Web担当者として必要な能力とスキルとは?

明けましておめでとうございます!ついに2021年が始まりました!皆さん、お正月はいかがお過ごしでしょうか?新年の始まりにあたり、今年の目標/やりたいことを立てる方が多いと思います。Web担当者としての私、2021に何かの新しいWebスキルを勉強するのか、いろいろ考えてみました。

グーグルしたところ、まだ身につけていないスキルはたくさんあります。今日はWeb担当者として身につけるべきWebスキルをまとめて、皆さんに紹介したいと思います。

 

Web担当者とは?

そもそもWeb担当者はどんな人でしょうか?Web担当者とは、Webマーケター、Webマーケティング担当者とも呼ばれ、Webサイトへの集客に関する業務を担当します。Webサイトの登録者数やPVなどの増加を目的として、様々な施策を行い、アクセス解析の結果を分析し、施策の検証・改善を行います。

 

 

Web担当者の仕事内容は?

Web担当者はどんな仕事をするのでしょうか?まずはある求人情報に掲載した仕事内容を見てみましょう。

 Web担当者の仕事内容

いかがでしょうか?Web制作、SEO対策、リサーチ、分析、企画提案などたくさんありますね。私自身もそれらの仕事をしています。もちろん、企業の大小や業種によって、仕事内容は変わりますが、必要とされる事はあります。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • Webサイト・ホームページ制作
  • リスティング広告・ディスプレイ広告
  • SNSの運用
  • メールマーケティング
  • コンテンツマーケティング

など、これらの手法を通じて、集客の目的を達成します。

 

 

Web担当者に必要なスキル

 

1.情報収集・分析のスキル

新しい製品・サービスを立ち上げるとき、必ず市場分析、競合分析を行います。分析を行う前、たくさんの情報を収集しなければなりません。情報収集を効率的に進めるために、情報収集力は必須なスキルです。それに、収集した情報を整理して、目的に応じて分析、解析できるスキルを身につけておくのも重要です。

利用可能リソース:

Web情報を収集するには、Octoparseというスクレイピングツールがオススメです。プログラミングする必要がなく、クリックするだけで素早くデータを抽出できます。

スクレイピングツールにオススメの10選

データ分析・可視化なら、Tableauがオススメです。Tableauは非常に強力で柔軟な分析プラットフォームで、プログラミングなどの専門知識・スキル不要で複数のユーザのコラボレーションも可能です。

データ分析にオススメのツール31選

 

 

 

2.サイト企画/制作/デザイン/更新のスキル

自社で新しいサービスを行なう場合、新しくホームページを作らなければいけないことがあります。以前作ったホームページを更新や修正などことも時々ありますね。ホームページをイチから作るには、企画書作成、レイアウト作成、ドメイン・サーバー準備、サイトマップ作成など、様々なノウハウや作業が必要になります。可能であれば、プログ(THML・CSSの知識)やデザインのスキルを身につけておきましょう。

利用可能リソース:

今では、Instapage、WiXやStrikinglyなど、LPを作れるツールがたくさんあります。テンプレートが豊富で、PowerPointのように簡単でおしゃれなページを作れます。

 

 

3.SEO対策のスキル

新しいサイトを立ち上げた後、検索順位を上げるために、サイトのリンクやコンテンツを最適化しなければなりません。それはSEO対策です。SEOを行うことで、検索結果で上位表示できれば、より多くの検索ユーザーにリーチすることができます。SEOでは、キーワード、被リンク、コンテンツが重要で、最適化するのに一定の需要がずっと続くことになります。ですから、成果を出すのは時間かかるし、難しいことです。

利用可能なリソース:

Moz、SEMrush、AhrefsなどSEOに役に立つツールもたくさんあります。それらのツールを利用して、キーワード、リンクの分析を簡単にすることができます。

 

 

4.良質なコンテンツを書くスキル

質が良いコンテンツとは、検索ユーザーが喜び記事のことです。さっき言ったSEO対策では、コンテンツ作りは重要です。コンテンツマーケティングの一環として、多くの企業はブロクを立ち上げました。ですから、相手が読みやすく、分かりやすい記事を書くノウハウが必要になります。

利用可能なリソース:

WEB上では多くのノウハウ記事がありますので、ここでは一本をオススメします。

良質なコンテンツとは:良い記事を書くための14のポイント

 

 

 

5.SNS運用のスキル

SNSの普及に従って、SNSマーケティングを行う企業も増えました。多くの人に自社の製品やサービスを見てもらえる機会を増加するために、どれだけ拡散できるかが重要です。ですからフォロワー、「いいね」や「シェア」を増やすのもWeb担当者の仕事となります。そのため、FacebookやTwitter、Instagramなど、それぞれサービスの特徴とできることを把握する上で、ふさわしいコンテンツを配信することも重要です。

利用可能なリソース:

SNSでマーケティング活動を行う際に、SNS分析はとても有用です。より正確でタイムリーな情報を入手するには、ツールを活用するのが効率的です。無料ツールなら、HootsuiteとSocial Mentionがオススメです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?以上は、私自身の仕事を元にして、仕事内容とそれに必要なスキルと利用可能なソースの紹介でした。Web担当者になった1年以上の私はスキル不足を感じた時が多いです。今年もWeb担当者の必要なスキルの向上に日々努力をしたいと思います。もしその中では、皆さんが身につけたいスキルがあれば嬉しいです。

 

 

関連記事:

SNSコンテンツの自動収集ツール5選

知っておくべきオープンデータソース70選

2021年オススメの価格調査ツール10選

スタートアップの成長に役立つツール6選!