【出品者向け】Amazon急上昇ワードランキングをモニタリングする方法|ブログ内で無料テンプレート付け!

Amazonの急上昇ワードランキングは出品者にとって、非常に価値のある情報源です。

Amazonの急上昇ワードランキングはお客様の検索によって、1日ごとに更新します。出品者たちは急上昇ワードランキングの変化を監視することで、お客様がどんなキーワードで検索するを把握し、商品リストを最適化することができます。または、キーワードの最適化によって、商品のランキングを向上させ、より多くのトラフィックと売上を獲得ことができます。

 

 

 

 

1.急上昇ワードランキングのモニタリングとは?

 

Amazonキーワード検索順位の監視とは:特定のキーワード検索におけるASIN順位の変化を一定の頻度で監視すること。

 

実は、Amazonの売れ筋ランキングより、急上昇ワードランキングへのもっと注目をすべきです。なぜというと、急上昇ワードランキングの場合は、商品名そのものを指名したキーワード以外にも、抽象性の高いキーワードも多いです。それで、売りやすい具体的な商品ではなく、売れるある種類の商品を連想しやすいメリットがあります。

 

2.急上昇ワードランキングを監視するには?

急上昇ワードランキングへの監視について、各出品者が検索したいキーワードの数、ASINの数や検索頻度は同じではないかもしれませんが、操作方法はほとんど同じです。

 

一般的な流れ:

①手動で表示順位を記録します。いくつかのキーワードを想定し、手作業でキーワードを入力し、ExcelでこのキーワードでのASINの表示順位を記録します。

 

②Excelでデータを処理します。わかりやすくExcelで表示するために、赤は下降、緑色は上昇と表示します。これで、どのキーワードが上昇するか、どのキーワードが下降するかをすぐわかります。

 

③手動で週に2~5回データを確認します。急上昇ワードランキングは毎日更新しますしますので、多くの出品者は毎週2~5回の頻度で、キーワードでのASINの表示順位をチェックし、データを更新します。

 

 

3.手作業における欠点

急上昇ワードランキングのモニタニングは手動で行うことができますが、色々な欠点があります。たとえば、

①キーワードを入力してから、最初のページから手動で商品の検索順位を探す必要があります。

②数多くの検索キーワードとASINがある場合は、手動でキーワードランキングのチェックするのは非常に効率が低いです

 

4.Octoparseにおける解決策

スクレイピングツールを使って、簡単にAmazon検索キーワード上位ランキングを自動化的に監視することができます。

本記事ではOctoparseを例として、どのようにスクレイピングツールを使って、Amazonの急上昇ワードランキングを自動化にモニタリングする方法を紹介させていただきます。

 

Step1.キーワードの用意

octoparseを使う前に、消費者たちはどういうキーワードで目標商品を探すのかをよく考えてから、いくつかのキーワードを想定します。 

本記事でwireless charger 、cases 、bluetooth headset という三つのキーワードを例として紹介します。

※関連記事:

Amazonの運営者であるSandyの一日|EC事業に欠かせないデータ活用!

 

Step2.テンプレートの利用

Octoparseは既にこのテンプレートを用意いたしました。以下のリンクを開き、テンプレートをダウンロードできます。ダウンロードしてから、Octoparseに「タスクをインポート」をし、すぐに利用することができます。

https://drive.google.com/file/d/1DzUz9hHoDNG9B-gFuEWSyx_8NYrBW92i/view?usp=sharing

 

Step3.お届け先の郵便番号とキーワードを入力する

テンプレートの中でお届け先の郵便番号とキーワードを既に設定しましたが、ご自分のニーズに合わせ、変更して下さい。

※なぜの郵便番号を入力するというと、Amazonでは、発送先が異なるキーワードを入力したときに表示される商品のリストが異なるからです。たとえば、California州の郵便番号「95136」を入力しています。

 

キーワードを入力する:

 

 

Step4.収集を実行し、データを取得する

Octoparseを起動して、データを自動的に収集します。

データをスクレイピングするまで、少々待ちください。データを全て抽出した後に、データをエクスポートできます。

 

Step5.定期にデータを抽出する

先ほど述べたように、ランキングは一定の頻度で更新する必要があります。 Octoparseでは、更新頻度に応じて定期的な収集を設定し、収集タスクを自動的に開始することができます。

たとえば、このタスクでは、毎日の毎晩21時に1回回収するように設定します。

 

Step6.データをエクスポートし、データを比較する

データ収集が完了した後、データの変化を比較します。 

例えば、wireless chargerというキーワードで検索した時に、3月30日と3月31日のB089RHFSSRの順位変動を確認したいです。 そして、3月30日と3月31日のデータを調べてみると、3月30日は1ページ目で18位、3月31日は1ページ目で23位と、5位も順位が下がっていることを分かりました。

以上の作業は、合計で2分しかかかりません。 これは、1つのキーワードと1つのアシンを監視する場合の例です。 監視するキーワードとアシンが多数ある場合、Octoparseは多くの時間と労力を節約して、仕事の効率の倍増の効果を果たせます。

3月30にのランキング

3月31日のランキング

 

Amazonのキーワード検索ランキングを長期間モニタリングし、分析結果をもとにマーケティング戦略を練ることで、リスティング広告を非常に良い状態に調整することができます。その結果、キーワードランキングの向上し、より多くのトラフィックと売上をもたらすことができると思います。

 

 

 

関連記事

【EC出品者向け】Amazon商品レビューを一括して取得方法|レビュー活用

【個人事業主向け】超簡単!知っておきたいデータ監視方法|リアルタイムデータ収集

【経営者必見!】費用対効果の高いECデータ収集方法|Webスクレイピングツール5選