Webスクレイピングするなら何言語?オススメ言語6選を比較!

プログラミング言語「Webスクレイピングを学習したいけど、どの言語がおすすめ?」「Webスクレイピングツールに頼らずWebクローラーを自作したい」このように、Webスクレイピング学習を始めようと思っても、どの言語から学べば良いかわからない方も多いでしょう。

そこで、今回はWebスクレイピングにおすすめのプログラミング言語を紹介します。これからWebスクレイピングを独学しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

Webスクレイピングとは?

Webスクレイピングにおすすめの言語4選

非エンジニアにおすすめのプログラミング言語2選

プログラミング言語を使わずにスクレイピングをする方法

まとめ

Webスクレイピングとは?

そもそもWebスクレイピングとは、Webサイト上の特定データを自動で抽出し、データベースやスプレッドシートなどに格納し、分析可能な構造化データへと変換するWeb技術のことです。

「クローラーボット」と呼ばれるサイトクローラーが、Webサイトを巡回し、特定のデータをかき集めます。

このクローラーボットを作るにはプログラミングが必要です。プログラマーのコーディングによりWebクローラーを構築することで、特定のWebサイトからあらゆるデータを取得できるようになります。

しかし、一言でプログラミングといっても世の中には様々な言語が存在します。言語によってそれぞれ特徴が異なるため、スクレイピングに不向きな言語もあります。

初心者がプログラミングでWebスクレイピングを行う場合は、まずは各言語の特徴を理解したうえで、取得する言語を決めるところから始めると良いでしょう。

Webスクレイピングにおすすめの言語4選

ここからは、Webスクレイピングにおすすめの言語を紹介します。独学に役立つ書籍情報も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Python

Pythonは、IoT分野やAI(人工知能)開発で用いられることが多く、近年世界中で人気急上昇中の言語です。特にスクレイピングにおいては、今回紹介する言語の中で最適なプログラミング言語といっても過言ではありません。大きな特徴としては、開発を効率化する「ライブラリ」が豊富に揃っていることが挙げられます。

ライブラリを使うことで、イチからコードを記述する必要がなく、効率的にスクレイピングプログラムを構築できます。また、Pythonはスクレイピング関連の書籍や、Web上の情報も充実しているので、初心者の方でも学習しやすい言語といえます。

おすすめの本:「Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド

Ruby

Rubyは、日本人のエンジニアまつもとゆきひろ氏によって開発されたスクリプト言語(プログラミング言語の一種)です。国内ではWeb系企業を中心に人気があります。Rubyでは、「Ruby on Rails」といったフレームワークがあり、開発効率を高めることができます。

Webアプリケーション開発以外にもスクレイピングも可能で、Pythonと比べて軽量なライブラリで実装出来るのがメリットです。特にRubyでスクレイピングをする際に便利なライブラリに「Nokogiri」があります。Nokogiriを使えば、HTML上の任意の箇所から文字列を抜き出したり、動的にHTMLを作成できます。Pythonと同等のライブラリに比べても扱いやすいのが特徴です。

おすすめの本:「Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例

JavaScript

JavaScriptは、主にWebサイトやWebアプリケーション開発に用いられるスクリプト言語です。一般的にはHTML/CSSと組み合わせて、動的なWebサイトを作る際に用いられます。

一方で、Node.jsなどを組み合わせることで、サーバーサイド開発が可能になりスクレイピングを行えるようになります。しかし、環境を整えるのに手間がかかりますので、スクレイピングを行うためにあえて覚える必要はありません。余程の事情が無ければPythonかRubyなどを覚える方を優先した方が有意義でしょう。

おすすめの本:「JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック

PHP

PHPは、WebサイトやWebアプリケーション開発に利用されることが多い人気の言語です。PHPは、本来スクレイピングに特化した言語ではありませんが、「PHPQuery」という便利なライブラリを使うことでWebスクレイピングが可能になります。

例えば、idやclassを指定することで、Webサイト上の特定のデータや画像データなどをピンポイントで抽出できるようになります。

PHPをマスターすれば、Webサイト制作からスクレイピングまであらゆる用途で使えますので、書籍などを参考に習得を目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめの本:「PHPライブラリ&サンプル実践活用[厳選100]

非エンジニアにおすすめのプログラミング言語2選

プログラミングはサーバー構築やデータベースの知識取得が必要なので、習得の難易度が高く、途中で挫折する方も少なくありません。そこでおすすめなのがVBAとGASです。ここでは、それぞれの特徴を解説します。

VBA

VBA(Visual Basic for Applications)は、Excelの拡張機能の1つで、PythonやRubyのように開発環境を用意せずとも、アプリケーション内でかんたんにプログラミングを行うことができます。

VBAでスクレイピングを行うためには、「Microsoft HTML Object Library」「Microsoft Internet Controls」といったライブラリを追加導入する必要があります。VBAの詳しい使い方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

参照:【初心者向け】ExcelとVBAでWebスクレイピング実戦!

おすすめの本:「Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術

GAS

GAS(Google Apps Script)は、Googleが提供するプログラミング言語です。GASを使えば、スプレッドシートやGmailなどの、Googleサービスの自動化を図ることができます。GASは複雑な環境構築が不要なので、非エンジニアの方でもすぐにコーディングを行えるのがメリットです。

GASを使えばスクレイピングも行うことができ、Webサイト上のデータをスプレッドシートに書き出すことが可能です。記述したスクリプトを定期実行するためのトリガー機能も用意されているので、毎回決まった時間や曜日にスクレイピングを実行させるといった処理も可能です。

おすすめの本:「Google Apps Script完全入門

プログラミング言語を使わずにスクレイピングをする方法

プログラミング言語を習得すればスクレイピングは簡単に行えるようになりますが、プログラミングをイチから覚えるには非常に時間と労力を要します。

もし非エンジニアがWebスクレイピングで自身の業務効率を高めたい場合は、無理にプログラミングを習得せずにExcelのVBAやWebスクレイピングツールを使うのがおすすめです。

中でもおすすめなのが、Octoparse(オクトパス)です。Octoparseは、直感的な操作だけでスクレイピングを行えるWebスクレイピングツールWebクローラーです。プログラミングコードを書く必要がないため、非エンジニアやIT初心者でもWebサイト上の情報を手軽に抽出できます。

例えば、ECサイト上の画像や商品情報、求人サイト上の企業名や電話番号なども取得できるので、営業リスト作成やマーケティング調査などに活用できます。取得したデータは、CSV、EXCEL、HTML、JSONなど、さまざまな出力形式にエクスポートが可能です。

まとめ

プログラミングでWebスクレイピングをマスターすることで、Web上のあらゆる情報を効率的に集めることができます。さらに得られたデータを加工したり分析したりするスキルを身に付けることも可能です。

こうしたスキルは、AI(人工知能)分野や、ECサイト・SNS運営、営業活動(競合分析、市場調査)などさまざまな分野で広く使われています。

書籍や動画コンテンツなどを参考に独学をしてみてください。もし、学習コストを掛けずにスクレイピングを行いたい場合は、スクレイピングツールがおすすめです。Octoparseなら、無料から使えるため、スクレイピングに興味がある方はまずは実際に操作をして、スクレイピングの素晴らしさを体験してみてください。

 

関連記事:

スクレイピングテクニック - バレないようにする方法を解説

APIとは?連携するとどうなる?仕組みやメリットを徹底解説【Octoparse APIもご紹介】

Webスクレイピングを始める前に確認すべきこと10