知っておくべき9つのWebスクレイピングの課題と解決策

security

 

Webスクレイピングは、ビッグデータに対する需要が高まっている人々の間で注目を集めています。複数のWebサイトからデータを抽出してビジネス開発を支援したい人が増えています。ビッグデータは、市場動向、顧客の好み、競合他社の活動の最先端を提供します。したがって、Webスクレイピングは、データを収集するだけでなく、企業にとって不可欠な戦術です。

ただし、Webスクレイピングプロセスをスケールアップすると、ブロッキングメカニズムなどの多くの課題が発生し、人々がデータを取得できなくなる可能性があります。 以下の7つの課題と解決方法を簡単に紹介します。

 

1.ボットアクセス

最初に確認することは、ターゲットWebサイトがスクレイピング前に許可を得るべきです。robots.txtを使用したスクレイピングが許可されていない場合は、Web所有者にスクレイピング意図を明確し、許可をもらうべきです。許可がもらえない場合は、他の代わりとなるサイトを探してください。

 

2.複雑で変更可能なWebページ構造

ほとんどのWebページはHTML(Hypertext Markup Language)に基づいています。 Webページのデザイナーは、ページを設計する独自の基準を持つことができるため、Webページの構造は大きく異なります。複数のWebサイトをスクレイピングする必要がある場合、Webサイトごとに1つのスクレイパーを構築する必要があります。

さらに、Webサイトは定期的にコンテンツを更新してユーザーエクスペリエンスを向上させたり、新しい機能を追加したりします。これにより、Webページの構造が変更されることがよくあります。 Webスクレイピングはページの特定のデザインに従って設定されるため、更新されたページでは機能しません。ターゲットWebサイトの小さな変更でも、スクレーパーの調整が必要になる場合があります。

Octoparseはカスタマイズされたワークフローを使用して、さまざまなページを処理するために人間の動作をシミュレートします。 新しいページに合わせてワークフローを簡単に変更できます。

 

3.IPブロッキング

IPブロッキングは、WebスクレイピングがWebサイトのデータにアクセスするのを防ぐ一般的な方法です。通常、Webサイトが同じIPアドレスから多数のリクエストを検出したときに発生します。Webサイトは、IPを完全に禁止するか、アクセスを制限して、スクレイピングプロセスを破壊します。

Luminatiのような多くのIPプロキシサービスがあり、自動スクレーパーと統合して、そのようなブロックから人々を救うことができます。

Octoparseのクラウド抽出では、複数のIPを使用して1つのWebサイトを同時にスクレイピングし、1つのIPが何度もリクエストしないようにするだけでなく、高速性も維持します。

 

4.CAPTCHA(キャプチャー)

CAPTCHA(コンピューターと人間を区別するための完全自動化公開チューリングテスト)は、人間が解決するのは簡単だが、スクレーパーはできない論理的な問題や画像を表示することで、人間をスクレイピングツールから分離するためによく使用されます。

多くのCAPTCHAソルバーをボットに実装して、停止しないスクレイプを保証できます。 CAPTCHAを克服する技術は、継続的なデータフィードの取得に役立ちますが、それでもスクレイピングプロセスを少し遅くする可能性があります。

 

5.ハニーポットトラップ

ハニーポットは、webサイトの所有者がスクレーパーを捕まえるためにページに置くトラップです。トラップは、人間には見えないがスクレーパーには見えるリンクにすることができます。スクレーパーがトラップに陥ると、Webサイトは受信した情報(IPアドレスなど)を使用してそのスクレーパーをブロックできます。

OctoparseはXPathを使用して、クリックまたはスクレイピングするアイテムを正確に特定します。これにより、トラップに陥る可能性が大幅に減少します。

 

6.遅い/不安定な表示速度

アクセス要求が多すぎると、Webサイトの応答が遅くなったり、読み込みに失敗したりする場合があります。Webページを再読み込みし、Webサイトが回復するのを待つだけなので、人間がサイトを閲覧するときは問題ありません。しかし、スクレイパーはそのような緊急事態に対処する方法を知らないため、スクレイピングは機能できなくなる可能性があります。

Octoparseでは、問題を解決するために特定の条件が満たされたときに、ユーザーが自動再試行を設定したり、読み込みを再試行したりできます。事前設定された状況下でカスタマイズされたワークフローを実行することもできます。

 

8.ログイン

一部の保護された情報では、最初にログインする必要があります。ログイン認証情報を送信すると、ブラウザは、ほとんどのサイトで行われる複数のリクエストにCookie値を自動的に追加するため、ウェブサイトは、あなたが以前にログインしたのと同じ人物であることを認識します。 そのため、ログインが必要なWebサイトをスクレイピングするときは、Cookieがリクエストとともに送信されていることを確認してください。

Octoparseは、ユーザーがWebサイトにログインし、ブラウザーと同じようにCookieを保存するのを簡単に支援できます。

 

9.リアルタイムデータスクレイピング

価格比較、在庫追跡などに関しては、リアルタイムのデータスクレイピングが不可欠です。データは瞬く間に変化する可能性があり、ビジネスにとって大きなキャピタルゲインにつながる可能性があります。 スクレイパーはウェブサイトを常に監視し、データをスクレイピングする必要があります。 それでも、リクエストとデータの配信に時間がかかるため、まだ多少の遅延があります。 さらに、大量のデータをリアルタイムで取得することも大きな課題です。

Octoparseのスケジュールされたクラウド抽出では、5分以上の間隔でWebサイトをスクレイピングして、ほぼリアルタイムのスクレイピングを実現できます。

 

将来、Webスクレイピングには確かに多くの課題がありますが、スクレイピングの普遍的な原則は常に同じです。Webサイトを適切に扱うことです。 オーバーロードしようとしないでください。さらに、スクレイピングジョブの処理に役立つOctoparseなどのWebスクレイピングツールまたはサービスをいつでも見つけることができます。

 

 

 

 

関連記事:

スクレイピングは違法?Webスクレイピングに関する10のよくある誤解

スクレイピングテクニック - バレないようにする方法を解説

注目のWebスクレイピングツール5選を徹底比較!