【経営者必見!】費用対効果の高いECデータ収集方法|Webスクレイピングツール5選

 スクレイピングという技術はWeb上のデータを抽出することによって、様々な分野に活用することができます。特にEC企業に対して、Web上のデータを活用して、ビジネス上の色々な洞察を知ることができます。しかしながら、スクレイピング技術はプログラミングで実現する場合は多いため、プログラミングに詳しくない方にとって難しいです。そのため、この記事では、主に中小企業とEC出品者に向け、データを収集するソリューションを紹介します。もし、ご参考いただければ、幸いです。

 

 まずは、EC事業におけるWebスクレイピングの問題点とその解決策を紹介した上で、五つの使いやすいスクレイピングツールを紹介します。

 

目次

1、データを収集する際に中小企業の難題

  1)プログラミング技術が不足

  2)予算が有限

2、中小企業向けの解決策

  1)Webスクレイピングチームを作る

  2)データを購入する

  3)Webスクレイピングツールを使う

3、オススメのスクレイピングツール

  1)Octoparse

  2)Parsehub

  3)import.io

  4)Mozenda

  5)Content Grabber

4、まとめ

 

 

1、データを収集する際に中小企業の難点

 中小企業にとって、Webスクレイピングをする際によくある問題は以下の通りです。

 

1)プログラミング技術の不足

 多くのEC企業や、EC出品者にとって、一般的にWeb上のデータをpythonというプログラミングで取得し収集します。もし、プログラミング技術がなければ、この方法でクローラーを構築することがほとんど不可能です。または、技術を習得するまで、長い時間がかかりますので、コードを書けない人にとって誰にとっては使いやすいデータ収集方法ではありません。

 

 pythonのプログラミング言語でクローラーを構築したとしても、データをきれいにするのも非常にチャレンジのあることです。抽出されたデータは無秩序になり、データのクリーニングに必要な技術的知識がなければ、これらの抽出されたデータは役に立たないことになってしまいます。

 

 それだけではありません。多くのWebサイトでは、スクレイピングを防ぐためにスクレイピング防止技術をしています。したがって、Webスクレイピングができなくなる場合も少なくないと見えます。

 

 これらのことはWebスクレイピングをするためによくある問題ですが、解決策があります。  

 

2)予算の有限

 多くのEC企業にとって、Webスクレイピング際にもう一つの大きな難題は予算です。正直に言うと、Webスクレイピングにはお金がかかる項目です。クローラーを構築するためにプログラマーを雇うと、コストが高くなります。最近、副業をする人は多くなりますが、その中で、スクレイピングをする価格も安くではありません。人力の他に、数多くのスクレイピングツールがありまして、それらのWebスクレイピングツールの中には料金プランも少し高めのものもあります。

 

 確かに、スクレイピングはお金がかかるが、いくつかの費用対効果な方法があります。

 

2、中小企業向けの解決策

 これから、いくつかの解決策を紹介していきます。それぞれの解決策を言及する際に、メリットとディメリットを含めて説明します。自分がいま遭遇している問題に基づいて、一番適合な解決策を選びましょう。

 

 それでは、始まりましょう!

1)Webスクレイピングチームを作る

 専門なスクレイピングできる人材を雇うことで必要なデータを収集することができます。

 

🔸メリット

 

- ストレスや作業を軽減することができる

 

- 必要なデータに大量に獲得することができる

 

🔹デメリット

 

- 給料や維持するコストが高い

 

- 経験豊富なプログラマーを見つけることが難しい

 

2)データを購入する

 オンラインでデータを購入することができます。ブロックされたことに心配する必要がありません。またはプログラミング知識を習得する必要もありません。

 

🔸メリット

 

- プログラミング知識が不要

 

- 非常に簡単で誰でもデータを入手できる

 

🔹デメリット

 

- 取得したデータが不正確な場合がある

 

- 頻繁にデータを更新することができない

 

3)Webスクレイピングツールを使う

 Webスクレイピングツールを使えば、コードを書かずに自分にもWebスクレイピングすることができます。ツールだけを使えば、ほとんどのWebスクレイピングの問題を解決できます。

 

🔸メリット

 

- プログラミング知識が不要

 

- 頻繁にデータを取得できる

 

- 正確なデータを得ることができる

 

🔹デメリット

 

- 中小企業にとっては料金がすこし高い

 

- ツールの使用方法を学ぶ必要がある

 

3、おすすめのスクレイピングツール

 すべてのWebスクレイピングソリューションの中で、Webスクレイピングツールを使用することは、費用対効果が一番いいソリューションです。コードを書かずに自分でデータを取得できます。お金がかかりますけど、専門なプログラマーを雇うことに比べ、安いです。以上のソリューションの中で、中小企業と個人にとっては最適な方法と言えます。

 

 Webスクレイピングツールを選択する前に、それぞれのツールの機能や価格を知るべきです。

 

 1)Octoparse

 Octoparseは、コードを書かずにWebからデータを抽出するスクレイピングツールです。このツールでは分かりやすいダッシュボードとワークフローがあります。Webサイトのスクレイピング防止技術を対応できる機能を備えています。スクレイピングされたデータは、Excelなどのフォーマットでダウンロードすることができます。API接続により、データベースの中でデータを更新することもできます。

 

価格

 

•無料プラン

 

•スタンダードプラン:年間課金の場合は月額75ドル、月間課金の場合は月額89ドル。

 

プロフェッショナルプラン:年間課金の場合は月額209ドル、月間課金の場合は月額249ドル

 

エンタープライズプラン 見積もりはOctoparse社にお問い合わせください。

 

2)Parsehub

 Parsehubは、データマイニングのためのクラウドベースのWebスクレイピングツールです。機械学習技術を活用して、Web文書を読み取り、分析し、関連するデータに変換できます。API、CSV/Excel、Googleシート、Tableauなどの経由でデータにアクセスすることもできます。

 

価格

 

無料プラン。

 

スタンダードプラン:月額149ドル

 

プロフェッショナルプラン:月額499ドル

 

エンタープライズ。価格はParsehubにお問い合わせください。

 

3)import.io

 

 import.io はSaaS型のスクレイピングツールです。データをスクレイピングするためにワークフローを備えています。特別な環境構築なしにクラウド上でスクレイピングすることができます。また、スクレイピングに必要な時間を設定することができ、データを様々なフォーマットでダウンロードすることができます。

 

価格

 

無料プラン

 

エッセンシャルプラン:月額299ドル

 

プロフェッショナルプラン:1,999ドル/年

 

エンタープライズプラン: 年間 $4,999

 

プレミアムプラン: 年間 $9,999

 

4)Mozenda

 市場で最も古いWebスクレイピングツールの一つであり、非常に高い評価があります。Webページだけでなく、エクセル、ワード、PDFからデータをスクレイピングできます。または、このツールは30日間の無料トライアルプランがあります。

 

価格

 

無料プラン

 

プロフェッショナルプラン:月額99ドル

 

エンタープライズプラン:年額450ドル

 

5)Content Grabber

 Content Grabberは、ほとんどのWebサイトからデータを抽出できます。

 

価格

 

無料プラン

 

プロフェッショナルプラン 149ドル/月

 

プレミアムプラン 299ドル/月

 

 以上、それぞれのスクレイピングツールの料金プランは異なっています。スクレイピングツールを選択する際に各公式サイトで料金プランを改めてチェックして下さい。

 

まとめ

 プログラミング知識がなくても、Webスクレイピングもできます。スクレイピングツールを利用して、低予算で簡単でWeb上のデータを抽出することができます。これはECビジネスをしている中小企業にとって最適なデータ収集方法です。だから、Webスクレイピングできるかどうかを考えるのは止めましょう。今日その一歩を踏み出し、すべてのウェブスクレイピングのタスクのために、Webスクレイピングツールを使い始めましょう。

 

 

 

 

関連記事

ECサイトからデータを抽出する3つの課題と解決策

【レビュー活用】ECビジネスの成長に欠かせないレビュー収集方法

【2021最新】国別でのおすすめのSEO対策会社一覧✨ !海外への集客も