売上予測に役たつ!企業メールアドレスを取得するツール10選

手作業で企業メール情報を抽出するには時間がもっとたい!

経験のある営業マンはきっとセールスリード生成の重要性がわかっているはずです。ただし、営業情報を取得する従来の方法だけではすでに時代に遅れています。これから紹介するのは現在海外でよく使われていて、そして企業の意思決定者の情報を見つけることに役たつツール10選です。

これらのツールは主に企業メールの取得に使います。無料の拡張機能からエンタープライズレベルまでのものがありますが、それぞれのメリットがあります。

 

1.ZoomInfo

ZoomInfoは企業メールをスクレイピングするフル機能を揃えたツールです。Salesforce、Outlook、Marketoのプラットホームに統合しています。とはいえ、価格情報を送信してもらう前に、ユーザーがビジネス用のメールアドレスを送信するように要求する価格タグが付属しています。リードのコストは高くなる傾向がありますが、リードは他のプラットフォームよりも正確である可能性が高くなります。

 

zoominfo

 

2.Skrapp.io

Skrapp.ioは、Linkedin統合、Webサイト検索、ドメイン検索からリードディレクトリまでを提供する統合プラットフォームです。Linkedinプロファイルのビジネスメールアドレスを検出できます。直感的なインターフェイスは、他のメールスクレーパーよりも非常に魅力的です。月額プランは49ドルから299ドルまでです。無料プランでは、1か月あたり最大150件のルックアップを取得できます。

 

scrapp

 

3.Octoparse

Octoparseは強力なWebスクレイピングツールです。ビジネスだけでなく、科学研究にもお役たつ大きな価値があります。 Webサイトから情報を抽出し、簡単に構造化された形式で保存できます。わざわざスクレイピング技術者を雇わなくても、希望なサイトさら必要なデータを抽出することができます。

 

octoparse

 

4.Hunter.io

Hunter.ioは初心者には無料のChrome拡張機能とGoogleスプレッドシートアドオンを提供します。メールアドレス1000個/毎月49ドルで、簡単なスクレイピング方法を学ぶことができます。

 

hunter

 

5.RocketReach

RocketReachは開発者の設定が必要なので、より複雑なツールです。もちろんAPIに精通している人でも利用可能です。Google、Microsoft、Facebook、Intelなどのユーザーにとって業界の標準となっているます。標準のChrome拡張機能とSpreadSheetsプラグインが付属しています。毎月49ドルでで最大170回の検索が可能なため、このソフトウェアは他のソフトウェアよりも高価ですが、よりカスタマイズが可能です。

 

rocket

 

6.Prospect.io

Prospect.ioは、メールに多くの時間を費やす営業担当者向けに作成された販売自動化プラットフォームです。自動化された電子メールのフォローアップにより、チャンスを逃さないようにすることが簡単になり、電子メールの追跡により、いつ誰と電子メールをやり取りしているかを常に把握できます。

REST API、Chrome拡張機能、および必要なすべてのCRM統合を備えたProspectは、大企業には十分な機能を備えていますが、中小企業の所有者が管理するには十分な価格設定です。

 

prosepct

 

7.Sales Navigator

Sales Navigatorは、あらゆる見込み調査に役立つツールです。Linkedin独自の販売促進ツールであるため、彼らがアクセスできるデータは大量かつ正確です。Salesforceなどの主要なCRMツールと統合して、販売プロセスを継続的に維持します。ソフトウェアのシームレスな性質により、快適な操作が可能になります。

 

linkedin

 

 8.Slik

Slikはリード1個あたり10セントの費用がかかります。Oracle、Google、およびSalesforceで使用されているSlikは、見込み顧客が7000万人以上で、メール情報の正確性が95%以上、業界最高の誇りあるツールです。

企業メールをスクレイピングするツールは、営業マンにセールスリードの生成にかかる時間を節約して、専門家が重要な見込み客を育てることにどれほど役立ったのでしょうか。

 

slick

 

9.ScrapeBox Email Scraper

ScrapeBox Email Scraperは、Webサイトからメールを抽出できるマルチスレッドメールスクレーパーです。ターゲットWebサイトがIPアドレスをブロックするのを防ぐプロキシローテーションやユーザーエージェントスイッチャーなどの基本的なWebスクレイパー機能があります。マルチスレッド接続により、インターネット接続が不十分なためにデータが失われた場合に、複数の接続を同時に行うことができます。 また、内部リンク内に隠されたメールを抽出できるアドオンも提供します。

 

scrape-box

 

10.Email Extractor

 

Email Extractorは、Chrome用のメールスクレーパー拡張機能です。特定のWebページで電子メールアドレスを自動的に検出し、CSVまたはテキストファイルにエクスポートできます。ただし、1つのWebサイトからのみメールアドレスを抽出できます。ターゲット情報を取得するには、現在のページを手動でページ分割して更新する必要があります。

企業メールをスクレイピングするツールは、営業マンにセールスリードの生成にかかる時間を節約して、専門家が重要な見込み客を育てることにどれほど役立ったのでしょうか。

 

関連記事:

2019年データサイエンスにオススメの本80冊!

ビッグデータ分析用オンライン講座10選

2019年データ分析・データ可視化ツールおすすめの31選!