【データ戦略】ビジネスの競争力強化に不可欠!最も価値のあるデータは?

 

オンラインビジネスは自社の商品に競争力を持たせるために、Web上のデータを活用することが非常に重要です。この記事では、Eコマースの利益を上げるために、Web上のどのようなデータが必要なのか、またはWebスクレイピングがどのように役立つのかを説明して行きたいと思います。

 

目次:

1、ECビジネスの成長に役立つデータは何?

1.1競合他社のデータ

1.2SEOデータ

1.3価格データ

1.4カスタマーレビュー

2、データをどのように取得するのか

2.1ワンストップのeコマースソリューションソフトウェア

2.2ウェブデータ抽出ソフトウェア

2.3 データ抽出チームの構築

2.4データの購入

3、まとめ

 

 

1、ECビジネスの成長に役立つデータは何?

Eコマースにとって、Web上で商品に関するデータを収集し分析することによって、自社が今後進むべき方向性(基本戦略)を策定できます。EC事業の成長を得ることができます。

 

1)競合他社のデータ

競合他社は、直接的な競合他社と間接的な競合他社という二つの種類に分けています。直接的な競合他社とは自社と同じものを提供している企業です。間接的な競合他社とは製品やサービスは自社とは異なるが、顧客の同じニーズを満たす可能性のある企業です。

 

競合他社のデータを分析すると、市場競争で自社の位置を理解でき、市場のギャップを見つけられ、そして、よりよいマーケティング戦略を制定し、お客様にアプローチできます。

 

2)SEOデータ

Eコマースは、より多くの顧客を獲得することは、Webサイトのトラフィック数(アクセス量)に大きく依存します。自社の商品は検索結果の上位に表示できないと、自社の商品がお客様に購入される可能性も低くなります

 

自社のWebサイトや商品が検索結果の上位に表示されたいならば、SEOを最適化しなければなりません。検索結果のランキングを影響する要因は多いです。その中でバックリンクとキーワードの使用が最も重要な要因です。多くの企業が、Googleでのランキングを上げるために、Webスクレイピングを利用しています。

 

 

Webサイトのタイトル、メタキーワード、メタディスクリプションはGoogle検索結果ランキングに大きく影響を与えます。これもWebサイトを顧客に紹介する文です。だから、検索結果上位の競合他社のWebサイトのメタ情報を抽出することはSEO対策の第一歩です

 

 3)価格データ

競合他社の商品価格設定も重要なデータです。競合他社の商品はどのような価格設定があるのかを明らかにするために、Webスクレイピングで価格データを抽出することが必要です。データ収集を通じて、競合他社の価格をモニタニングすると同時に、市場上の価格設定の全体像を把握することもできます。

 

競合他社の価格をモニタニングすることで、自社の市場戦略に役立つ情報を得ることができます。例えば、競合他社はどのように商品を販売していますか?単一の製品を販売、それともセットとして販売していますか?もし、その両方が販売している場合は、顧客はどちらを多く購入しますか?競合他社は顧客に割引を提供していますか、などのことです。これらのデータを入手すれば、より良いマーケティング戦略を立てることができます。

 

 4)レビュー

Web上の顧客のレビューから、自社のサービスの改善すべきなことを知ることができます。QuoraやYelpのようなWebサイト上のレビューは、顧客が商品やサービスについてどう感じているかについて、直接的な情報を提供してくれます。

 

人々は製品を購入する前に、Web上でこの製品のレビューをチェックする傾向があります。ある商品を販売している場合、Web上で同じ商品を販売している他のEC出品者から、この商品に対して、消費者たちはどのような態度や評価があるのか、を全体的に把握することができます。また、自分の商品と同じカテゴリーでの他の商品のランキングを見れば、市場でどのようなものが売ってるのか、という市場情報を知ることができます。

 

2、データをどのように取得するのか 

ECビジネスを成長するために、以下のようにいくつかのおすすめのツールがあります。

 

2.1)ワンストップサービス

より多くのユーザーにリーチするために、多くのソフトウェアがワンストップサービスを提供しています。たとえば、Shopify、BigCommerce、Volusion、Opencart、Magentoなど。

 

  • メリット

- より大きな市場への参入が可能

 

- トラッキングとアナリティクスが可能

 

- コストが低い

 

- 管理が簡単

 

  • デメリット

- Eコマースソフトウェアでは、個人的なタッチを加えることができない。

 

- データが埋め込まれているため、柔軟なビジネス分析ができない。

 

- ITセキュリティ上の問題が発生する可能性がある。

 

2.2)Webデータを抽出するツール

Web上のデータを分析ために、データ抽出が必要です。一般的にブラウザに表示されている限り、データを取得することができます。データ抽出におすすめのツールはOctoparseです。

 

  • メリット

- 簡単に使える

 

- プログラミング知識が不要

 

- 自分のニーズに応じて、データを抽出することができる

 

  • デメリット

- Octoparseに慣れるまでに数週間がかかります。

 

- 短期間で大規模なデータを取得するには、ある程度の予算が必要です。

 

2.3データ抽出チームを構築

社内にデータ抽出チームを構築するには、スクレイピング作業のために複雑なスクリプトを書いたり、クローラーのメンテナンスをしたりできる開発者のグループが必要です。

 

  • メリット

- 柔軟でカスタマイズ可能なデータを得ることができる。

 

- 社内の専門家は、他のサービスプロバイダーと協力するよりも調整が簡単です。

 

  • デメリット

- 多額の費用がかかります。

 

- クローラーの構築と維持に時間がかかる。

 

2.4)データの購入

競合他社のデータや価格などデータは、オンラインで購入できます。データ提供者やデータサービス会社にニーズを相談することもできます。

 

  • メリット

- 手間がかからない

 

  • デメリット

- データが正確性が確認できます。

 

- データが頻繁に更新しているため、何度も購入する必要があります。

 

3、まとめ

データ活用はEC企業に対するメリットは、いくら強調してもし過ぎることはありません。Web上のデータの抽出することは、競合他社の先を行き、利益を上げるための最も確実な方法です。Octoparseを使用して、Web上のデータを簡単にかつ効率的に入手できます。これらのデータを利用して、最適な市場戦略を立てることができます。

 

 

 

関連記事

 

 

【Amazonから学ぶ】EC事業を成長させる価格競争方法徹底解説!

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用

Webデータの収集と分析は、ビジネス成長にどのように役立ちますか?