マーケティングでも使える!SNS情報自動収集ツール5選

皆さんは普段Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSを利用していますか?SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの略称で、友人とのコミュニケーションを円滑にすることができるとともに、同じ趣味を持つ人々を繋げる役割をもっています。日本国内におけるSNS利用者も年々増加しています。これらのチャンネルは、Webを介してユーザーが様々なコンテンツを生成するという共通点があります。

今SNSの定義を知っているので、これからSNS情報をビジネスやマーケティングでどのように活用できるかをさらに詳しく説明し、オススメのSNS情報の自動収集ツールを挙げます。

 ソーシャルメディア

 

 

 

 

 

SNS情報を収集して何をできますか?

SNSから抽出されたデータは、間違いなく、人間行動に関する最もダイナミックな大きなデータセットであり、社会科学者やビジネスエキスパートが個人、団体、社会を理解する新しい機会をもたらし、データに隠された巨大な価値を探索できます。

[SNS分析:テクニック、ツール、プラットフォームの調査]という記事では、SNSデータ分析の初期採用者は小売業や金融業界の企業で、ブランド認識、顧客サービスの改善、マーケティング戦略、さらには不正行為を検出するためにSNS分析を適用したことが指摘されています。

上記の応用例とは別に、今のビッグデータ時代には、SNS情報は次のように適用されます。

 

 

· 顧客感情測定 

ソーシャルメディアから顧客のレビューを収集した後、特定のトピックまたは製品に対するニュアンス、背景、および感情を測定することによって顧客の態度を分析することができます。顧客感情を追跡することで、全体的な顧客満足度と顧客ロイヤルティを了解し、マーケティングキャンペーンに洞察を提供することができます。

 

· 市場細分化

Wikipediaで定義されているように、特定商品(サービスを含む)における市場を異質とみなし、顧客市場を細分化することによって特定カテゴリに対して集中的にアプローチすることを目的に行われます。ソーシャルメディアデータセットを入手して分析することで、製品やサービスの販売先と時期を知ることができます。市場をニーズ、特徴、行動様式などにより明確にグループ分けすることは、マーケティングの投資収益を最大化するのに役立ちます。 

 

· オンラインブランドの監視

オンラインブランドの監視は、顧客からの声だけでなく、競合他社、報道機関、業界のKOLが何を言っているかを知ることもできます。製品やサービスだけでなく、カスタマーサービス、販売プロセス、社会的関与、顧客がブランドとのやり取りなどすべての接点に関係があります。

 

· 市場動向の把握

市場動向を把握することは、ビジネス戦略の調整に不可欠であり、業界の動向に近づいて同じペースでビジネスを維持します。ビッグデータ自動化ツールの支援を受けて、市場動向分析は、業界の影響力のある人やソーシャルメディアチャネルの出版物を追跡することによって、一定期間の業界データを単純に比較できます。

 

 

 

 

自動収集ツール5選

 

Octoparse

octoparse-logo

 

Octoparseは、ソフトウェア型のスクレイピングツールで、コーディングせずに複雑なスクレイピングジョブに対応できます。

ポイントアンドクリックインターフェースで、実際にサイトを除きながらスクレイピング対象を選択できます。UIもわかりやすく、感覚的に操作ができます。無限スクロール 、ログイン認証、テキスト入力、ドロップダウンメニューからの選択をサポートしています。抽出されたデータは、Excel、JSON、HTML、またはデータベースとしてエクスポートできます。ダイナミックなサイトからリアルタイムでデータを抽出したい場合、Octoparse Cloud Extraction(有料プラン)は、スケジュール設定をサポートするので、動的データフィードを取得するのに適しています。価格は月額$ 149からで、無料版もお使いになられます。

ソーシャルメディアのデータをスクレイピングするために、OctoparseはすでにTwitterからツイートを抽出したり、Instagramから投稿を抽出したりするなど、多くのチュートリアルを公開しています。さらに、サンプルタスクを公開し、Octoparseにインポートしてデータを取得するだけで済みます。

 

 

 

Dexi.io

dexi

 

Dexi.ioはWebサービスなので、無駄なインストールやダウンロードは必要ありません。Dexi.ioは、抽出機、クローラ、パイプの3種類のロボットの作成をサポートしています。価格は119ドル/月からです。

Dexi.ioにはプログラミングスキルが必要ですが、Captcha、クラウドストレージ、テキスト分析(MonkeyLearnサービス統合)を、AWS、Googleドライブ、Googleスプレッドシートなどのサードパーティサービスを統合して解決できます。

アドオン(有料プラン)もDexi.ioの革新的な機能であり、アドオンの数も増え続けています。アドオンを使用すると、ExtractorとPipesで利用できるより多くの機能をアンロックできます。

 

 

OutWit Hub

outwit

 

Outwit Hubは、OctoparseやDexi.ioとは異なり、洗練されたスクラップ機能やデータ構造認識だけでなく、シンプルなグラフィックユーザーインターフェイスも備えています。Outwit HubはFirefoxのアドオンとして始まり、後にダウンロード可能なソフトに変わりました。

プログラミングの知識を必要とせずに、OutWit Hubはリンク、メールアドレス、RSSニュースおよびデータテーブルを抽出してExcel、CSV、HTMLまたはSQLデータベースにエクスポートできます。

Outwit Hubには、入力したURLのリストからデータをすばやくスクレイピングする優れた「Fast Scrape」機能があります。使い方もシンプルで、簡単な構成のWebサイトスクレイピングに適しています。

 

Scrapinghub

scrapinghub

 

Scrapinghubは、クローラ拡張を可能にするクラウドベースのスクレイピングツールで、ボット対策、ターンキーWebスクレイピングサービス、既製データセットを処理するスマートダウンローダを提供します。

このアプリは4つのすばらしいツールで構成されています:Scrapy Cloud(Pythonに基づいたWebクローラをデプロイして実行する)、 Portia(コーディングせずにデータを抽出するオープンソースソフトウェア)、 Splash(JavaScriptを使用するWebページからデータを抽出するためのオープンソースのJavaScriptレンダリングツール)、Crawlera(Webサイト、複数の場所やIPからのクローラによってブロックされないようにするためのツール)です。

Scrapehubは完全なスイートを提供するのではなく、提供するツールは個別に課金されることはもちろん、市場ではかなり複雑で強力なスクレイピングプラットフォームです。

 

Parsehub

 

parsehub

 

Parsehubは、Windows、Mac OS X、およびLinuxをサポートする、ソフトウェア型のスクレイピングツールです。JavaScriptとAJAXのページからデータを選択し抽出するためのグラフィカルインタフェースを提供します。URL指定とスクレイピングしたい箇所を選択するだけで、スクレイピングを実行します。

さらに、Parsehubにはブラウザベースの拡張機能があり、瞬時にスクレイピングタスクを開始できます。データは、Excel、JSON、またはAPI経由でエクスポートできます。
Parsehubの有料版は月額$ 149からで、市場でほかの製品よりも高いです。無料版がありますが、200ページまでしか対応できません。

 

 

 

まとめ

自動スクレイピングツールでできることを除けば、ソーシャルネットワーキングのTwitterやFacebookなど多くのSNSがユーザー、学界、研究者、特殊機関などに有料APIを提供しています。

ますます増え続ける繁栄したオンライン経済の発展に伴い、ソーシャルメディアは、顧客の声をよりよく聞き、潜在的かつ現在の顧客に真新しい方法で取り組むことによって、あなたのビジネスがその分野で目立つように多くの新しい機会をもたらします。

 

 

Octoparse - 自動スクレイピングツール

 

 

関連記事

Twitterトレンド - 新しいiPhoneについて人々が何を話しているか?

動的Webサイトからリアルタイムデータを取得する

第10回AKB48世界選抜総選挙のデータをスクレイピングしてみました!