logo
languageJPdown
menu

【2024年】BIツールとは?おすすめBIツール25選を徹底比較

約7分で読めます

BIツールとは、情報ウェアハウスの整理、膨大なデータの可視化、分析などに使用されるツールのことです。BIツールを活用することで、膨大なデータに基づいて企業のマーケティング施策を打ち出したり、業務効率化を図ったりできます。

本記事では、国内・海外で人気のBIツール26選を紹介します。各ツールの特徴もかんたんにまとめていますので、BIツールを導入する際にご参考になれば幸いです。

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは?

BIとは「 Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)」の略で、企業・組織内に存在するあらゆるデータを収集・蓄積・分析・報告することで、経営上などの意思決定に役立てる手法を指します。

BI技術は経営における過去の実績や現在の状況に基づき、未来予測を提供します。BIの主な機能には次のようなものが挙げられます。

  • データ分析
  • データマイニング
  • ビジネス業績管理(Business Process Management)
  • 予測分析(predictive analytics)
  • 規範的分析(normative analysis)

そのため、BIは「ビジネス分析」または「データ分析」と同じ意味で捉えられるケースが少なくありません。

【国内】おすすめBIツール5選

今回はスクレイピングツールであるOctoparseを利用して、国内外の口コミサイトから今人気となっているBIツールの情報を取得しました。ここでは国内企業が開発・運用しているBIツールの特徴をそれぞれ紹介します。

1.MotionBoard/ウイングアーク1st株式会社

MotionBoard(モーションボード)は、組織内のあらゆるデータを集計・見える化し、効果的な改善策の意思決定をサポートするBIダッシュボードです。

データ分析に関する専門知識がない方でも、30種類以上の豊富なチャートを使うことで、誰でも容易にデータ分析を行い、次回のアクションにつなげられるようになります。データドリブンな組織構築を支援します。

さらに、SlackやSalesforceなどの外部ツールとAPI連携することで、定時配信や条件アラートといった各種機能を利用でき、データドリブンな組織体制構築を実現します。

2.GoodData/株式会社サムライズ

GoodDataは、データ連携・加工・可視化・共有を自動化し、レポート作成業務を効率化するBIツールです。データ収集から共有までオールインワンで備わっており、優れたUI/UXのダッシュボードにより、データ分析が初めての方でも直感的な操作で利用可能です。

さらに、利用人数は無制限で月額4万円〜とリーズナブルなので、データドリブンな組織体制の構築に最適なツールです。

3.Data Knowledge/株式会社クロスユーアイエス

Data Knowledgeは、すべての社員のデータ活用を実現するナレッジ共有型BIツールです。国産のBIツールとして30年以上に渡り利用されており、数多くの導入企業の声を反映して、使い勝手や操作性の向上や新機能の追加など、利便性向上を図り続けています。

多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進するとともに、分析ノウハウ共有機能を使うことで、全社員の分析レベルアップを支援します。

4.LaKeel BI/株式会社ラキール

Lakeel BIは、データ分析に必要なデータ集計・統合・分析・見える化をワンストップで実現するセルフサービスBIツールです。便利なテンプレートが豊富なので、ITツールを扱うのが苦手な方はもちろん、データ分析がはじめての方でも直感的に操作できます。さらに、国産企業ならではの充実したサポートを受けられるのが大きな特徴です。

5.Actionista!/株式会社ジャストシステム

Actionista!(アクショニスタ)は、プログラミングによるコーディングを一切使用せずにWebブラウザのみで操作できるBIツールです。ダッシュボード上の直感的な操作だけで、企業内のデータ集計・分析・レポート作成までワンストップで完結します。

クライアントフリーのサーバーライセンスのため、1ライセンスの契約で全社員が利用可能です。さらに、純国産のBIツールとして、開発・販売・サポートまで一貫してメーカーが対応するため、導入企業の90%が利用を継続する、顧客満足度の高いソリューションです。

【海外】おすすめBIツール20選

より質の高いデータ分析や、高度な機能を活用したい場合は、海外のBIツールがおすすめです。ここでは海外企業が開発・運用しているBIツール21選をそれぞれ紹介します。

1.Tableau

BI ツールといえば、Tableauを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。Tableauは世界中でシェアを誇り、誰でも簡単にデータの可視化ができるデータ分析・可視化ツールです。

ドラッグ&ドロップ機能を使用すると、データ構造を詳しく理解しなくても分析チャートを編集および作成できます。さまざまなデータソースに対応し、簡単操作でデータのビジュアル化を可能にします。

2.QlikView

QlikViewは、ユーザが自由に分析でき、業務に必要なデータを探索することができる分析プラットフォームです。ユーザーは、QlikViewのAssociative Data Indexing Engineを使用し、異なるデータベースを組み合わせることで、誰でも簡単に質の高いデータ分析を実現します。

3.SAP Business Objects

SAP Business Objectsは、データ収集からデータ分析、データ統合にいたるまでワンストップで実現するBIツールです。利用ユーザーのあらゆる情報活用ニーズに応えるために、洗練されたインタフェースとデータ一元管理機能が用意されているため、直感的な操作で使えるのが魅力のツールです。

4.IBM Cognos Analytics

IBM Cognos Analyticsは、拡張インテリジェンスを組み込んだセルフサービス分析プラットフォームです。インタラクティブダッシュボードはデータ分析を簡素化し、また、what-if分析、高度な分析、分析レポート、傾向分析など、さまざまな分析機能もあります。さらに、Cognos Analyticsを使用すると、ユーザーは自分のモバイルデバイスからのレポートやオフラインなども操作できます。

5.Microsoft SQL Server

Microsoft Business Intelligence Platformは、分析サービス、統合サービス、マスタデータサービス、レポートサービスなどの機能を含む1つのソリューションにすべて統合されています。Analysis ServicesとReporting Servicesは、スタンドアロンサーバーとしてインストールできます。 SharePointファームにすることもできます。

6.Oracle Business Intelligence

Oracle Business Intelligencは、すべての関連情報へのアクセスを提供するビジネスインテリジェンスサービスです。データマイニング、レポート作成、および分析アプリケーションを含む他のスーツにサービスを提供します。

7.Yellowfin

Yellowfinは、BI・分析、およびデータに関するレポートで構成される一連のサービスを提供します。ユーザーは独自の視点を生み出し、ストーリーテリングという形で共同編集者と共有できます。その分析スイートは、シグナル、ダッシュボード、ストーリー、データ検出、およびデータ準備を含む5つのコンポーネントで構成されています。その上、アプリケーションにYellowfinを埋め込むことも可能です。

8.WebFOCUS

WebFOCUSは、企業内外のさまざまな人に適切な情報を届ける、統合BIプラットフォームです。レポーティングからセルフサービスまで、BIに求められる機能を実装。利用者のニーズはもちろん、IT部門の多様なニーズも叶えます。

9.TIBCO Spotfire

TIBCO Spotfireは、データの収集、分析、視覚化などの機能をワンストップで提供するBIソフトウェアです。 TIBCOの大きな特徴は、ユーザーが独自のKPIを設定することで、iPhone / Androidのスマートフォンに通知される上、外出先でもデータにアクセスできることです。それによってリアルタイムに変化を確認できるため、スピーディな意思決定をサポートします。

10.SAS

SAS Business Intelligence SAS BIは、SASの分析とデータ統合を活用し意思決定に必要な洞察を導き出す、包括的で扱いやすいビジネス・インテリジェンス・ソリューションです。SASの特徴としては、意思決定者がビジネス指標を監視し、実用的な洞察を引き出せる「リアルタイム分析」を提供します。

ビジュアル分析、ビジュアル統計、オフィス分析、エンタープライズガイド、およびエンタープライズBIサーバを含む6つのモジュールで構成されているため、企業内のあらゆる課題の可視化や改善立案に貢献します。

11.Targit

TARGIT Decision Suiteは、 視覚的なデータ検出ツール、ビジネス分析、レポート作成、およびダッシュボードを提供する唯一のビジネスインテリジェンスプラットフォームです。CRMとERPを接続して、プロセス全体をインタラクティブにします。

12.MicroStrategy

MicroStrategyは企業のレポート作成やデータの発見からモバイルの生産性やリアルタイムのテレメトリまで、組織のデータを実際のインテリジェンスに変換し、Intelligent Enterpriseへと進化させるために必要な幅広い機能を組織に提供します。

13.Board

Boardは、パフォーマンス管理とビジネス分析を組み合わせたフル機能のBIシステムです。これにより、ユーザーはデータソースを取得してレポートを作成できます。多国籍企業が別の言語でレポートを配信するための多言語パッケージもあります。データ収集機能とデータ分析機能により、企業は洞察に満ちた意思決定を下すことができます。

14.Sisense

Sisenseは、過去にSupreme Software Awardにて、最優秀ビジネスインテリジェンス賞の受賞経験を持つ、実績・評判の高いサービスです。ドラッグ&ドロップによる直感的な操作だけで、ダッシュボードからデータを可視化できます。データを洞察に富んだグラフやチャートに変換します。

それは、ソニー、ESPNそしてNASAのようなフォーチュン500大企業を含む様々な規模のビジネスのための優れた能力を持っています。

15.Cube

Cubeを使用すると、他のBIツールのように複雑な設定をすることなく、SQLデータベースからビジネスメトリクスを視覚化できます。Mixpanel、Salesforce、SQLサーバーへの簡単な接続、バージョン管理やコードの再利用などの技術的手法を適用して、データに対してクリーンで保守可能な変換ロジックを構築することもできます。

内部最適化エンジンを使用すると、依存関係が自動的に計算され、どのクエリセットを具体化するかが決定されます。さらに、ビジネスリクエストごとに特別なSQLクエリを記述する必要はありません。

16.Necto Terecom

Necto Telecomは、データの下に隠された傾向を明らかにします。それは外出先でビジネスメトリクスに追いつくためにビジネスの意思決定者にとって非常に便利で、KPIのアラートと通知を設定できます。

複数のデータソースを処理し、それらを1つにまとめることができます。 複雑な分析や詳細な状況報告の必要があるならば、大きな味方になるでしょう。

17.InetSoft

InetSoftは、データビジュアライゼーションを使用してオンザフライでのデータモデリングを実現します。これにより、インタラクティブダッシュボードやピクセルパーフェクトレポートなどのデータビューをすばやく繰り返し作成することができます。

18.Birst

Birstは、様々な情報に基づいた決定を下すのに役立つクラウドBIおよび分析ソリューションです。その適応性のあるユーザーエクスペリエンスにより、多数のセルフサービス分析とデータ消費オプションが得られます。

19.Domo

Domoはクラウドベースのシステムなので、ダウンロードやインストールは必要ありません。エンジンで抽出、変換、ロード(ELT)を操作することができます。また、オンプレミスのデータを統合できるようにするさまざまなアプリケーションコネクタも用意されています。

20.FineReport

FineReportはExcelファイル、関係型DBからビッグデータDBまで、様々なデータソースからデータを抽出・分析し、視覚的な効果に長けたレポートとダッシュボードを作成できるBIツールです。ユーザがWebブラウザでレポートを参照・出力する上に、自由にドリルアップ・ダウン分析して業務課題やその原因を発見できます。70種類以上のグラフと、売上、財務、人事など業務別のテンプレートは用意され、携帯やタブレットでも視認性良く表示します。入力フォームを自由に作成し、営業報告や顧客情報、アンケート調査結果などの入力システムを簡単に開発できます。

まとめ

今回紹介したBIツールは、データドリブンな企業経営に役立つ豊富な機能を提供しています。市場は常に変化し続けており、ITの普及によりそのスピードはさらに加速し続けています。そうした中で、過去の経験や勘に頼った意思決定プロセスは、時代に取り残されるリスクが高いでしょう。

より的確で、スピーディな意思決定を行うには、事実となる企業内のデータに基づき、質の高いデータ分析やデータマイニングにより、課題を導き出し、それに対して改善策の立案・実行を素早く行うことが重要です。

そのためにも、膨大なデータ収集と分析ツールによるインサイト(洞察)を得ることが不可欠です。今回紹介したツールの中で気になるものがあれば、早速試してみてください。

人気記事

トピックを検索する

今すぐOctoparseを始めて、業務効率化を実現しましょう。

ダウンロード

関連記事

  • avatarOctoparse
    本記事では、AIツールおすすめ30選をカテゴリ別に紹介します。あわせてAIツール選びに失敗しないための選び方まで解説しますので、AIツールの導入を検討している企業のご担当者様はぜひ参考になさってください。
    2024.02.19 · 8 min read
  • avatarOctoparse
    今、Amazon FBAビジネスを始めることのメリットを発見する人が増えています。Amazonにおいては、誰でもある程度の期間でハイレベルかつ定期的な収入を得ることができるビジネスを構築することが可能です。 ビジネスを始めるのは大変ですが、実はビジネスを最適化するための素晴らしいツールがたくさんあります。Amazon FBAセラーツールのトップリストをオンラインで見つけるのは簡単ですが、それらのすべてが初心者向けというわけではありません。この記事では、初心者向けのAmazonセラーツールのリストをご紹介し、Amazonビジネスを成功させるための正しい道のりを歩むことができるようにします。。
    2024.01.09 · 6 min read
  • avatarTakahashi
    購買の判断基準の中で、最も大きなファクターなのが「価格」です。そのため、出品者側にとって価格設定は重要であり、名経営者の稲盛和夫氏も「値決めは経営である」という言葉を残しています。そして、適切な価格設定のために重要なのが「価格調査」です。しかし、オンラインサイトで競合製品の値段を1つずつ確認するのは非効率でしょう。そこでおすすめなのが、価格調査ツールです。本記事では、価格調査の基本から価格調査ツール10選を紹介します。
    2024.01.09 · 6 min read
  • avatarOctoparse
    本記事ではノーコードの特徴と、ノーコードツールを厳選して紹介していきます。是非参考にしてみてください!
    2024.01.08 · 6 min read