【活用事例】Webスクレイピングでビジネスを成長させる方法30選

Webスクレイピングでビジネスを成長させる方法30選

 

データが急速に成長していることは皆が知っています。Data Age 2025と題されたIDCの調査によると、2025年までに世界規模のデータは163ゼタバイト(ZB)に増えると予測されています。それに、IBMによれば、1日に2.5エクサバイト(EB)のデータが作られ、そして世界中のデータの90%が過去2年間で作成されました。このようなデータの大規模な爆発している時代で、ビジネスまたは仕事にデータがどのように使えるかについて考えたことがありますか?

ビッグデータの利用は複雑に思えるが、そうではないかもしれません。Webスクレイピング(別名:Webクローリング、Webデータ抽出など)は、ソーシャルメディア、ニュースポータル、政府報告、フォーラムなど、大量のデータをWebから取得して、Excel、CSV、データベースなどのデータフォーマットにエクスポートします。取得したデータはさまざまな目的のために分析または処理されます。Webスクレイピングはもう新しいことではありませんが、毎日私たちの周りでWebスクレイピング活動が行われていることに気付いている人は多くありません。この記事では、実際の企業がWebスクレイピングを使って何をしているのかを共有したいと思います。

 

目次

 

マーケティング

1. コンテンツ収集&集約

 コンテンツ集約

ライバルよりも上位に立つための注目すべきアイデアを思いつくのは難しいことです。Googleの検索結果を1ページずつ見て、時間を無駄にするのはやめましょう。Googleの検索結果を含むすべての情報を1つのスプレッドシートにかき集めることができます。次に、どのトピックが書きやすいか、そのタイトルや説明がどのようにするか把握できます。Twitter, FacebookなどのSNS、AmebaやQittaなどのUGCプラットフォームからあらゆるトピックの投稿を便利に収集できます。ざまざまなの視点からコンテンツの範囲も広げます。

 

関連記事:Webスクレイピングでコンテンツマーケティングを促進する方法


2. 競合情報監視

 競合情報監視

 

競合他社が行っていること、例えばそのイベント、製品開発、価格戦略、およびマーケティングキャンペーンを常に把握できます。競合他社が何をしようとしているかを知っていることは、自社の戦略を立てる上で重要です。

通常、競合情報監視では複数のWebサイトから同時にデータを取得する必要があります。また、定期的に情報を抽出する必要があります。OctoparseのようなWebスクレイピングツールは、データ抽出のプロセス全体を自動化できます。

関連記事:2021年オススメの価格調査ツール10選

 

3. リードジェネレーション

リードジェネレーション

 

リードリードジェネレーション(Lead Generation)とは、見込み客(リード)の獲得のことです。見込み客のいるWebサイトがあれば、電話番号、メール、住所などの必要な情報を取得できます。Webスクレイピングは、数分以内に何千もの見込み客の情報を収集するのに役立ちます。

どんなビジネスでも、生き残るためにはリードがとても重要です。コンバージョン(CV)できないリードのためにお金を使うのはやめましょう。

関連記事:リードジェネレーション [wiki]

 

4. 検索エンジン最適化(SEO)

検索エンジン最適化(SEO)監視のために、任意のWebサイトからメタデータ(例:Title / Keyword / Description)を収集するか、インターネット検索エンジンの結果をクロールします。

キーワードに関連する結果やランキングを抽出することで、SEOの取り組みを監視します。Webスクレイピングにより、競合他社がなぜ、どのようにして自分の投稿を上回ることができるのかを分析することもできます。

 

電子商取引(EC)と小売業

1. 市場調査

市場調査

売れ筋商品を発見することは困難です。Webデータ抽出は、商品リストやカテゴリーを抽出するプロセスを自動化し、売れ筋商品のインサイトを提供します。それだけでなく、製品情報を収集することは、製品の品揃えを適切に決定するためにも良いです。
オンラインで見つかったデータを構造化データに変換し、BIツールを使用してそれらを分析します。カスタム分析は、あらゆる企業にとって重要な公共の需要や行動を効果的に反映することができます。

2. 価格監視

以下の質問はよくありますでしょうか?
価格を上げても顧客を維持するのは難しいが、限界費用を下げて利益を上げるためには必要なことであります。自分の商品にぴったりの価格帯は何か?他社が展開している価格戦略に注目するべきでしょうか?他社は何かプロモーションイベントを行っていますか?価格を下げていますか?

ここでWebスクレイピングの出番です。同じ情報でも、異なるソースから価格を抽出することができます。
Webスクレイピングを使用して、競合他社の商品をリアルタイムで監視します。競合他社の価格戦略を了解し、価格戦略を制定します。

それだけでなく、以下のこともできます。

・小売業者/製造業者/ Eコマースサイト(例えば、Amazon、eBay、Alibabaなど)から製品情報(価格、画像、評価、レビューなど)を収集することによって製品カタログを作成する
・様々なソーシャルメディアWebサイト(Twitter、Facebookなど)からデータを収集して、市場の動向を把握する
・各商品のレビューを収集する

関連記事:

Octoparseで商品情報をスクレイピングする

Amazonから商品情報をスクレイピングする

Webスクレイピングによる価格戦略・価格の決め方

Webスクレイピングを使ってデータ分析とインテリジェンスを向上する

 

データ研究

1. 感情分析

感情分析

Eコマースやその他の公開サイトからレビュー(評価)を抽出することで、顧客の感情やフィードバックを理解します。顧客が考えていることが何かがわかれば、マーケティング施策を考える上で大きな助けになるだろう。

関連記事:

感情分析 [wiki]

新型コロナウイルスに関するツイートへの感情変化分析

 

2. 機械学習

機械学習(Machine Learning)について、基本的には、大量のデータをモデルに入れることです。それについて、モデルはそのパターンを研究し、独自のロジックを構築します。データが多ければ多いほど、より正確な結果が得られます。Webスクレイピングで、複数のソースから価値あるデータを短時間で大規模に抽出するのに理想的なやり方です。

関連記事:機械学習の基本!知っておくべき8つの用語

 

 

その他の活用事例
1. 不動産物件を集める

不動産物件を集める

不動産のWebサイト(例えば:SUUMO、LIFULL HOME'Sなど)から物件の詳細と代理店の連絡先の詳細を取得できます。

関連記事:

Octoparseを使って不動産のデータを収集する

SUUMO(スーモ)から物件情報をスクレイピングする

2. 求人サイト(例えば、Indeed、リクナビNEXTなど)の求人情報を収集して求人掲示板を作成する

関連記事:

Octoparseを使って求人情報を整理する

Indeedから求人情報をスクレイピングする

 

3. YouTubeやニコニコ動画などのビデオホスティングサイトからビデオの情報を取得する

4. コンテンツキュレーション

フォーラムやコミュニティをスクレイピングして、投稿や著者などのデータを抽出します。

5. 政府機関のサイトから規制情報または統計情報を収集する

6. ホテルのデータを抽出し、価格やレビュー(評価)などのデータを比較して競争力を維持するか、このデータを集計して独自のプラットフォームを構築する

関連記事:Octoparseを使ってホテルのデータを収集する


7. 様々なニュースポータルからのニュースデータをクロールして、ニュース集約サイトを構築する

8. あらゆる種類の製品およびサービス用に独自の価格比較サイトを構築する

9. 保険会社のWebサイトから保険の補償範囲を取得する  

10. ブランドモニタリング/オンライン評判

ソーシャルメディア、フォーラムなどの様々なチャネルを介して、人々が自社の製品やサービスについての評判を知りたい場合は、自分の興味に関連するデータを取得し、意思決定をより適切にするためのセンチメント分析を実装する自動メカニズムを設定する必要があります。

11. 広告実施中のターゲットユーザー

正確な広告ターゲティングのために顧客情報をスクレイピングし、顧客をよりよく理解します。性別、年齢層、購買習慣、趣味などのコメントやレビューを分析して、その特徴に基づいてターゲットを絞った広告を作成することができます。

12. 様々な病院/診療所のサイトから医師の情報を取得する

13. 法的目的のための参考例として過去の判決報告をスクレイピングする

14. レストランや飲食店のメニューをスクレイピングする

15. 株価や資金価格などの財務データをリアルタイムで抽出する

16. 医薬品サイトから医薬品の詳細などの医療情報を抽出する

17. 様々なスポーツポータルからスポーツデータを取得する

18. 自動車データや自動車部品の情報を収集する

ヒューレット・パッカードの元執行役員、社長であるCarly Fiorina氏は、次のように「目標は、データを情報に、情報を洞察に変えることです」と述べています。World Wide Webを活用することは、世界最大かつ偏りのないデータベースを持つことを意味し、これまでにないビジネスチャンスを生み出します。今すぐ行動し、の激しい競争のなかで、業界トップに立ち続けています。

関連記事:Octoparseで商品情報をスクレイピングする

 

 

 

関連記事:

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用

大企業がこれらの人気サイトからデータを取得している!ジャンル別24選

カスタマー・エクスペリエンスを向上させる6つの方法