【個人事業主向け】超簡単!知っておきたいデータ監視方法|リアルタイムデータ収集

オンラインでの販売を促進するために、EC事業者としてECサイトでのデータを収集・分析する能力は欠けてはいけません。それぞれのデータに基づいて、消費者のインサイトの解明とマーケティングの調整をすることが可能にします。

それでは、本記事ではEC事業者にとって、価値のあるデータとデータを活用する方法について説明します。

 

目次:

一、EC出品者にとって価値のあるデータとは

1.商品のレビュー

2.キーワードの検索順位

3.売れ筋ランキング

4.競合商品に関するデータ

二、ECサイトのデータ監視方法

1.OctoparseのECテンプレート

2.データのクラウド抽出

3.データ抽出のスケジューリング

 

一、EC出品者にとって価値のあるデータとは?

 

1.商品のレビュー

商品レビューは売り手にとって非常に重要で、商品の選択とコンバージョン率向上にとって役に立てるデータです。商品レビューの価値は:

 

  • 商品の選定:自分が売っている商品と競合商品のレビュー内容を分析することで、販売者は購入者の潜在的なニーズと消費者の好みを掘り起こすことができます。それで、商品を選定する時にベストセラーや売りやすい商品を見つけることができます。

 

  • コンバージョン率の向上:お客様は注文する前に商品の実際の状態を見ることができないため、レビューは非常に重要な参考資料です。それはお客様が最終的に購入する時に、決定的な要因の一つです。 そのため、悪いレビューを短い時間に見つけて、早く介入して対処したり、レビューから重要な問題点を抽出し、積極的に改善することができます。

 

レビューの抽出と活用については「【レビュー活用】ECビジネスの成長に欠かせないレビュー収集方法」という記事をご覧ください。

 

2、キーワードの検索順位

キーワードの検索順位を監視することもEC事業の改善に役に立ちます。キーワードランキングは、商品リストのトラフィックに大きく影響を与える重要な要素です。Amazonのキーワード検索ランキングの変化をリアルタイムで監視することで、ランキングの状況を把握し、商品掲載の最適化やキーワードランキングの改善を行えます。より多くのトラフィックがあれば、売上の増加に促進することができます。

 

3、売れ筋ランキング 

AmazonのWebサイトは、人気度ランキング、新着ランキング、売れ筋ランキング、急上昇ワードランキング、ほしい物ランキング、ギフトランキングなどのリストを提供しています。これらのデータは商品を選ぶ際に重要な参考データとなっていますので、 データ項目を定期的に収集・分析することで、さまざまな洞察が得られます。

関連記事【売上爆増!】Amazonランキング上位表示攻略法4選

 

4、競合商品に関するデータ

競合他社の新製品に関するのデータ、競合キーワードの選定、競合製品のリスト、競合製品のレビューなどのデータをモニタニングすることも重要です。

 

競合商品と価格に関するデータの収集とモニタニングする方法については「【Amazonから学ぶ】EC事業を成長させる価格競争方法徹底解決」にご参照して下さい。

 

二、ECサイトのデータ監視方法

 

EC事業者はWeb上のデータ収集作業はすべて手動ですれば、非常に時間と人力をかかります。この時、Octoparseのようなデータ収集ツールを導入すれば、定期的にデータを自動に収集することができます。 データを分析しようとする時に、いつでもデータをダウンロードし、エクスポートすることができます。

 

例えば、上述の商品レビュー、キーワードランキング、売上ランキング、商品情報、価格、在庫情報、これらはすべてのデータ収集とデータ監視をOctoparseで実現できます。

 

1、OctoparseのECテンプレート:

Octoparseはコードを書かずに誰でも簡単にデータを抽出できます。プログラミング知識を持っていない方にも手軽にデータを取得するために、ソフトウェアの中で数多くのテンプレートを用意しています。これらのテンプレートを使って、データを抽出したいURLや商品のキーワードを入力するだけで、簡単にデータを抽出することができます。

 

 

下記の表にご希望のテンプレートがない場合は、気軽くてWebスクレイピングテンプレート|Octoparseにお問い合わせください。お客様のニーズに応じて、テンプレートを増加することも可能です。

 

 

2、データのクラウド抽出

多くのWebサイトから大量なデータをリアルタイムのデータを収集する場合は、クラウド抽出をおすすめです。

 

クラウド抽出とは、オクトパスで抽出して欲しいデータを複数のクラウドサーバーで同時に抽出することで、同じ商品が複数のECサイトでのデータ抽出を実現できますし、同時に複数の商品のデータを抽出することもできます。

 

下図のように、Amazonの複数の異なる商品のスクレイピングタスク(商品検索、商品詳細、キーワード収集リストなど)を同時に実行して、同時にデータを収集することができます。

 

 

3、データ抽出のスケジューリング

Octoparseでは定期にデータを抽出機能を備えています。たとえば、ECサイトではランキング、競合商品の価格、在庫、レビューなどのデータはいつも変わっています。その場合はスケジューリングで定期にデータを抽出することができます。

 

スケジューリングはどのように設定するのでしょうか? Octoparseは、多くのWebサイトの高頻度な収集ニーズを満たすために、最低1分ごとにデータのクラウド抽出をサポートしています。 また、「一回のみ」、「毎週」、「毎月」、「一定間隔」など、多くのスケジュールタイプの設定もできます。

 

例:この図で、「スケジュール設定」を選択し、「スケジュールタイプ」を30分に設定します。すると、このタスクは30分ごとに自動的にクラウドデータを抽出します。

 

同時に、データ分析のために、収集されたデータを自動的に保存したり、エクセルの表にエクスポートしたりすることもでき、業務の効率をアップすることができます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

【経営者必見!】費用対効果の高いECデータ収集方法|Webスクレイピングツール5選

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用

【2021年】初心者向けの最高のAmazonセラーツール6選!