【2023年最新】世界が最も注目する最先端技術トレンド10選

近年テクノロジーの進化は目覚ましく、今やIT技術の活用はどの業界でも欠かせないものとなっています。例えば、製造分野では今まで人間が手作業で行っていたことが、ロボットによる自動化が進み、より大量かつ柔軟な製造加工が実現できるようになりました。

この他にもテクノロジーの進化は、すでに私たちの生活の至るところで登場しており、その影響は計り知れません。

しかし、どのような技術であってもそれらは手段であり、扱うのはあくまでも人間です。そのため、ビジネスパーソンは常にどんなデジタル技術が登場しているかを把握し、自分たちのビジネスに活かせないか検討する必要があります。

そこで本記事では、世界が最も注目する最先端技術トレンドを紹介します。時代に取り残されないためにも、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

1. 人工知能(AI)

人工知能(AI)は、記憶や学習、推論、判断など高度な作業に必要不可欠となる人間の知能をコンピューター上で人工的に構築し、これまで人間が脳内で行ってきた作業を再現する仕組みや研究のことです。

とりわけ現在は、スマートフォン、ヘルスケア機器、車載システムなどで活用が進んでいます。人工知能には、クラウド型とオンデバイス型の2つの方法があり、どちらにも長所と短所があります。クラウド型は、深層学習アルゴリズムを使用しているため、データ分析の能力は優れていますが、プライバシーや反応時間、安定性に潜在的な問題があります。

一方、オンデバイス型はプライバシーのリスクを軽減することが可能です。例えば、人工知能を内蔵したスマートフォンは、データをローカルに保存して、ユーザーのプライバシーを保護することができます。

この他にも、すでに人工知能は多くの分野で活用が進んでいますが、技術的には未成熟です。しかし、政府や研究機関は人工知能分野へ積極的に投資しているため、2023年以降も引き続き技術進化が起きるでしょう。

2. モノのインターネット(IoT)

モノのインターネット(IoT)は、従来インターネットに接続されていなかった様々なモノ(デバイス、自動車、家電製品など)が、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互にデータを交換する仕組みです。

すでに私たちは、IoTを使用し、その恩恵を受けています。例えば、スマートウォッチで自分のヘルスケアデータを確認したり、家を出る時にドアをロックする、家に帰宅する前にエアコンの電源を付けて室内を涼しくしておくことができます。

しかし、IoTはまだまだテクノロジートレンドの発展途上段階に位置します。IHS Markitは、世界中でIoT対応機器の普及台数が2017年の270億台から2025年に730億台に達すると予測しています。IoT関連技術が進化すれば、今後あらゆる産業に応用されるでしょう。

例えば医療業界や建築業界ではIoTの活用により遠隔操作が可能になります。そうすれば、地域の医療格差の是正や、過酷な環境での建築施工が可能になります。IoTについて足を踏み入れたい場合は、情報セキュリティ、機械学習の基礎、ネットワーキング、データ分析などの基本的な知識習得が必要です。

3. クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、コンピューティングサービスに必要な機能をインターネットを通じて提供する利用形態です。提供される機能には、サーバー、データベース、ストレージ、SaaSサービスなどがあります。クラウドサービスやクラウドと呼ばれることも多いですが、どれも同じ意味と捉えて良いでしょう。

すでにクラウドコンピューティングは、ビジネスシーンで主流となっています。自社でシステム開発をしなくとも、アカウント設定だけでいつでもサービスに接続できるため、企業によっては10個以上のSaaSを導入していることもあるでしょう。

例えば、WebスクレイピングツールのOctoparse(オクトパス)もクラウドコンピューティングの1つです。Webスクレイピングを行うには、一般的にはAIや機械学習などの専門的な知識が必要となります。これに対して、Octoparseを活用すれば、技術知識を持たない非エンジニア人材でも、簡単な操作だけでスクレイピングを実行できます。

4. 5Gコネクティビティ

新しいモバイルネットワーク規格である5G(第5世代通信方式)は、最大10ギガビット/秒の火遠理帯域幅と推定遅延1ミリ秒未満のデータ伝送能力を有するため、高速通信によるほぼリアルタイムでの相互通知を実現します。

5Gの登場により、自動車やパソコン、ネットワークサービスなどをサーバーを経由して通信することなく、モノ同士やサービス同士を連結させることが可能です。例えば、自動車であれば車両同士が直接通信できたり、ブラックアイスバーンなどの機器予測をほぼリアルタイムで察知します。

5Gの用途は従来の音声通信やデータ通信のみならず、あらゆる産業での導入が進んでいます。今後もさまざまなIoTアプリケーションや基幹アプリケーションが新たに登場する可能性が高いといえます。

5. ユビキタスネットワーク

ユビキタスネットワークとは、どこにいてもコンピューターが存在し、いつでもネットワークでつながっている技術や環境のことです。例えば、YouTubeやTik Tokをはじめとしたオンラインビデオサービスの爆発的な成長の背景には、高性能カメラを搭載したスマートフォンの普及などが要因です。これにより、Wi-Fi環境があるほぼすべての場所で撮影してインターネット上に投稿し、リアルタイムにコミュニケーションができるようになりました。

また、現実世界の音や映像などをコンピューターで加工し、現実世界を拡張する「AR(拡張現実)」も普及しています。例えば、スマートフォンに映し出された映像をリアルタイムに加工し、現実世界のモノがキャラクターに置き換えられるアプリケーションなどがあります。ヘッドマウントディスプレイを通じて、肉眼で見ている映像に加えて、さまざまな情報を表示するようなサービスも登場しています。

こうしたコンピューティング技術はゲームや趣味の領域に留まらず、医療分野や自動車分野など、あらゆる産業に応用が広がっています。

6. コンピュータビジョン

コンピュータビジョンは、コンピュータに取り入れた生の画像情報を処理することで、新たな価値を提供する技術です。エンジニアリングの観点からは、コンピュータに人間の視覚機能をもたせ、コンピュータによる「視覚システム」の獲得とタスクの自動化を目的としています。

コンピュータビジョン自体は、60年以上前から研究が進み、さまざまな画像解析技術に使用されています。産業機器や民生電子機器など多くの用途で使用されるなど、現代社会を支える重要な技術のひとつです。

とりわけスマートデバイスが登場し始めた以降は、急速に各製品への組み込みが進み、2005年頃から顔認識機能、2008年頃から運転支援機能が開発されました。さらに現在では技術進化により、産業用ロボットやドローン、インテリジェント交通システム、高品質監視システム、医療機器、車載システムなどの用途で幅広く活用されています。

7. ロボット & ドローン

ロボット&ドローンは、複雑で反復的な動作を単独で完了できる自律型(または半自律型)のマシンです。世界のドローン市場は2021年に221億米ドルの規模に達しました。急成長分野であるため、2027年には434億米ドル規模に達すると予想されています。

これまで人間が手作業で行ってきた、資材ピッキング、組み立て、梱包、さらには物流、配送にいたるまで、エンドユーザーに届くまでの一連のプロセスは、ロボットやドローンに置き換わることが現実のものとなりつつあります。

また、とりわけ成長著しいのが「農業分野」です。農業用ドローン、自律走行型トラクターは、農産物の収穫や植え付け準備、品質管理などの自動化を実現可能なものとします。これらのテクノロジーは、農家の生活の質の向上を図るとともに、新たな雇用創出にもつながります。

このほかにも、建設業界をはじめとしたブルーカラーは労働環境の問題から、慢性的な人材採用難に陥っていますが、ロボット&ドローンによる自動化やリモート操作が実現すれば、生産性の向上にも繫がるでしょう。

8. ブロックチェーン

ブロックチェーンには明確な定義が存在しておらず、表現や用法は時と場合によってさまざまです。総務省では、「ブロックチェーン技術とは情報通信ネットワーク上にある端末同士を直接接続して、取引記録を暗号技術を用いて分散的に処理・記録するデータベースの一種」と説明しています。

参照:ブロックチェーンの概要(総務省)

ブロックチェーンの大きな特徴は「分散管理」です。従来のインターネットサービスは、システムの中心となる管理者が存在していました。しかし、ブロックチェーンは、暗号とタイムスタンプを利用して、多数の参加者が自律して取引履歴を記録します。記録された取引履歴はコピーや削除ができず、一度記録された取引情報は証拠として残り続けます。参加者は互いにチェーンのように互いを監視し合うことで信頼が担保されます。そこには中央集権的なリーダーは存在しないため、「自律分散システム」と呼ばれます。

こうしたブロックチェーンの特性が基盤となって誕生したのが、「ビットコイン」や「イーサリアム」などの仮想通貨です。支払い関連のソリューションにおけるブロックチェーンの採用として、ブロックチェーンは、金融サービス業界に浸透しています。ブロックチェーンは、広告効果の向上や広告詐欺対策、音楽ロイヤルティー支払い分配などのシステムに活用されることが期待されています。

9.デジタルファブリケーション

デジタルファブリケーションとは、「デジタルデータをもとに創作物を制作する技術」のことを指し、代表例として3Dプリンターがあります。

3Dプリンターは材料となる樹脂や金属、カーボンなどを使って様々な造形物を作成するテクノロジーです。3Dプリントサービスは、雑貨や小物に限らず、建造物や義手・義足などにも応用されるなど、あらゆる業界で技術革新が起きています。例えば住居などは、従来の建設に掛かる時間や資材費用を大幅に削減し、低価格で耐久性に優れ、且つデザイン性に富んだ建築施工を実現します。

3Dプリンターを活用する業界は、上記に挙げた建築業界や医療業界のほかにも、自動車業界、ファッション業界、食品業界など多岐に渡ります。大きな工場で大量生産という時代から、一人ひとりのニーズに合わせた多品種少量生産の時代へと進んでいくでしょう。

10.ビッグデータ

インターネット上には日々膨大な数のデータが蓄積されており、そのデータ量は加速度的に増え続けています。スマートデバイスやSNSなどの普及により、私たちの生活行動(移動、購買、検索履歴など)は、行動データとして数値化可能なものとなりました。

それらをビッグデータとして活用すれば、今まで経験や勘に頼っていたマーケティング戦略から脱却し、より顧客ニーズに合ったプロモーションや商品企画に繋げることが可能です。こうしたデータ分析を行うデータサイエンティストやデータアナリスト、ITプロフェッショナル、システムエンジニアは世界中で必要とされています。

とりわけインターネット上のデータ収集するために、Webスクレイピングが用いられるケースが増えてますが、Pythonなどのプログラミング経験がない方にとっては、利用の敷居が高いものでした。しかし、クラウドサービスのWebスクレイピングツールが登場したことで、Webスクレイピングは誰でもかんたんに出来るものとして認知が進んでいます。

スクレイピングツールの中でも、Octoparse(オクトパス)は無料から利用できるため、最も利用しやすいツールとして認知されています。

Octoparseはこちら

まとめ

今日のテクノロジーの世界では、イノベーションが急速に進んでいます。このように変化が速い時代において、新たな知識や技術を貪欲に取り入れて時代の変化にうまく適応することが、勝ち残る秘訣といえるでしょう。

関連記事

Web3.0(Web3)とは?注目される次世代インターネットのあれこれ

【競馬予想】競馬データをスクレイピングしてみた

Webスクレイピングとは?基本や仕組み、活用事例まで解説