【レビュー活用】ECビジネスの成長に欠かせないレビュー収集方法

 

 

目次:

1、レビューの重要性

2、レビューをスクレピングする方法

3、レビューに関する研究

4、終わりに

 

1、レビューの重要性

 Eコマースのレビューは、消費者が買い物をする際に重要な基準だけでなく、企業が消費者情報を収集するための重要な手段でもあります。 オンライン レビューは、主に以下の四つに分けています。

  • 顧客の動機分析
  • 今後の動向予測
  • サービスの改善
  • 顧客の感情分析

 

2、レビューをスクレイピングする方法

レビュー データをオンラインで大規模に取得する方法はいくつがあります。

①コピーと貼り付けの手作業(できればその方法を使わないでください);

②コーディングによる独自のスクリプトの作成

③データ取得代行サービスへの外注

④Web スクレイピング ツールの利用

 

 信じられますか?Web スクレイピングはもはやプログラマーの唯一の特権ではないことになりました。 Octoparse などの Web スクレイピング ツールは、複雑なスクリプト作成プロセスを簡単にクリックの操作を通じて実現出来ます。簡単に言うと、従来はコードを書くことでデータを抽出する作業は、今ではクリックするだけで、データを簡単に抽出することができます。そのことによって、プログラマーではなくでも、スクレピングツールを使用するだけで、Web上のレビューを独自のレビュー スクレイパーの構築によって、簡単に抽出できます。

 

次のリンクをチェックして、より多くのECサイトからデータを収集する方法を見つけてください。

Amazonから商品のレビューをスクレピングする

Yahoo!ショッピングから商品情報をスクレイピングする

Yelpからビジネス情報を取得する

 

 Eコマースの急速な発展に伴って、多くの消費者がオンライン ショッピングに夢中になっています。「インターネット プラス」の概念により、Eコマース業界に入る人がどんどん増えていきます。販売者の商品の販売状況は、オンラインでの消費者の評判とコメントと強く関わっています。

 

 インターネットの一つの特性としては、だれでも自分の意見や考えをWeb上でシェアできるのです。オンラインショッピングにも、顧客は自分自身のショッピング体験をWeb上、SNSで自由に他の人にシェアすることができます。Web上やSNSでレビューを取得するのは非常に簡単なことです。これは、消費者の購入決定に大きい影響を与えるのだけではなく、Eコマースの販売者が消費者の声を聞く貴重な機会となっています。

 

 3、レビューに関する研究

 ある研究によると、Eコマースのオンライン レビューの研究は、主に動機の研究と有用性の研究という 2 つのカテゴリに分けています。

 

 

研究者が研究のためにレビューデータを使用する方法 

(1) 動機調査

 Eコマース プラットフォームのオンライン レビューは、消費者に意思決定の支援を提供するだけでなく、販売者が商品の状態を理解するのにも役立ちます。ただし、特定のインセンティブがなければ、ほとんどの消費者は良いショッピング体験をしていても、Web上で何もコメントやレビューをしない人も多いだろう。販売者側が何もインセンティブをしないと、商品のレビュー欄にお客様からのいいショピング体験の情報を集めにくいです。

 

 ユーザーからのレビューが少ないことは、企業にとって解決したいことですが、この問題を効果的に解決する前提条件としては、ユーザーがWeb上でレビューをする理由を正確に理解することが重要です。それで、一部の研究者は、Web上のレビューをする動機について調査を行っていました。

 

 彼らは、実証研究の調査手法を用いて、ホテルの Web サイトでのユーザーがレビューをする時の動機を研究しました。学者たちは、ソーシャル キャピタル理論と社会的交換理論に基づいて、ユーザーがコメントする動機は、主に相互主義、自己改善、コミュニティイメージの重視、利他主義であることを発見しました。レビューをするその背後の動機は、社会的地位、自己イメージ、娯楽、ポイントやギフトなどの社会心理的要因に関わっていることを発見しました。でも、外国の文献は主に非営利のオンライン レビュー サイトの調査に焦点を当てており、e コマース プラットフォームに関するオンラインの調査はほとんどありません。

 

 オンラインでのレビュー動機調査は、Eコマース オンライン レビュー調査の基礎であり、調査結果は、Eコマース プラットフォームでの消費者レビュー システムの最適化と改善のために参照を提供できます。

 

(2) 有用性調査

 情報爆発の時代に、消費者は大量の製品情報に直面してレビューの信頼性や有効性を評価することは難しいです。同時に、レビューの商業的価値はどんどん企業に重視されてきて、一部の企業は、不適切な利益を得るために虚偽のレビューを発信します。これらのことがあって、コメントの有用性について、さらに研究する必要があります。ムダンビ研究員たちはレビューの有用性を、購入決定をするときに顧客がレビューによって、知覚した商品のこととして定義しました。

 電子商取引プラットフォーム上の製品のオンラインレビューデータをスクレピングし、そして、独自の仮説に基づいて、統計分析手法を使用して、検証します。関連指標に関する回帰分析と調査を実施した結果は、次のようになります。

  •  体験型商品については、中立的なレビューよりも過激なレビューの方が役立ちます。
  •  短いコメントより長いコメントのほうがもっと役に立ちます。

 オンライン レビューの有用性に関する調査は、消費者の実際の有用なレビューかどうかを速く判断でき、買い物を改善するのにも役立ちます。

 

4、終わりに:

 要するに、電子商取引のオンライン レビューに関する研究は多くの学者に注目されていますが、まだ改善する必要があります。技術の発展とともに、企業と消費者は新たな価値を得るために、オンライン レビュに多くの関心を払いました。情報の価値がどんどん高まっていく今日においては、Eコマースのオンライン レビューに関する研究をより多く、より深くに行うことが必要です。

 

 

 

関連記事

ECサイトからデータを抽出する3つの課題と解決策

【ここが競争力!】情報時代のEC小売経営の競争優位源泉は?

【売上爆増!】Amazonランキング上位表示攻略法4選