logo
languageJPdown
menu

【活用事例】Webスクレイピングでビジネスを成長させる方法30選

約7分で読めます

Webスクレイピングによるデータ活用が注目されています。膨大なデータを自動抽出するWebスクレイピングの技術を使えば、あらゆるビジネスシーンに役立ち、業務効率化や生産性向上が期待できます。

しかし、実際にWebスクレイピングをビジネスで活用しようと考えたときに、具体的な利用シーンが思いつかないといった方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、ビジネスの成長に役立つWebスクレイピングの活用事例30選を一挙公開します。

Webスクレイピングがビジネスシーンで注目される背景

インターネット上のデータが急増していることはご存知でしょう。IDCが発表したData Age 2025によると、2025年までに世界規模のデータは163ゼタバイト(ZB)に増えると予測されています。また、一説によれば、世界中で1日に2.5エクサバイト(EB)のデータが作られ、さらにインターネット上に存在するデータの90%が過去2年間で作成されているそうです。こうした大量で大規模なデータは「ビッグデータ」と呼ばれ、ビジネスシーンではビッグデータをいかに活用するかが成功の鍵を握ります。

データ分析をするには、そもそも基となるデータを集めることからスタートします。手作業ではいくら頑張っても数百件程度のデータしか集められず非効率です。そこで活用が見込まれるのがWebスクレイピングです。Webスクレイピングは、SNS、ニュースメディア、政府統計、ECポータルなど、あらゆるWebページから大量のデータを自動取得し、ExcelやCSV、データベースなどのデータフォーマットにエクスポートします。こうして取得したデータは、さまざまな目的のために活用されます。

Webスクレイピング自体はさほど新しい技術ではありません。しかし、今までWebスクレイピングを扱えたのはPythonなどのプログラミング言語を扱えるエンジニアなど、一部の専門家に限られており、一般的には活用が普及していませんでした。

しかし近年では、Octoparse(オクトパス)のような、ノーコードで扱えるWebスクレイピングツールが登場したことで、マーケティング担当者やセールス担当者でもかんたんにWebスクレイピングを行えるようになりました。

マーケティング|Webスクレイピング活用方法4選

ここではマーケティング部門の業務に役立つWebスクレイピングの活用方法を4つ紹介します。

1.最新コンテンツの収集・集約 

競合サイトをはじめ、特定のWebサイトの最新情報を毎回確認するのは手間がかかります。コンテンツ収集にWebスクレイピングを活用すれば、すべての情報をExcelやスプレッドシートに集約できます。その他にも、Twitter(The X)、TiktokなどのSNS投稿、noteやQittaなどのプラットフォームの情報も収集できます。最新コンテンツリストを作成すれば、どのサイトがいつ更新され、どんな内容が投稿されているかも一元管理できるようになります。

参考:【初心者向け】無料でTwitte(The X)rからデータを抽出する方法3選!

2. 競合他社の動向チェック

競合他社が行っているイベントや製品開発、価格戦略、マーケティングキャンペーンをリアルタイムで把握できます。競合他社の動きを知ることは、自社の戦略を立てる上で重要です。

競合他社の動向を調べるには複数のWebサイトを調査する必要がありますし、定期的に確認しなければいけません。調査対象の競合が多ければ、その分調査にも時間と手間がかかります。しかし、OctoparseをはじめとしたWebスクレイピングツールを使えば、データ抽出のプロセス全体を完全自動化できます。情報収集の手間が掛からない分、戦略立案にリソースを割くことができます。

参考:2023年オススメの価格調査ツール10選

3. リードジェネレーション

リードジェネレーション(Lead Generation)とは、見込み客(リード)の創出です。どんなビジネスでも、生き残るためには見込み客の獲得は欠かせません。ポータルサイトを使えば、見込み客の電話番号、メール、住所などの必要な情報を取得できます。わざわざ手作業でコピー&ペーストをしなくとも、Webスクレイピングを活用すれば、何千もの見込み客の情報をわずか数分で収集できます。

参考:リードジェネレーション [wiki] 

4. 検索エンジン最適化(SEO)

狙ったキーワードでコンテンツを検索エンジンの上位に表示させるSEO施策は、リード獲得の主流になっています。検索エンジン最適化(SEO)監視のために、Webスクレイピングを活用することで、任意のWebサイトからメタデータを収集したり、キーワードの関連情報や検索順位を抽出したりすることで、自社のSEO施策に貢献します。

それにより、競合他社がどのようにして自社の検索結果を上回ることができるのかを検証し、アクセス改善に役立ちます。

電子商取引(EC)と小売業|Webスクレイピング活用方法2選

ここからは電子商取引(EC)と小売業に役立つWebスクレイピングの活用方法を2つ紹介します。

1. 市場調査

Webスクレイピングを活用して、ライバル商品の在庫状況を追跡したり、複数のECサイトからジャンルごとに人気ランキングを取得したりできます。

人気商品が売れているかチェックすれば、数多くのインサイト(洞察)を得られるでしょう。また、余剰在庫を抱えるリスクを減らし、販売機会損失の防止にも役立ちます。

2. 価格調査

Webスクレイピングを活用して、複数のECサイトから24時間リアルタイムで価格情報を取得できます。それによって、自社が出品している商品の価格を最適化し、売上アップに貢献します。

また、自社商品の売上・販売数を毎日・毎週・毎月定期的に収集し、実績に基づいた分析を行うことで、今後の売上や販売数を予測できるようになります。

参考:

便利すぎ!Octoparseを使って商品データを自動収集してみる(Yahoo!ショッピング編)

Googleショッピングから商品情報をスクレイピングする方法

【ECデータ活用】ビジネスの競争力強化に不可欠!リアルタイムデータ収集の方法は?

Octoparseで商品情報をスクレイピングする 

データ研究|Webスクレイピング活用方法2選

ここからはデータ研究に役立つWebスクレイピングの活用方法を2つ紹介します。

1. 感情分析

ECサイトやポータルサイトからレビュー(評価)を抽出することで、自社が販売する商品がどのような評価を得られているか定期的に確認できます。それによってレビューに潜む顧客の興味・関心や不満といった感情を分析できます。

顧客が抱える感情のフィードバックを促し、顧客が求めるニーズを把握できれば、新たな商品開発やマーケティング施策の検討に役立ちます。

参考:YouTubeコメントをスクレイピングで自動取得して羽生結弦選手のファン感情を分析する 

2. 機械学習

機械学習(Machine Learning)とは、一般的には大量のデータを基にモデルを構築することを指します。モデルはデータからパターンを学習し、独自のロジックを生成します。そのため、基となるデータ数が多ければ多いほど、より正確な結果が得られます。Webスクレイピングを活用すれば、複数のソースから価値あるデータを短時間で大量に抽出できます。

参考:ユーザを虜にした機械学習仕組み|Tiktok、スマートニュースが人気になる理由

その他の活用事例22選

ここまで紹介した以外にも、Webスクレイピングを活用すれば様々なビジネスシーンで業務効率を高めたり、新しい価値を創出したりできます。ここからは、その他の活用事例22選を紹介します。

1. 不動産サイトから物件情報を収集する

SUUMOやHOME’Sといった不動産のポータルサイトから物件の詳細と、不動産会社の連絡先を取得できます。地域の家賃相場などを把握する際に役立ちます。

参考:【簡単】Webスクレイピングで海外不動産データを一挙に取得する方法

2. 求人サイトから求人情報を収集する

IndeedやリクナビNEXTなどの求人ポータルサイトから求人情報を収集して、募集エリアや職種ごとの平均賃金データを作成できます。人材会社であれば、採用ニーズがある企業の営業リスト作成にも役立ちます。

参考:【Indeed】求人情報を一括で自動的に取得する方法公開!

3.動画サイトからビデオ情報を収集する

YouTubeやニコニコ動画などからレビュー、サムネイル画像、タイトル名などのビデオ情報を一括取得できます。人気動画の詳細情報を収集することで、視聴数が高い要因の分析・検証に役立ちます。

4. キュレーションサイトのコンテンツ情報を収集する

フォーラムやコミュニティなどのキュレーションサイトをスクレイピングして、投稿内容や著者情報などのコンテンツデータを自動で抽出します。

5. 政府機関サイトから統計情報を収集する

政府機関サイトでは、さまざまな統計データや地理空間情報をオープンデータとして公開しています。それらのサイトをスクレイピングで集計して、さまざまなデータに加工し活用できます。

6. ホテルの情報を収集する

ホテルのデータを抽出し、ライバル店の宿泊価格やレビュー(評価)などを比較して、宿泊価格の決定や、新たな宿泊プランの企画に活用できます。

7. 営業リストを作成する

iタウンページやリクナビなどから、社名・電話番号・住所などの企業情報を自動収集し、営業リスト作成を自動化します。

参考:【iタウンページ】無料で簡単に営業リストを自動作成する方法|今すぐ使える!

8. 株式ランキングを作成する

Yahoo!ファイナンスなどから株式ランキングを収集できます。取得する株式や抽出するタイミング(日にち、時間など)を設定し、スプレッドシートへの入力まで自動化します。

参考:ノンプログラミングでYahoo!ファイナンスの株価情報を収集する方法

9. 保険会社の補償範囲を取得する

保険会社のWebサイトから保険商品ごとの補償範囲を取得し、保険会社の比較検討が容易に行えるようになります。  

10. ブランドモニタリング

SNSや口コミサイトなど複数のチャネルを介して、自社製品の評判やレビューを集めます。センチメント分析(感情分析)を行うことで、ユーザーがどんな感情を抱いているかを可視化し、新たなインサイト(洞察)を得ることができます。

11. 広告実施中のターゲットユーザー

正確な広告ターゲティングのために顧客情報をスクレイピングし、顧客について深く理解できます。例えば、性別、年齢層、購買習慣のほか、コメントやレビューを分析して、その特徴に基づいてターゲットを絞った広告を配信できます。

12. Googleマップから店舗の情報を取得する

Googleマップでは地域の飲食店や美容サロンなどの店舗情報を閲覧できます。Webスクレイピングを活用すれば、特定の地域内のお店の電話番号や住所、レビューなどの情報を一括で収集します。

参考:【営業リスト作成】2022年Googleマップをスクレイピングする方法4選

13. 裁判所の判決例をスクレイピングする

裁判所のサイトには過去の判例が掲載されています。弁護士が判例を調査することで、弁護を有利に進めるうえでのポイントを確認できます。

14. レストランや飲食店のメニューをスクレイピングする

ぐるなびや食べログなど飲食ポータルサイトに掲載されている飲食店のメニュー内容や料金を収集できます。新しく店舗を出店する際やメニューを考案する際にも、相場比較に基づいた価格設定に役立ちます。

参考:【食べログ】Webスクレイピングを使ってうなぎの名店を一括取得

15. 上場企業の財務データを抽出する

EDINETという金融庁が運用している企業情報の開示システムを活用して、上場企業の財務データをスクレイピングで自動収集できます。

参考:【金融編】オルタナティブデータとは?データ活用の重要性について語る!

16. 医薬品サイトから医療品情報を抽出する

医薬品ポータルサイトから、医薬品の効能や用法・用量、製造メーカーといった詳細情報を収集できます。

17. スポーツサイトからスポーツ選手の情報を抽出する

スポーツサイトから、スポーツ選手の実績や所属チームといった詳細情報を収集できます。例えば、NPB(日本野球機構)のサイトに掲載されている選手一覧から、全プロ野球選手の画像データや所属球団名を一括で取得可能です。

参考:【競馬予想】競馬データをスクレイピングしてみた

18. 中古車サイトから自動車データを抽出する

カーセンサーなど中古車サイトから、掲載されている自動車の年式や走行距離、価格データなどを抽出できます。

19. 学術論文データを抽出する

特定のキーワードを含む新着論文のPDFをダウンロードしたり、公開されているURLをエクスポートできます。

参考:卒論、研究、レポート、論文作成におすすめのデータ収集方法とは?

20. 金融機関向けオルタナティブデータの抽出

オルタナティブデータとは、金融機関や投資家が資産運用の際に参考にしているデータの中で、一般的に公開された情報以外のデータのことです。投資家やヘッジファンドマネージャーの投資判断において、情報やデータの精度や洞察力はかつてないほど高まっています。スクレイピングを使えば、オルタナティブデータの収集を効率化できます。

参考:仮想通貨のレート・時価総額情報をスクレイピングしてみた | Octoparse

21. ショッピング広告の監視

Googleショッピング広告などの商品価格をリアルタイムで収集します。過去の経験や勘で商品価格を設定するのではなく、他の出品者の商品価格をリアルタイムで監視することで、最適な価格設定を実現し、広告のクリック率やコンバージョン率を高めます。

22.レポート作成タスクの自動化

Webスクレイピングはビジネスプロセスの自動化に役立ちます。例えば、定期的にレポートを作成する場合、毎回手動でデータを集めるのは面倒でしょう。

Webスクレイパーを作成して定期実行を設定すれば、その後は任意のタイミングで自動的に抽出されます。抽出されたデータをExcelやスプレッドシートにエクスポートするまで自動化してしまえば、レポート作成に掛かる時間は大幅に短縮します。浮いた時間は分析や洞察に注力できます。

まとめ

本記事ではWebスクレイピングの活用事例30選を紹介しました。インターネット上のデータが加速度的に増え続ける中、データは集める時代から活用する時代へと突入しました。

パソコンの世界最大シェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)の元CEOであるカーリー・フィオリーナ氏も「データを情報に変え、情報を洞察に変えることが大切である」と述べています。

ビッグデータはいわば宝の山です。インターネット上に存在するビッグデータを最大限に活用することで、これまでにないビジネスチャンスをもたらします。Octoparse(オクトパス)をはじめ、Webスクレイピングツールを活用すれば、誰もがかんたんにデータを収集できます。ぜひ、あなたのビジネスにWebスクレイピングを役立ててください。

人気記事

トピックを検索する

今すぐOctoparseを始めて、業務効率化を実現しましょう。

ダウンロード

関連記事

  • avatarTakahashi
    本記事では、世界が最も注目する最先端技術トレンドを紹介します。時代に取り残されないためにも、ぜひ参考にしていただければ幸いです。
    2024.02.02 · 6 min read
  • avatarTakahashi
    購買の判断基準の中で、最も大きなファクターなのが「価格」です。そのため、出品者側にとって価格設定は重要であり、名経営者の稲盛和夫氏も「値決めは経営である」という言葉を残しています。そして、適切な価格設定のために重要なのが「価格調査」です。しかし、オンラインサイトで競合製品の値段を1つずつ確認するのは非効率でしょう。そこでおすすめなのが、価格調査ツールです。本記事では、価格調査の基本から価格調査ツール10選を紹介します。
    2024.01.09 · 6 min read
  • avatarTakahashi
    「営業活動のために企業のメールアドレスを取得するのが面倒」「効率的に企業のメールアドレスを収集する方法やツールを知りたい」このような悩みをお持ちの営業パーソンも多いのではないでしょうか。そこで今回は企業のメールアドレス収集に役立つツール10選を紹介します。海外で人気のツール8選、国内で人気のツール2選に分けて紹介していますので、ぜひ目的や用途に応じて最適なツールを試してみてください。
    2023.02.16 · 7 min read
  • avatarAKI
    情報がデータ化されている現代において、収集したデータを活用することは必要不可欠といっても過言ではありません。しかし、データを活用することの重要性を理解しているものの、肝心のデータが社内や手元に存在せず、データ収集に悩んでいる方もいることでしょう。また、データが不足していることを自覚していても「データをどこから集めるのか」「購入しなければならないのか」という疑問も感じてるのではないでしょうか。ここでは、データ収集の必要性から実施方法、コストを下げる方法を紹介します。
    2023.02.14 · 7 min read