logo
languageJPdown
menu

クローラーとは?仕組みやSEOにおける重要性、対策を詳しく解説

約6分で読めます

今や私たちの生活において検索エンジンは欠かせません。その検索エンジンの中で、とくに重要な役割を担うのが「クローラー」です。しかし、クローラーの役割や仕組みを正しく理解できている方は多くないでしょう。

本記事では、クローラーとは何か、SEO(検索エンジン最適化)における重要性、クローラーを最適化する方法について、わかりやすく解説します。ブログやWebページを検索エンジンに適切に表示させたい方はぜひ参考にしてください。

クローラーとは?

クローラーとは、別名「スパイダー」とも呼ばれ、検索エンジンによって使用される自動プログラムを指します。クローラーの主な役割は、インターネット上のWebページを自動的に「巡回」し、情報を収集することです。

クローラーはウェブページのコンテンツを読み込み、その内容を検索エンジンのデータベースに保存します。これにより、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを検索した際に、関連するWebページが検索結果として表示されます。

すなわち、検索エンジンがインターネット上の膨大な情報を整理し、ユーザーが求める情報を速やかに表示させている裏では、クローラーが重要な役割を担っているのです。

クローラーの仕組み

クローラーは、インターネット上の情報を収集し、検索エンジンのデータベースに保存するための自動化されたロボットプログラムです。さらに詳しく解説すると、クローラーの仕組みは以下の3つの工程で成り立っています。

  1. クローリング(Crawling): クローラーはWebページを訪れ、リンクをたどりながらページを移動します。この段階では、ウェブサイトの構造を理解し、次に訪れるべきページを決定します。
  2. パーシング(Parsing): 訪れたページの内容を解析します。この際、テキスト、画像、その他のメディアファイルなど、ページの要素が収集されます。ページの内容からキーワードやその他の重要なデータを抽出し、これらの情報が次のステップであるインデックス作成に役立てられます。
  3. インデックス(Indexing)・クエリプロセス: 収集されたデータは検索エンジンのデータベースに保存されます。ここでは、収集した情報が整理され、検索クエリに基づいてページがランキングされる準備が行われます。このデータベースは検索エンジンがユーザーの検索クエリに対して最も適切な結果を提供するために使用されます。

これらのプロセスを通じて、クローラーは情報を継続的に更新し、検索エンジンが最新の情報を提供できるようにします。クローラーの効率的な動作はSEO戦略において極めて重要であり、ウェブサイトがどのようにして検索結果に表示されるかに大きく影響します。

クローラーの種類

ウェブクローラーは、検索エンジンによって異なりますが、主に各検索エンジンが独自に開発したクローラーを使用しています。これらは検索エンジンがウェブページを巡回し、情報を集めるためのものです。

  • Googlebot:Googleの検索エンジン用に特化したクローラーで、インターネット上の情報を収集し、それをGoogleのデータベースに追加します。
  • Bingbot:MicrosoftのBing検索エンジン専用のクローラーで、Googlebotと同様の役割を果たしますが、Bingのアルゴリズムに基づいて動作します。
  • Yahoo! Slurp:Yahoo!の検索エンジン用クローラーで、これもサイトを巡回して情報を集める役割を持っています。

各クローラーは検索エンジンによって異なる特性を持ち、それぞれがインターネット上のウェブサイトを訪問し、情報を収集して、検索結果のデータベースを構築します。

SEOにおけるクローラーの重要性

クローラーは検索エンジンによってウェブサイトのコンテンツがどのように発見され、評価されるかを決定する上で中心的な役割を果たします。なぜなら、クローラーがウェブサイトを効果的に巡回し、その情報をデータベースに記録することで、検索エンジンはユーザーのクエリに最も関連性の高い結果を提供するからです。

どんなに優れたコンテンツも、クローラーがサイトを訪問し情報を収集することなく、検索結果に表示されることはありません。そのため、SEO戦略の中でクローラーを意識したサイト構築が求められます。

具体的なポイントは次のとおりです。

  1. コンテンツの可視性:クローラーがウェブサイトを適切に認知し、インデックスすることで初めて、コンテンツは検索結果に表示されます。これには、質の高いコンテンツの提供だけでなく、内部対策の実施も含まれます。
  2. 情報の更新と評価:クローラーは定期的にウェブサイトを訪れ、新しいまたは更新されたコンテンツを収集します。常に最新の情報を提供しているサイトは、クローラーによって高く評価される傾向にあり、これが検索ランキングの向上につながります。
  3. データベースの構築:検索エンジンはクローラーが集めた情報からデータベースを構築し、「ユーザーにとって有益な情報」を提供することを目指しています。このデータベースが、ユーザーが検索窓に入力したクエリに対する応答の品質を決定します。
  4. サイトのクローラビリティ:ウェブサイトのクローラビリティ、つまり検索エンジンがサイトを容易に巡回できるかどうかは、SEOの成功に直結します。クローラーがスムーズに情報を収集できる構造を持つサイトは、より良い検索エンジン評価を受ける可能性が高いです。

このように、クローラーの効率的な巡回を確保することは、サイトの検索エンジンにおける視認性を高める上で欠かせない要素です。適切なクローラー対策を行い、サイトが検索エンジンに正しく認識され、評価されるようにすることが、SEOで成功を収めるための鍵となります。

クローラーが取得するファイルの種類

クローラーはインターネット上で多様なファイルを巡回し、情報を収集するため、その取得対象は多岐にわたります。一般的にクローラーが取得する主なファイルの種類には以下のものがあります。

HTMLファイルウェブページの基本的な構成ファイルで、テキスト内容やリンク、ページの構造情報を含む。
画像ファイルウェブページに表示される画像。JPEG、PNG、GIFなどの形式が一般的
動画ファイルサポートされる動画形式で、ウェブページに組み込まれた動画コンテンツ
CSSファイルウェブページのデザインを定義するスタイルシート
JavaScriptファイルウェブページに動的な機能を提供するスクリプト
PDFファイル文書形式のファイルで、公式文書やフォームなどに使われることが多い
XMLファイルデータの構造を記述するファイルで、RSSフィードなどに使用される
JSONファイルデータ交換用に設計された軽量なデータ形式
その他のテキストベースのファイルCSVやプレーンテキストなど、様々な形式のテキストデータ

これらのファイルをクローラーが適切に巡回し、情報を収集することで、検索エンジンはその内容をインデックスし、検索結果としてユーザーに提供することができます。ウェブサイトの管理者としては、これらのファイルが適切にクローラーによってアクセスされるよう最適化することが重要です。

クローラー対策(クローラビリティを向上させる方法)

ウェブサイトが検索エンジンのクローラーに認識され、効率よく情報が収集されるためには、適切なクローラー対策を図りクローラビリティの向上が不可欠です。ここでは、クローラーにより良くアクセスされ、インデックスされやすい環境を作るための主な方法を紹介します。

XMLサイトマップの設置

サイトマップは、ウェブサイト上の全ページの構造とリンク関係を示すファイルで、クローラーがサイトを効果的に巡回するのを助けます。サイトマップをGoogle サーチコンソールなどに登録することで、新しいページや更新されたページをクローラーが速やかに発見しやすくなります。

質の高いコンテンツの提供

良質なコンテンツを提供することは、クローラー対策としても有効です。重要なキーワードを適切に使用し、ユーザーの問題解決に役立つ情報を提供することで、クローラビリティを高めます。

シンプルなURL構造

複雑でなく、短くて理解しやすいURLは、クローラーがページを認識しやすくなります。また、不要なパラメータや動的要素の少ないURLは、クローリング効率を高めます。

内部リンクの最適化

サイト内のページ間で適切な内部リンクを設置することで、クローラーがサイト内を効果的に巡回できるようになります。ウェブサイトのページがクローラーに発見されやすくなるため、コンテンツを発信する際は、各ページとの関連性を意識しながら、内部リンクを設置することが大切です。

サーバーの最適化

サーバーの応答時間を短縮し、ダウンタイムを最小限に抑えることで、クローラーのアクセスをスムーズにします。これにより、クロールされるページ数が増え、サイトのクロール頻度が向上します。

ファイルのクロール拒否

robots.txtを使用して、クローラーに取得してほしくないファイルやページを指定することが可能です。これによって、クローラーのリソースの無駄遣いを防ぎ、より重要なコンテンツへのクロールを集中させるのに役立ちます。

クローリングを拒否してクローリングさせない方法

特定のページやコンテンツを検索結果に表示させたくない場合、ウェブサイトの運営者はクローリングを拒否することができます。ここでは、クローリングを拒否するための主な方法を3つご紹介します。

robots.txtの使用

robots.txt(ロボットテキスト)と呼ばれるファイルをサーバーのルートディレクトリに設置することで、クローラーに対してウェブサイトの特定の部分をクロールしないように指示できます。例えば、特定のディレクトリやページを除外するために Disallow: /directory/ のように記述します。

メタタグ “noindex” の使用

特定のウェブページに <meta name=”robots” content=”noindex”> タグを追加することで、そのページが検索エンジンの結果に表示されなくなります。これはページレベルでの制御に適しており、ユーザーはページ自体にアクセスすることは可能ですが、検索結果には表示されません。

htaccessファイルの設定

サーバー設定ファイル.htaccessを利用して、パスワード保護を行うか、特定のユーザーエージェント(クローラー)のアクセスを完全に拒否することができます。これにより、保護されたページやリソースにクローラーがアクセスすることは物理的に不可能になります。

まとめ

本記事では、クローラーの基本から、SEOにおける重要性、効果的なクローラー対策まで詳しく解説しました。クローラーは、検索エンジンがウェブサイトの情報を収集し、検索結果に表示するために重要な役割を担います。

そのため、クローラーに自サイトを効率的に認識してもらい、適切にインデックスされるようにすることは、SEO成功の鍵となります。特に、SEOは質の高いコンテンツを増やすだけではなく、内部対策も重要です。クローラーの仕組みを理解し、より検索エンジンに好まれるサイトを設計していきましょう。

人気記事

トピックを検索する

今すぐOctoparseを始めて、業務効率化を実現しましょう。

ダウンロード

関連記事

  • avatarOctoparse
    「営業活動のために企業のメールアドレスを取得するのが面倒」「効率的に企業のメールアドレスを収集する方法やツールを知りたい」このような悩みをお持ちの営業パーソンも多いのではないでしょうか。そこで今回は企業のメールアドレス収集に役立つツール10選を紹介します。海外で人気のツール8選、国内で人気のツール2選に分けて紹介していますので、ぜひ目的や用途に応じて最適なツールを試してみてください。
    2024.03.15 · 7 min read
  • avatarTakahashi
    本記事では、世界が最も注目する最先端技術トレンドを紹介します。時代に取り残されないためにも、ぜひ参考にしていただければ幸いです。
    2024.02.02 · 6 min read
  • avatarTakahashi
    購買の判断基準の中で、最も大きなファクターなのが「価格」です。そのため、出品者側にとって価格設定は重要であり、名経営者の稲盛和夫氏も「値決めは経営である」という言葉を残しています。そして、適切な価格設定のために重要なのが「価格調査」です。しかし、オンラインサイトで競合製品の値段を1つずつ確認するのは非効率でしょう。そこでおすすめなのが、価格調査ツールです。本記事では、価格調査の基本から価格調査ツール10選を紹介します。
    2024.01.09 · 6 min read
  • avatarAKI
    情報がデータ化されている現代において、収集したデータを活用することは必要不可欠といっても過言ではありません。しかし、データを活用することの重要性を理解しているものの、肝心のデータが社内や手元に存在せず、データ収集に悩んでいる方もいることでしょう。また、データが不足していることを自覚していても「データをどこから集めるのか」「購入しなければならないのか」という疑問も感じてるのではないでしょうか。ここでは、データ収集の必要性から実施方法、コストを下げる方法を紹介します。
    2023.02.14 · 7 min read