Webスクレイピングとは?定義から活用事例までの説明

 

目次:

1. Webスクレイピングとは?

2. Webスクレイピングの固有名詞

3. Webスクレイピングの活用事例

4. Webスクレイピングの実装方法

 

 

1. Webスクレイピングとは?

Webスクレイピング(Webデータ抽出、スクリーンスクレイピング、Webデータ収集とも呼ばれる)は、Webサイトから大量の情報を自動的に抽出するコンピュータソフトウェア技術のことです。データの多くはHTML形式の非構造化データで、これをスプレッドシートやデータベースの構造化データに変換することで、さまざまなアプリケーションに利用することができます。Webスクレイピングの主な使用例としては、価格監視、価格情報、ニュース監視、リードジェネレーション、市場調査などが挙げられます。
通常、インターネット上で利用可能なデータは、Webブラウザでしか見られず、構造がほとんどありません。Web上に表示されるデータのコピーを保存する機能もなく、唯一の選択肢は、手作業によるコピー&ペースト(コピペ)です。

webスクレイピングの仕組み
しかし、Webスクレイピングは、人の手でデータを抽出する退屈な作業とは異なり、Webスクレイピング技術は、そのプロセスを自動的に行い、短時間でデータを取得できます。Webサイトからデータを取得するWebスクレイピングには、オンラインサービスや特定のAPIを利用する方法や、プログラミングやWebスクレイピングツールでWebクローラーを作成する方法など、さまざまな方法があります。そのような場合には、Webスクレイピングツールを使ってWebサイトのデータをスクレイピングするのがベストです。

 

2. Webスクレイピングの固有名詞

Webスクレイピングの仕組みは、WebクローラーとWebスクレーパーの2つで構成されています。クローラーは馬、スクレーパーは馬車です。クローラーはスクレーパーを、まるで人の手で動かしているかのようにインターネット上に導き、要求されたデータを抽出します。WebクローリングとWebスクレイピングの違いと、その仕組みをご紹介します。

  • クローラー
    一般的に「スパイダー」と呼ばれるWebクローラーは、時間を持て余している人のように、リンクを辿ったり探索したりして、インターネットを閲覧してコンテンツのインデックスを作成したり検索したりするということです。多くのプロジェクトでは、まずWebや特定のWebサイトを「クロール」してURLを発見し、それをスクレーパーに渡します。
  • スクレーパー
    Webスクレーパーとは、Webページからデータを正確かつ迅速に抽出するために設計された専用ツールです。スクレーパーのデザインや複雑さは、プロジェクトによって大きく異なります。スクレーパーの重要な部分は、HTMLファイルから抽出したいデータを見つけるために使用されるデータセレクタで、通常はXPath、CSS、正規表現、またはそれらの組み合わせが適用されます。

 

3. Webスクレイピングの活用事例

今日では、Webスクレイピングはニュースポータル、ブログ、フォーラム、Eコマースサイト、ソーシャルメディア、不動産、財務報告などさまざまな分野で広く使われています。オンラインでの価格比較、気象データ監視、Webサイトの変更検出、研究、WebマッシュアップやWebデータの統合などさまざまな用途もあります。


価格情報

私たちの経験では、価格情報はWebスクレイピングの最大の利用シーンです。Eコマースサイト(Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなど)から商品や価格情報を抽出し、それをインテリジェンス化することは、データに基づいてより良い価格・マーケティング・選品の決定を行いたいと考える現代のEコマース企業にとって重要な役割を果たします。

  • 価格監視
  • 価格調査
  • 競合他社の調査
  • 製品トレンドの調査

 

市場調査

市場調査は非常に重要であり、入手可能な最も正確な情報に基づいて行われるべきです。高品質、大量かつ洞察力に優れたWebスクレイピングデータは、あらゆる形状やサイズのものがあり、世界中で市場分析やビジネスインテリジェンスを促進しています。

  • 市場トレンド分析
  • 市場の価格設定
  • 製品リサーチ
  • 製品開発
  • 競合他社の調査

 

金融機関向けオルタナティブ(代替)データ

投資家のために特別に作られたWebデータで、その価値を発掘し、価値を飛躍的に高めます。意思決定の過程において、情報やデータの洞察力はかつてないほど高まっています。そして、世界のトップ企業は、Webスクレイピングされたデータの戦略的価値を高く評価し、その利用を増やしています。

  • JSEファイリングからの情報抽出
  • 会社の基本情報の分析
  • 世論調査との統合
  • ニュース情報収集・監視

 

不動産

過去20年間における不動産業界のデジタル化は、伝統的な企業を破壊し、業界に強力な新プレーヤーを生み出す脅威となっています。Webスクレイピングされた商品データを日常業務に取り入れることで、エージェントや仲介業者はトップダウンのオンライン競争から身を守り、市場内で情報に基づいた意思決定を行うことができます。

  • 資産価値の評価
  • 空室率の監視
  • 賃貸利回りの推定
  • 市場の方向性の理解

 

ニュース&コンテンツ監視

現代のメディアは、1つのニュースサイクルの中で、あなたのビジネスに影響を出ることがあります。即時なニュース分析に依存している企業や、頻繁にニュースに登場する企業にとって、ニュースデータのWebスクレイピングは、業界の最も重要なストーリーを監視・集約・解析するための究極のソリューションです。

  • 投資の意思決定
  • オンライン世論調査
  • 競合他社の調査
  • センチメント分析(感情分析)

 

リードジェネレーション

リードジェネレーションは、すべてのビジネスにとって重要なマーケティング/セールス活動です。2020年のハブスポットのレポートでは、インバウンドマーケターの61%が、トラフィックとリードの生成が第1の課題であると答えています。幸いなことに、Webデータ抽出を利用すれば、Web上の構造化されたリードリストにアクセスすることができます。

 

ブランドモニタリング

競争の激しい今日の市場では、オンラインでの評判を守ることが最重要の課題です。オンラインで製品を販売していて、厳格な価格ポリシーを実施する必要がある場合や、オンラインで人々が製品をどのように認識しているかを知りたい場合など、Webスクレイピングによるブランド監視は、このような情報を提供します。

 

ビジネスの自動化

状況によっては、データにアクセスするのが面倒な場合があります。自社のWebサイトやパートナーのWebサイトに、構造化された形で必要なデータがあるかもしれません。しかし、社内で簡単にできる方法がないため、Webスクレーパーを作成してデータを取得することに意味があります。複雑な社内システムを利用するのではなく、Webスクレーパーを作成してデータを取得するのは理にかなっていると思います。

 

最低広告価格の監視

最低広告価格の監視は、ブランドのオンライン価格が自社の価格ポリシーに沿っているかどうかを確認するための標準的な手法です。数多くの卸売業者や販売代理店が存在する中で、手動で価格を監視することは不可能です。そこで、ツールで製品の価格を監視できるWebスクレイピングが便利です。

 

 

4. Webスクレイピングの実装方法

 

Webスクレイピング技術は、スクレイピングソフトウェアツールによって実現されます。これらのツールは人間のブラウジングをシミュレートして、Webサイトとやり取りします。Webスクレイパーは、ブラウザーに表示されるデータだけでなく、Webページのソースコードからデータを抽出し、それらをローカル・フォルダーまたはデータベースに保存します。インターネットには、多くのWebスクレイピングツールがあります。Octoparseは代表なツールで、コードを書くことなくWebデータを簡単に抽出でき、自由度の高いデータ収集が可能、しかも無料版もあります。

Octoparseのようなスクレイピングツールを使うと、複数のWebサイトでWebスクレイピングタスクを同時に行ったり、毎時、毎日、毎週など好きな頻繁にタスクを行うようにスケジュール設定できます。

 

 

 

 

 

関連記事:

Webスクレイピングツールにオススメの10選

【活用事例】Webスクレイピングでビジネスを成長させる方法30選

なぜWebスクレイピングを学ぶのか?意味と必要性を解説! 

Webスクレイピングの始まりはいつ?これからどうなる?