webスクレイピングもクローリングも、どちらともWeb上の情報収集を行う手法としては共通していますが、両者の性質は大きく異なります。

 Webスクレイピングクローリング
目的情報を抽出することサイト上を巡回すること
内容データ構造から余分な情報を削り、必要な情報だけを抽出すること目的に応じてWeb上を巡回し、必要な情報を収集すること

Webスクレイピングで使われる用語解説

Webスクレイピングでは専門用語が多いため、初めての方にとっては難しく感じるかもしれません。逆にいえば、言葉さえ理解できればWebスクレイピングに対して抵抗感を持たずに済むでしょう。

ここではWebスクレイピングを行う際に使われることが多い専門用語を、初めての方にもわかりやすく解説します。

Webスクレーパー

Webスクレーパー(スクレーパー)とは、Webページからデータを正確かつ迅速に抽出するために設計されたツールのことです。WebスクレーパーはWebサイトのHTML内から不要な情報を削り取り、必要な情報だけを抽出します。

Webスクレーパーのデザインや複雑さは、プロジェクトによって大きく異なります。少し難しい話をすると、スクレーパーの重要な部分はHTMLファイルから抽出したいデータを見つけるために使用される「データセレクタ」です。データセレクタでは、通常はXPath、CSS、正規表現、またはそれらの組み合わせが適用されます。

Webクローラー

Webクローラーとは、Webサイト上を巡回し、Webサイト・画像・動画などのデータを収集・保存するプログラムロボットのことです。Webクローラーは、GoogleやBing、Indeedなどの検索エンジンごとに種類があり、「サーチボット」「検索ロボット」などとも呼ばれています。

私たちが検索エンジンでキーワードを入力した際に該当するコンテンツが検索結果として表示されるのは、Webクローラーがインターネット上を巡回してくれているからです。こうしたWebクローラーがWeb上を巡回することを、「クローリング」と呼びます。

Webクローラーの仕組みについては以下の記事で詳しく解説しています。

Webクローラーとは?仕組みとクローリングを自動化する方法

API

API(エーピーアイ)とは、「Application Programming Interface」のイニシャルから付けられた言葉です。APIを一言でいうと「ソフトウェア・アプリケーション同士を繋ぐ仕組み」のことを指します。

たとえば、AというソフトウェアにBというアプリケーションの機能を持たせたり、双方のシステムを連携することでシームレスな操作が可能になります。このようにアプリケーション同士を連携させることで、機能を拡張し利便性の高い使い方を実現します。

Webスクレイピングのメリット

Webスクレイピングは、Webページから情報を自動的に取得する技術です。この技術を活用することで、数多くのメリットが得られます。具体的な内容を見ていきましょう。

業務効率化を促進する

多くの企業がDXの取り組みや新しい働き方の導入を進める中、データ関連業務の自動化が注目されています。Webスクレイピングは、このニーズに応え、データの取得から解析、活用に至るまでの一連の流れを効率的に行うことができます。スクレイピング技術を用いることで、従来多くの時間を要していたデータの取得や利用の工程を大幅に短縮することが可能です。

例えば、市場の動向や競合情報を手動で収集する作業は、非常に時間がかかり、その間にも市場は日々変動しています。しかし、Webスクレイピングを利用することで、これらの情報をリアルタイムで自動収集することが可能となり、企業は迅速な意思決定を行う上での優位性を確保できます。

社内外の情報を幅広く活用できる

Webスクレイピングの力を借りれば、企業内の情報だけでなく、Web上の様々なデータを取得し、分析・活用することができます。これにより、現在のトレンドや人気のコンテンツ、その他の有益な情報を社外からも取り込むことができ、新たなビジネスの機会を探る手助けとなるでしょう。

例えば、ある商品の販売戦略を考える際、社内の過去の販売データだけでなく、競合他社の販売戦略や消費者の口コミ、SNSでの評価など、社外の情報も総合的に分析することで、より正確で効果的な戦略を立てることができます。

スクレイピングを利用する際の注意点

Webスクレイピングを活用することで、Web上のデータを自動で抽出することができるようになります。こうしたことから、「スクレイピングは違法行為なのではないか」と不安に感じる方も多いようです。実際に過去にはスクレイピングをしたことで逮捕されたという事件もありました。(事実としては、スクレイピング自体に違法性はなくWebサイト自体に問題あったことが発覚)

しかし、ここでの問題はWebスクレイピング自体に問題があるわけではなく、Webスクレイピングの取り扱いを誤ったことが問題であったのです。Webスクレイピングを行う際は、以下のポイントに注意する必要があります。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

参考:スクレイピングは違法?Webスクレイピングに関するよくある誤解!

著作権の問題に該当していないか

Webスクレイピングを行う際は、自分自身の業務効率化を目的としている場合は利用が可能です。

スクレイピングする際に著作者の利用許諾が必要になりますが、著作権法は、いくつかの例外を認めています。それは「私的使用のための複製」「情報解析のための複製」と「検索エンジンの提供のための利用」です。

利用規約に抵触していないか

会員登録などをする際に利用規約に同意することがあるでしょう。もし利用規約内に「スクレイピング行為の禁止」といった主旨の記載がある場合は注意が必要です。既に利用規約に同意をしている場合は利用規約違反となり、民法上の債務不履行や不法行為に該当する可能性があります。

しかし、利用規約に同意していない場合や、会員登録などを必要とせずに誰でも自由に閲覧できる情報をスクレイピングする場合には、そのような問題は出ないことになります。

サーバーへ過度にアクセスしていないか

Webスクレイピングは他社のWebサイトにアクセスして、そこからデータを抽出しますが、そのアクセス頻度が多い場合は注意が必要です。もし過度なアクセスによって、相手サーバーに負担を掛けている場合はシステム障害などの支障をきたす可能性があります。

自然検索の範疇(数時間あるいは数分に1回程度)であれば問題はありませんが、1秒間に数回のアクセスが行われるとサーバーに負担が掛かります。サーバーへの負担が大きくなると、一時的にサイトを閲覧できない状態になるなど損害を与えてしまいます。そのため過度なアクセスは避けるべきでしょう。

スクレイピングの活用場面

今日では、Webスクレイピングはニュースポータル、ブログ、フォーラム、Eコマースサイト、ソーシャルメディア、不動産、財務報告などさまざまな分野で広く使われています。オンラインでの価格比較、気象データ監視、Webサイトの変更検出、研究、WebマッシュアップやWebデータの統合などさまざまな用途もあります。

価格情報の最適化

Eコマースの世界では、価格情報の収集と分析が成功の鍵となります。Webスクレイピングを活用することで、大手ECサイトからの価格情報を効率的に収集し、競合他社の価格動向や製品トレンドをリアルタイムで把握することが可能となります。

例えば「新型スマートフォン」の価格動向を知りたいとき、Webスクレイピングを活用してAmazonや楽天市場から実際の販売価格や割引情報をリアルタイムで収集することができます。これにより、自社の商品価格を競争力のあるものに設定したり、プロモーションを計画する際の参考とすることができます。

市場調査の精度向上

市場調査は正確な情報に基づく必要がありますが、Webスクレイピングを使えば、公的機関や学術論文の収集も可能です。

例えば、新製品のローンチを考えている企業が、ターゲットとする市場のニーズやトレンドを知りたい場合、Webスクレイピングを用いて関連する情報やSNSのユーザーコメントを収集・分析することで、市場の声をダイレクトに把握することが可能です。

金融機関のデータ活用

投資家や金融機関は、Web上のデータを活用して投資判断を行うことが増えています。Webスクレイピングにより、JSEファイリングや会社の基本情報、ニュース情報などの重要なデータを効率的に収集・分析することができます。

不動産業界のDX化

不動産業界もデジタル化の波に乗り、Webスクレイピングを活用して市場の動向や資産価値、空室率などの情報を収集しています。不動産エージェントや仲介業者は市場の変動に迅速に対応し、適切な意思決定を行うことができます。

ニュース&コンテンツ監視

メディアの動向はビジネスに大きな影響を与えることがあります。Webスクレイピングを用いることで、リアルタイムのニュース分析や競合他社の動向、感情分析などの情報を効率的に収集・解析することができます。

SEO

コーポレートサイトやオウンドメディアの検索順位を向上させるためには、SEOの最適化が欠かせません。この最適化を実施する際の鍵となるのは、「現在の検索トレンドにおいて、どのキーワードが上位に位置しているか」という点です。

Webスクレイピングを利用することで、検索エンジンの検索結果ページから、トレンドとなっているキーワードやフレーズのデータを効率的に収集・分析することが可能です。これにより、SEO戦略の策定やキーワード選定の精度を高めることができます。

リードジェネレーション

リードジェネレーションとは、文字通り「リード(潜在的な顧客)を生み出す活動」を指します。具体的には、企業の商品やサービスに関心を持つ可能性のある個人や組織を特定し、その情報を収集することを目的としたマーケティング活動の一つです。

HubSpotの調査によれば、インバウンドマーケターの61%が、トラフィックとリードの生成が1番の課題であると答えています。Webスクレイピングを利用することで、ウェブ上に存在する構造化データからリードリストを効率的に取得することができ、ターゲットとなる顧客層へのアプローチがよりスムーズに行えるようになります。

レビューのモニタリング

市場での競争が激化する中、消費者のフィードバックやレビューはブランドの評価を左右します。例えば、新製品のローンチ後、SNSやレビューサイトでの言及や評価をリアルタイムで収集することで、市場の反応を素早く把握することが可能です。

Webスクレイピングを活用すれば、これらの情報を自動的に集約し、ブランドのオンライン評判を継続的に監視することができます。

ビジネスプロセスの自動化

商品の在庫情報や販売データなど、日常的にチェックする必要があるデータが散在している場合、それらを一元的に収集・管理するのは手間がかかります。しかし、Webスクレイピングを利用すれば、情報取得や管理を自動化できます。

例えばパートナー企業のサイトからの在庫情報を定期的に自動取得し、自社の在庫管理システムに統合することが可能です。

オンライン価格の自動チェック

オンラインショップが増える中、同じ商品の価格競争は日常的に発生しています。特に、大手ECサイトでの価格変動は、自社の販売戦略に大きな影響を与える可能性があります。Webスクレイピングを活用すれば、競合他社の商品価格を定期的に自動でチェックし、そのデータを基に自社の価格戦略を最適化することができます。

Webスクレイピングにおすすめのプログラミング言語

昨今のプログラミング学習ブームにより、プログラミングを学習してWebスクレイピングを自力で行えるようになりたいという方も多いでしょう。

Webスクレイピングでおすすめのプログラミング言語は以下の通りです。

  • Python
  • Java
  • JavaScript
  • golang
  • Ruby

ここで紹介したプログラミング言語と、おすすめの学習方法を以下の記事で解説していますので併せてご覧ください。

Webスクレイピングするなら何言語?オススメ言語5選を比較!

Webスクレイピング初心者はWebスクレイピングツールがおすすめ

Webスクレイピングを初めて行いたい方が直面するのは、技術的なハードルやデータ取得の方法の不明瞭さです。そんな初心者にとって、Webスクレイピングツールは以下の理由で非常におすすめです。

技術的な知識が不要

多くのWebスクレイピングツールは、プログラミングの知識がなくても直感的に操作できるインターフェースを持っています。例えば、あるEコマースサイトから商品価格を収集したい場合、プログラムを一から書くのは難しいかもしれません。しかし、多くのWebスクレイピングツールはドラッグ&ドロップの操作だけで、目的のデータを取得することができます。

効率的なデータ収集

ツールを使用することで、手動でのデータ収集に比べて大量の情報を短時間で取得することが可能です。例えば、あるブログサイトから過去1年間の記事タイトルを収集したい場合、手動で1つずつコピーするのは非常に時間がかかります。ツールを使用すれば、これを数分で完了させることができます。

データの整形や保存が容易

多くのツールは、取得したデータをCSVやExcelなどの形式で簡単にエクスポートする機能を持っています。例えば、複数のニュースサイトから最新の記事を収集し、それを一覧表としてExcelに保存したい場合、ツールを使用することで自動的に整形・保存することが可能です。

安全性の確保

適切なWebスクレイピングツールを使用することで、サイトへのアクセス頻度を調整したり、禁止されているサイトへのアクセスを避けるなど、安全にデータ収集を行うことができます。

例えば、特定のサイトからデータを取得する際、アクセス頻度が高すぎるとIPアドレスがブロックされるリスクがあります。ツールを使用すれば、アクセス間隔を調整することで、このようなリスクを回避できます。

サポートやチュートリアルの提供

多くのツールは、公式サイトやコミュニティでのサポートやチュートリアルを提供しています。初心者が困ったときに、迅速に解決策を見つけることができます。

例えば、「特定のサイトから画像を収集したい」という要望に対して、ステップバイステップのガイドが用意されていることも多いです。

WebスクレイピングツールならOctoparseがおすすめ

OctoparseはWebスクレイピングツールの中で人気があり、多くのユーザーから高い評価を受けているソフトウェアです。このツールは直感的な操作性を提供し、プログラミングの知識がない初心者でも簡単にデータ収集を始めることができます。また、クラウドベースの機能を備えており、ユーザーのPCリソースを節約しながら大量のデータを効率的に取得できる点が特徴的です。

Octoparseは高度なフィルタリング機能を備え、特定の条件に合致するデータのみを収集できるため、必要な情報だけを効率的に抽出することが可能です。さらに、定期的なデータ更新機能を提供しており、設定したスケジュールに基づいてデータを自動的に更新することができます。

データのエクスポートに関してもOctoparseは柔軟で、CSV、Excel、JSON、MySQLなど様々な形式でデータをエクスポートできます。これにより、収集したデータを適切な形式で後続の分析や処理に利用することが容易です。

Octoparseの魅力は、これらの高度な機能や使いやすさだけでなく、無料で利用できる点にもあります。また、有料プランを利用すれば、大量で高速なデータ取得を必要とするビジネスニーズにも対応でき、広範なビジネスシーンでの活用が可能です。総合的に考えると、OctoparseはWebスクレイピングを行いたいユーザーにとって優れたツールと言えるでしょう。

まとめ

Webスクレイピングは、現代のデータドリブンなビジネス環境において、情報収集や市場調査、競合分析などの多岐にわたる用途で利用されています。この技術を理解し、適切に活用することで、ビジネスの競争力を高めることが可能です。

特に初心者の方がWebスクレイピングを行う際には、技術的なハードルを低くするWebスクレイピングツールの利用がおすすめです。中でも、Octoparseのような高機能でユーザーフレンドリーなツールは、効率的かつ安全にデータ収集を行うための強力なパートナーとなるでしょう。

しかし、Webスクレイピングを行う際には、他社のサーバーへの負担やデータの利用方法に関する法的な側面も考慮する必要があります。適切な知識とツールを駆使し、データを有効に活用することで、ビジネスの成長を実現しましょう。

人気記事

トピックを検索する

今すぐOctoparseを始めて、業務効率化を実現しましょう。

ダウンロード

関連記事

  • avatarOctoparse
    Webスクレイピングを行う上で、重要な役割を担うのが「XPath」です。しかし、XPathについて正しく理解できていない方も多いでしょう。そこで今回はXPathについて、基本から書き方までわかりやすく解説します。それ以外に、XPathでスクレイピングする手順とXPathを取得する方法についてもご説明します。
    2024.06.13 · 7 min read
  • avatarMurata
    Webスクレイピングを実行していると、403エラーが表示されて、データの抽出ができないことがあります。403エラーには、さまざまな原因があります。この記事では、Webスクレイピングの初心者の方に向けて、403エラーの原因や403エラーの解決策を解説します。
    2023.02.13 · 7 min read
  • avatarTakahashi
    ビッグデータは、市場動向、顧客の好み、競合他社の分析に関連した情報を提供します。今やWebスクレイピングは、単にデータを収集するだけでなく、企業のマーケティング活動において必要不可欠と言ってもよいでしょう。ただし、Webスクレイピングプロセスをスケールアップすると、ブロッキングメカニズムなどの多くの課題が発生し、データを取得できなくなる可能性があります。ここではWebスクレイピングが抱える8つの課題と解決方法を紹介します。
    2023.02.06 · 7 min read
  • avatarTakahashi
    Amazon出品者が継続的に売上と利益を上げるための重要なポイントの1つが「商品選び」です。売りやすい商品を見つけるためには、市場調査が欠かせません。Amazonにどんな商品が出品されていて、どれくらい売れているかが把握できれば、自分たちも同じくらい売れる可能性が高まるでしょう。Amazonの商品データ分析に役立つのが「Webスクレイピング」です。この記事では、Webスクレイピングを使用して、効率的にAmazonで最も売れている商品を見つける方法を紹介します。効率的な売上アップを目指しましょう!
    2022.12.26 · 7 min read