スクレイピング業界の変革|Octoparse 新バージョン 8.1 Beta がリリース!

新バージョンリリース

WebスクレイピングツールであるOctoparseの新バージョン ver 8.1 が2020年4月15日よりリリースされました。今回の新バージョンのリリースでは、Webページの自動認識機能の追加と内蔵ブラウザのアップグレードにより、パフォーマンスが向上し、データ取得の効率を大幅に改善しました。また、ユーザインターフェースの改善により、インストールからタスク作成、実行中の操作まで、使いやすさも向上しました。

今回の主なバージョンアップ項目は以下のようになります。

 

1.ハンズフリーでデータ抽出が可能

「Webページの自動認識」機能を追加するにより、WebページのURLアドレスを入力するだけで、Octoparseは自動的にWebページを分析し、ワークフローを自動的に生成するようになります。Webページ上のテキスト、画像、リンクなどの情報を識別でき、収集するデータフィールド、ページネーション、スクロールダウンなどの設定を自動的に推奨できます。複数の認識結果が表示され、簡単に切り替えられ、一般的なニーズを満たすことができると思われます。超初心者でも手軽にデータをスクレイピングできるようになりました!

自動識別

 

 


2.高度なブラウザ互換性

内蔵ブラウザをFirefoxからGoogle Chrome 8.0に切り替えました。以前のバージョンで読み込めなかったWebサイトは、Octoparse 8.1ですぐに読み込めるようになります。あらゆるWebサイトがOctoparseの内蔵ブラウザに開けられるように努めています。

 


3.より高速なスクレイピング速度

Webデータ収集のプロセスにおいて、更なる高速化が求められています。スクレイピング速度も、高品質のスクレイピングツールのコア競争力です。以前のバージョンと比べて、Octoparse 8.1は、10倍高速で応答性が向上しています。OP 7.0が100件データを抽出するのに21分41秒かかりましたが、OP 8.1が同じWebページから同じ量のデータを取得するのに2分しかかかりませんでした。

 


まとめ

新バージョンに関する詳細はこの記事をご覧ください。Octoparseへのご意見、アドバイスなどがございましたら、ぜひご遠慮なくお寄せください。Octoparseは引き続きより良いサービス・機能を提供できるよう努めております。

 

 

関連記事:

Octoparse 8.1 Beta がリリース!

業界初!Webデータを自動収集できるWebスクレイピングテンプレート