【ここが競争力!】情報時代のEC小売経営の競争優位源泉は?

中小企業の小売業者がどのようにWebスクレイピングを使用して優位性を取り戻しますか?
今日では、誰でもオンラインで小売のビジネスを展開することができます。オンラインでWebサイトの設定やオンラインストアの立ち上がりは簡単ですが、Eコマースに長く参加すればするほど、生き残りの難しさをどんどんわかってきました。オンラインでのビジネスに対しては、 SEO戦略から商品のイメージまで、すべてのことを最適化する必要があります。でも、それは必ずしもいいコンバージョンに転換できるわけではありません。その中で、重要なのは店で持っていたアイテムです。どの製品をどの価格で販売するか、在庫があるかどうか、それらの情報を管理することが重要です。
幸いなことに、Webスクレイピング技術を使って、いいコンバージョンの促進し、競争相手との戦いに役立ちます。
Webスクレイピングとは、さまざまなソースからWeb上のデータを抽出し、それを構造化された形でデータを収集することです。
一番早くWebスクレイピング技術を採用するのは投資業界です。投資業界はWebスクレイピングが異なるWebで情報を収集し整理し、意思決定に役立ちます。現在では、不動産物件の取得、キャンペンーンのモニタリング、コンテンツアグリゲーション(コンテンツ集約)など、様々な分野で広く適用されています。Eコマースの販売者、特に中小企業の小売業者にとって、WebスクレイピングはECビジネスの発展に、非常に使いやすい技術です。なぜというと、中小企業の経営者の成長を妨げる根本的な原因から説明しましょう。

 

 

目次

1、販売に適した製品は?

2、不完全な製品情報を処理する方法は?

3、価格で製品の競争力を高めることは?

4、顧客のニーズは?

5、Octoparse

 

1、販売に適した製品は?

売れ残ったアイテムを倉庫に置いておきたいと思う人は誰もいませんでしょう。売りやすい商品を見つけるために、商品に関する詳しく情報を収集することが重要です。たとえば、商品のレビューや、googleの検索量、価格の変動性などのパフォーマンスを追跡し、比較することはビジネス成功の第一歩です。
「ローマは1日にしてならず」ということわざがあるじゃないですか。このことわざが言いたいのは大きなことは長く継続的な努力なしには完成されませんことです。Eコマース事業も同じです。もしも、最初に適切なアイテムを選んだら、それはEコマース事業にとって事半功倍になるじゃないでしょうか。どのように売れやすいと売れにくい商品を分別して、売れやすい商品に投資することが一番難しいです。
でも、効率的に商品を選択し、リスクを最小限にする方法があります。それは、さまざまなサイトから各製品を検索し、それらの商品に関する情報を整理した上で分析を行うことです。データの収集によって、多くのことを分かるようになります。たとえば、競合他社がShopifyがオンラインストアに厚底靴を追加して在庫がいっぱいにした時は、この靴が売れやすいということを推測することができます。

靴だけの商品情報を検索すると、自分で手動的に各サイトで情報を収集することが可能ですが、もしも、何百万ものSKU(種類)の場合は、どうすればいいでしょうか。これはWebスクレイピングが存在する理由です。つまり、Webスクレイピングは技術によって、ネット上のデータを自動的に効率的に抽出し収集することができます。

 

2、不完全な製品情報に対処する方法は?

どのようにビジネスの成長を判断しますか?ここで一つの方法があります。それは、どのぐらいの商品を正常に経営しているのです。ここからビジネスの成長を判断することができます。ほとんどの中小企業の所有者にとっては、製品の種類と製品の在庫がある規模に達したら、もっと発展していくことが難しくなります。ひとつの理由としては、より多くの商品を経営すると、管理できなくなる状態になりやすい。理想的には、製造業者またはベンダーは、利用可能な製品ファイルを提供し、そして、APIを介して商品の情報を同期に更新します。しかしながら、実際にはこのように商品を管理する人は少ないです。

もし不正確な製品情報がある場合は、もう一つの問題が生じます。この問題を解決できないと、SEOランキングとユーザー体験を損ないます。たとえば、在庫のない場合は、すぐに気付いていますか?気付いていたら、時間内に追加することができますか?このような問題をうまく解決できないと、商品の検索ランキングだけではなく、長期的には見込み客の獲得にも悪い影響を与えます。

もし、私たちは正確に完全に商品の情報を管理することができるなら、中小企業のビジネスの成長をもっと加速させるでしょう。

 

3、価格で製品の競争力を高めることは?

ほとんどの小規模なeコマースビジネスのオーナーは、価格を下げることによって競争力の優位性を得る条件はありません。そのため、競争力を維持しながら最適な価格を設定することが重要です。
  • 調査によると、80%以上の消費者が購入を決定する前にさまざまなWebサイトで商品のの価格を比較します。
このニーズに応じて、価格比較のWebサイトが生み出しました。実際に、これらのWebサイトは検索エンジンだけの機能を使用して、顧客にさまざまなプラットフォームから製品や価格情報を提供し、可能な限り取引を得るようにします。

顧客も多くのサイトで価格を比較してから購入を決めることを知っていますが、なぜ私たちは同じようなことをしないですか?。競合他社のオンラインストア、または価格比較Webサイトからの価格を追跡することにより、それに応じて競争力のある価格戦略を考え出します。そうすると、競合他社が価格を変更すれば、私たちはすぐわかります。理想的には、特定の時間間隔でさまざまなプラットフォームから大規模な価格設定を自動的に追跡することにより、情報を実用的な洞察に変えて、利用可能な最良のオファーを顧客に提供できます。

 

 

4、顧客のニーズは?

こういうことわざがあるでしょうか。「友は近くに置いておけ。だが敵はもっと近くに置いておけ」。友達と敵を近づけてください。このことわざの道理は自明なことです。本当の戦争で、敵を監視することがいかに重要であるか。そのことわざもビジネス戦略にも適用します。オンラインで商品を販売する唯一の目的は、コンバージョンを促進することです。コンバージョンが多ければ多いほど、より多くの利益が得られます。それを実現するために、重要なのはどれほど顧客と見込み客のニーズを理解することです。レビューを追跡することで、自社と競合他社の商品やサービスに顧客はどう思っているかを把握することができます。そして、最後に、競合他社から顧客をポッシュし、顧客ロイヤルティを高めることができます。それはそのことわざが言ったように、友の顧客と敵の競合他社、その両方を近くに置きます。

でも、情報の抽出や収集は一つの情報源から問題を明らかにすることができません。できるだけ多くの情報源から多くの情報を収集します。そうするとより客観的に顧客の思いを把握することができます。だが、インターネットの情報の分散性からみると、さまざまなソースからのすべてのレビューを収集や、同期に情報の変更を追跡することが困難になります。これも、Webスクレイピングが存在する理由です。データを複数の情報源から同期に抽出し収集することが可能になります。

5、octoparse

近年、eコマースの発展に伴い、価格モニタリングに対するニーズが生じました。それにもかかわらず、十分な機能を提供するソリューションはまだありません。その結果、多くの企業は、技術上の問題を解決するために、多くのソフトウェアにお金を注ぐことになります。ここで簡単に使えるWebスクレピングツールoctoparseを推薦します。理由は主に3つあります。
  1. データ抽出はほぼリアルタイムと同期。これにより、抽出プロセスがより効率的になり、時間の遅延で情報の見逃しの状況を防ぐことができます。販売チャネルに関するすべての情報を完全かつ正確に管理します。 Octoparseは、新しい商品を抽出するだけで新しい製品プロファイルを簡単に作成できます。
  2. 競合他社の価格設定を簡単に追跡できます。実装するスクレイピングスレッドの数に関係なく、クラウド環境でスクレイピングエージェントを同時に実行できます。
  3. 製品やブランドの宣伝などが、ソーシャルメディアで顧客のレビューをモニタリングします。コメント、メンション、タグを1時間ごと、1日ごと、または1週間ごとに抽出するので、顧客との強固な関係を追求して、よりよいのコンバージョンを達成できます。
Octoparseでは、企業向け、個人向けのWebスクレイピングサービスを提供します。商品やレビューなどの情報収集することを悩んたら、support@octoparse.com宛にお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

関連記事

 

ECサイトからデータを抽出する3つの課題と解決策

【活用事例】Webスクレイピングでビジネスを成長させる方法30選

【マーケティング実戦】競合他社調査から引き出す価格と品揃え戦略