コンサルティング業界で求められるスキルとオススメのツール

コンサルティング

マッキンゼー、ボストン、ベインなどのトップコンサルティング会社で就職したい方が多いですが、今のままではビジネスパーソンとして本当に十分なスキルを持てているのかという不安になる人も多いでしょう。

コンサルティング (consulting) とは、企業などの経営者に対して解決策を示し、その発展を助ける業務のことです。このプロセスでは、コンサルタントは、企業が経営を行う上で抱える様々な課題に対して、中立的な立場から現状を分析し、問題を特定し、解決策を提示する必要があります。そして通常は、わかりやすく、実行可能なものにするコンサルティングレポートを提出します。

コンサルタントになるために必須の資格はありませんが、共通してみられるいくつかの特徴的なスキルがありますね。ここでは、コンサルティング業界の作業モードにおける4つの段階で、求められるスキルと役に立つツールを紹介します。

 

1.問題分析&課題把握

これはクライアントの課題を明らかにする段階で、企業の経営現状、問題やニーズを把握しなければなりません。

 

コミュニケーション

コミュニケーション能力はコンサルタントとしてクライアントから信頼を得るため、そしてどこに問題があるのか相手の立場に立って探るために必要です。また、コンサルタントは個人でコンサルティングを行うことはほとんどありません。プロジェクトごとにチームで課題解決にあたるため、メンバーとの意思疎通のためにも重要になってきます。

 

問題分析力

現状を分析し、 問題の原因を探り、目的や課題を明らかにする能力が必要です。その「問題分析力」は複雑な事柄を要素や成分に分けて、その構成を明らかにするとなっています。ビジネスの現場において、物事を的確に、素早く把握するにはフレームワークと呼ばれる型を使うのが有効です。フレームワークには戦略の方向性や分析を行うものなど様々なパターンがあり、上手く活用すれば状況判断や意思決定のスピードを上げることができます。SWOT分析は、企業や事業の戦略策定や、マーケティング戦略を導き出すための有名な分析のフレームワークです。

 

 

2.市場調査&情報収集

問題解決の仮説構築のため、クライアント社内の人にインタビューをしたり、市場調査を行ったり、データ収集をし材料を集めていきます。

 

Webスクレイピング

多くの場合、市場調査を行うとき、収集したいデータはインターネット上に散在しています。データの規模が大きかったり、複雑なものだったりすると、膨大なデータに分析が追いつかなくなります。専門的なデータ会社からデータを発注するは可能ですが、大規模な市場調査を行う場合にはコストがかなりかかりますね。そこでは、Webスクレイピングスキルは重要です。現在では、多くのスクレイピングツールもありますし、素人でも簡単に使えます。ここでは、Octoparseがおすすめです。日本語対応し、無料でも利用できます。

 

アンケート調査

市場調査の中でも消費者の声を拾い上げるアンケート調査はよく行われますね。例えば、化粧品の商品開発のためのアンケート調査ですと、ターゲットとする生活者の化粧品にまつわる現状を把握する必要があります。そういう人の回答でないと、まったく参考にはなりません。ネット調査の普及により素早く、低コストでWebアンケート調査を行われるようになりました。

Googleフォームはパソコンやスマホで回答できるアンケートを簡単に作れるサービスです。デザイン性の高いさまざまな既製テーマから選択したり、独自のテーマを作成したりすることも可能です。しかも、Google フォーム内で結果を分析できる、Googleの無料サービスです。

 


3.問題特定&データ分析

これまで集めた情報・データを基に、加工したり、分析したりすることで、最終的な課題解決方法を策定していきます。

 

データクレンジング(前処理)

データを加工するには、一番使われるのはExcelでしょう。表やグラフの作成は誰でもできると思いますが、ショートカットキーを使いこなしたり、マクロを組めたりする人はまだ少ないです。

Excelでは、複数のシートを使ったデータ集計、データの並び替え、ソート、抽出ができ、ピボットテーブルを使ったデータ分析ができ、マクロ機能を使って、自動化処理ができます。このような上級な機能を使いこなせれば、間違いなく作業効率がアップなります。

 

データ可視化

処理されたデータから洞察を引き出すには、見るだけで直観的に理解するのは難しく、グラフを作成して視覚化することでわかりやすくなります。Excelは簡単なグラフを作成できますが、BIツールのほうが便利だと思います。BIツールを使って可視化することでこれまで把握されていなかったデータの概要が明らかになります。Qlik、Tableau、PowerBIなど優れたBIツールが様々ありますので、一つだけを使いこなせれば十分です。

 


4.解決策提示&実施

プロジェクトの提案書を作り、企業の経営層へのプレゼンテーションを行い、最終的な結論や解決方法を報告・発表します。

 

プレゼンテーション

最終的な結論や解決方法が出たら、クライアントにこちら側の提案や魅力、 メリットなどを明確にプレゼンテーションする必要がありますね。プレゼンテーションとは、コミュニケーションなのです。自分の想いを相手に伝え、相手が理解していることを確認するという作業なくして、コミュニケーションが成り立たないように、プレゼンテーションも自分一人が一方的に発言するのではなく、相手の反応を的確にキャッチしなければ、良いプレゼンテーションとは言えません。

プレゼン資料を分かりやすくするために、ビジュアルを使用すると効果的です。そのビジュアルの説明をする際、多くの方がパワーポイントを使います。パワーポイントでプレゼンテーション資料を作る際、きれいなデザインに仕上げるために、パワーポイントの活用能力を向上する必要があります。

 

 

まとめ

以上、コンサルティング業界で求められるスキルをいくつかをあげましたが、コンサルタントを目指す方は、よくコンサルティング業界の仕事内容について調べて理解したほうがいいと思います。

 

 

関連記事:

2020年データ分析・データ可視化ツールおすすめの31選!

スタートアップの成長に役立つツール7選!

未経験からデータアナリストを勉強すべきスキルとは?

2020年オススメの価格調査ツール10選